竹蔵 訪問レポート 〜 神戸・舞子に移転してさらに最強になった魚も肉も抜群に美味い最高の店!! [神戸グルメ]

広告


神戸市垂水区、JR舞子駅からすぐのところに2018年11月に移転した「竹蔵」という日本料理のお店に行ってきたのでご紹介。

竹蔵は長く西区伊川谷町で営業してきたが、このたび舞子に移転。

まさに海の目の前というロケーションで、さらにお店を小さくして家族経営の超アットホームな雰囲気の素敵なお店に生まれ変わった。

どうしても行きたくて、立花B塾が終わったあと、片道一時間近く掛けて、竹蔵に行くためだけに舞子へと向かった。

行って本当に良かった。

最高の料理と、大将と女将さん、それに若女将(長女ちゃん)のかもしだすアットホームな雰囲気が最高だった。

これは良い移転だと確信した。

連日予約で満席の大盛況。

さすがである。

さっそく紹介しよう。

竹蔵 訪問レポート 〜 神戸・舞子に移転してさらに最強になった魚も肉も抜群に美味い最高の店!! [神戸グルメ]

お店の外観

▲ やってきましたJR舞子駅。

夜だったので見えないが、目の前は瀬戸内海。

すぐ近くに明石海峡大橋が掛かっている。

 

▲ 駅から徒歩3分ほどで、新しい竹蔵に到着。

優しくて賑やかな看板が可愛らしい。

 

▲ 看板を見ると、「きたなー」と実感が湧く。

 

▲ 看板も優しくひらがな。

お店情報

店名 竹蔵
住所 兵庫県神戸市垂水区東舞子町7-17 101
電話番号 078-754-6740
定休日 毎週火曜日
営業時間 11:30〜14:00(ラストオーダー13:30)
17:00〜23:00(ラストオーダー22:30)
予約の可否・必須かどうか 予約化
クレジットカード カード可
席数 15席
駐車場 なし
開店日 2018年11月22日
ウェブサイト 公式サイト

食べログ

地図とアクセス

舞子駅から南へ徒歩3分。

最新!9回目の訪問レポート!2018年12月

利用日と利用シーン

2018年12月2日(日)2名で訪問。

一週間前に電話予約。

メニュー

▲ 手書きでイラストたっぷりの可愛らしいメニュー。

女将さんが描かれるのだそう(絶対大将の仕事ではないとは思っていた(笑))。

 

▲ こちらは飲み物のメニュー。

 

▲ あれもこれも食べたくなってしまうので、この日は大将にお任せで出してもらうことに。

当日の様子

▲ まずは無事の到着を祝して乾杯。

 

▲ カウンターの大将の目の前の特等席を用意してくださった。

ちなみに左隣は若女将(長女ちゃん)のお食事兼お遊びスペース。

 

▲ お通しは鴨。

お通しからビシッと決まるのが竹蔵。

やはり美味い。

 

▲ そしてお造り盛り合わせ。

こちらも相変わらず素晴らしい。

 

▲ 続いては白ワインを。

 

▲ 目の前、淡路島の赤ウニ!

小粒で濃厚!!これも美味い!!

 

▲ フグの唐揚げ。

 

▲ これも美味かった。

カニの甲羅にミソを伸ばしたものが入って、ほぐした身とともにいただく。

 

▲ くちゃくちゃーっと混ぜて食べて!という大将の指示どおりにいただく。至福。

 

▲ ブリ大根。

関西なのでネギが青くて新鮮だ。

僕はこっちの方が好きかも。

 

▲ カキフライもウマウマ。

 

▲ そしてきました!和牛のタタキ!!

見よ、この美しきフォルムを。

 

▲ あー幸せ。舞子まで来た甲斐があった。最高のひと時。

 

▲ ハイボールで〆!

いやー美味しかった。

記念写真

▲ お店の前で、大将と若女将(笑)と記念撮影!

皆さま、ありがとうございました!!

スタッフの対応

もちろん最高でした!!ありがとうございました!!

お会計

13,000円(税込・2名)

これだけ食べて飲んでこの金額は破格!ありがとうございます!!

この日のまとめ

移転してお店を小さくし、大将と女将さんの二人で切り盛りするスタイルになって、大将が俄然活き活きしていて素晴らしいと思った。

お客さんとの一体感もすごくあって、和気あいあい、楽しいお店でますます素敵。

料理も美味しいし、雰囲気も良いし、予約殺到の理由が分かる。

来年はぜひ神戸でツナゲルサロンのグルメ会を、貸切でやらせていただきたいと思う。

神戸・舞子の新しい竹蔵!最高です!!オススメ!!

過去の訪問レポートはオススメリンクの下にずらーっと出て来ます。

こちらも併せてどうぞ!!

神戸グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

8回目の訪問レポート! 2017年4月(移転前)

神戸市西区伊川谷町にある、居酒屋「竹蔵」に行ってきたのでご紹介。

竹蔵は僕らにとっては「西の聖地」と呼ばれ(「東の聖地」は「豚組しゃぶ庵」)、多くのブロガー、ガジェッターが集ってきた。

去年は一度もお邪魔することができず残念だったのだが、今回の旅でひさしぶりに「竹蔵祭り」に参加することができた。

ここでしか会えないメンバーもおり、美味しく、そして楽しい時間を過ごした。

さっそく紹介しよう。

竹蔵 〜 神戸市西区伊川谷町の「西の聖地」でひさびさの「竹蔵祭り」を堪能!! [神戸グルメ]

▲ この日は京都から一路明石を目指す!

竹蔵は神戸市西区にあるのだが、大阪や京都から向かう場合は、新快速で明石に出てしまうのが最速になる。

神戸を過ぎて瀬戸内海が見えてくると、いよいよ竹蔵が近い。

 

▲ 明石駅前には明石城が。

 

▲ そして駅前からタクシーで竹蔵へ。

イラストが賑々しいのは相変わらず。

 

▲ 前回まで見なかった新しい看板も可愛らしい。

 

▲ 主催のどんぴさんの乾杯で竹蔵祭りがスタート。

 

▲ まずはビールで乾杯。

昼飲み自体が久し振りで嬉しい。

 

▲ 竹蔵祭りはお料理も楽しみ。

まずは胡麻豆腐。

 

▲ 続いては前菜。

彩りが美しい。

 

▲ 真ん中の器の中にはノレソレが。

 

▲ サワガニもパリパリ食べられる。

 

▲ お造り三種。

 

▲ 飲み放題はもちろんいつもの「全部のせ」で。

ビールのあとは白ワイン。

このあと冷酒をいただき、赤ワインへと続いた。

 

▲ 黒バイ貝。

 

▲ 鴨。これがしっとりしていて美味かった。

 

▲ カニの餡かけ。

なかに里芋が入っていて、二度美味しい。

 

▲ カウンターでは何やら始まっている様子。

 

▲ ワイワイと盛り上がります。

 

▲ 銀ムツの味噌焼き。

脂がたっぷり乗っていてゴージャス。

 

▲ メインは神戸牛のタタキ。

 

▲ 甘みのあるお肉とちょっと酸味のあるソースが最高。

 

▲ そしてカウンターで準備されていたのは、炊き込みご飯のおにぎり。

 

▲ 宴の後半は、貸切なのでみんな店の内外を動き回ってフリートークにあるのが竹蔵祭り。

 

▲ 東京遠征組も楽しんでます。

 

▲ 赤のabicaseが最高すぎると話題に。

 

▲ 大将とツーショット。

 

▲ 身長差計測中??

まとめ

というわけで今回もめっちゃ盛り上がった竹蔵祭り、最高だった。

関西を旅すると、竹蔵にも行きたい、春友流にも行きたい、千屋牛にも行きたいとなるわけだが、場所がそれぞれ結構離れている。

行きたいところがありすぎて、毎回東へ西への大遠征となるのだが、それも含めて楽しい。

しばらく竹蔵の通常メニューを味わえていないので、次回はお忍びで通常メニューを楽しみに来ようかな(笑)。

神戸 竹蔵、オススメです!!

竹蔵 お店情報

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 朝霧駅大蔵谷駅人丸前駅

7回目の訪問レポート! 2015年11月(移転前)

神戸の名店、伊川谷の「竹蔵」で開催された、「竹蔵祭り」に参加してきた!

2015年晩秋旅行記、神戸編。

旅の一つ前の記事はこちら!

三宮からJRで明石駅に移動して、タクシーで竹蔵を目指す。

この日は @donpyさん主催の「竹蔵祭り」に参加することになっていた。

久し振りの竹蔵訪問を、とても楽しみにしていた。

今回も大満足の竹蔵祭りだった。

さっそく紹介しよう。

竹蔵 〜 神戸にて「竹蔵祭り」に参加! 大将必殺のお任せコースが何もかも美味かった!!  [2015年晩秋旅行記 その49]

160426-04 - 1

▲ やってきました、竹蔵。

この賑やかなイラストを見ると、ああ、また来たんだな、と思う。

 

160426-04 - 2

▲ ぐるりと回って入口へ。

 

160426-04 - 3

▲ そういえば、改装してから来るのは今回が初めてだった。

入口周辺がスッキリした感じ。
160426-04 - 4

▲ 大将、今回もよろしくです!

 

160426-04 - 5

▲ 飲み放題が充実てす。僕はもちろん全部込みプランで。

 

160426-04 - 6

▲ 関西の人より関東からの旅人の方が多いテーブル。

 

160426-04 - 7

▲ 奈良に移転した春友流の春ちゃんも参加♪

 

160426-04 - 8

▲ 乾杯はビールで。

 

160426-04 - 9

▲ 主催のどんぴさんのご挨拶で宴はスタート!

さあ楽しみましょう。

 

160426-04 - 10

▲ お料理。

毎回思うけど、竹蔵はお料理自体も凄いけど、器も凄いよね。

湯葉。

この器が凄い。

 

160426-04 - 11

▲ 続いてはサバと茄子のゼリー寄せ。

見た目も美しく、そして抜群に美味い。

 

160426-04 - 13

▲ ビールのあとは赤ワイン。

この日はこの後も大移動と飲み会が続くので、日本酒は避けてみた。

 

160426-04 - 12

▲ お造り三種。

 

160426-04 - 14

▲ そしてスペシャリテが登場!

松茸とハモのお吸い物。

すごいのきたー!!

 

160426-04 - 15

▲ ほれほれ、松茸ですよ、ほれほれ。

 

160426-04 - 16

▲ そして大好物のハモ!

東京では滅多に食べられないので、本当に嬉しい。

 

160426-04 - 17

▲ 料理の写真を撮っていたら、写り込んできたどんぴさん(笑)。

 

160426-04 - 18

▲ ノドグロの塩焼。

ノドグロは脂の薫りと香ばしさが素敵。

 

160426-04 - 19

▲ このメンツが集えば話題はApple系へ。

 

160426-04 - 20

▲ 海老しんじょう。

餡が関西風なのが嬉しい。

 

160426-04 - 21

▲ メインのお肉も素敵な器で登場。

 

160426-04 - 23

▲ どーんと太巻きで〆。

相変わらず何もかも美味いし、そして竹蔵の居心地の良さは素晴らしい。

 

160426-04 - 22

▲ 宴はまだまだ続くのだが、僕は次の約束が大阪であるため、皆さんより先に失礼することに。

まとめ

久し振りの竹蔵、そして竹蔵祭り。

相変わらず大将の切れ味最高で、なにもかも美味しくいただいた。

そして仲間との楽しい時間はあっという間だった。

この日は神戸から明石に出て竹蔵に来て、ここから大阪の新世界へと向かい、夜は奈良に宿泊というなかなかの大移動。

長い一日は、まだまだ続く。

お会いできた皆さま、本当にありがとうございました!

楽しかった!!

旅の続きの記事はこちら!

竹蔵 お店情報

関連ランキング:居酒屋 | 朝霧駅大蔵谷駅人丸前駅

6回目の訪問レポート! 2015年6月(移転前)

東京在住の僕が何故か神戸の竹蔵のFoursquareチェックイン回数ランキングに入っているそうだ。

先日開催されたDpub 8 in 大阪。

大阪が熱く燃えた! Dpub 8 in Osaka 100人で爆裂開催しました!! | No Second Life

お陰さまで大盛況でイベントは終了し、そして翌日は竹蔵で開催されたDpub 8 後夜祭に参加。

僕をはじ幹事チームのメンバーも多く参加。

Dpubはもちろん楽しいのだが、皆さんをお迎えする側である故の緊張感がある。

でもこの後夜祭はみんなお客さん。徹底的に楽しむのだ(^-^)。

ふと気づけば何と二週連続の竹蔵訪問。

前回は奥さんと二人だったが今回はパーティーなので、メニュー構成が違う。

これがまた楽しみなのだ。

さっそく写真とともにご紹介しよう。

神戸 竹蔵 — Dpub 8 in 大阪 後夜祭が楽し美味しすぎた二週連続の訪問♪

130623-02-01

イベントは「後夜祭」だけど開催は午後1時から。大阪から皆で移動。ギリギリ間にあった!

 

130623-02-02

何回来ても入口の写真を撮ってしまうのは、豚組しゃぶ庵とここ竹蔵ぐらい(笑)。

それだけ期待値が高いのだ。

 

130623-02-03

普段はランチ営業をしていない竹蔵なので当然貸切。お世話になります!

 

130623-02-04

着々と宴の準備が整っていきます。楽しみだ〜。

 

130623-02-05

竹蔵のパーティープランは、お料理代が全員一律で、飲み物は飲むお酒の種類に応じて松・竹・梅、さらにソフトドリンクのみに分かれている。

大酒飲みの僕としては、飲まない人に負担がかからないのが安心で嬉しい(^-^)。

 

130623-02-06

iPhoneもだけどカメラマニアの方も多く、テーブルの上はiPhoneとデジタル一眼だらけ。

という僕もNikon D7000でこうして撮っているんだけど(笑)。

 

130623-02-07

ガジェッターの宴へようこそ!

 

130623-02-08

宴は竹蔵の主、 @donpy さんの挨拶でスタート。前日の痛飲のせいか喉ががらがらで声が出ていなかった(笑)。

 

130623-02-09

凛としたグラスがいつも素敵な竹蔵の生ビール。

もうちょっとぷっくりしたタイプのグラスと二種類あることを今回確認した(笑)。

 

130623-02-10

そしてお通しから宴がスタート!

いきなりハモ!そしてカモ!さらにシャコ!という破壊的メニューから宴会開始。

ハモ嬉しいなあハモ(^-^)。

 

130623-02-11

牛のタタキは今回もサラダ仕立てで。のっけから狂喜乱舞する我々。

 

130623-02-12

お造り!マグロはい相変わらずのハイパーな水準。

あと、手前左手のニシンの刺し身。東京ではたまにニシンの刺し身を出すお寿司屋さんがあるが、同じテーブルの関西の方達は「初めて!」言っていた。

ちょっとした食文化圏の違いをリアルに体験。

 

130623-02-13

笹の葉に隠れて出てきたのは何だろう?

 

130623-02-14

こちらは太刀魚とシシャモの薫製。チマキもついてます。

軽く干された状態の太刀魚が激しく旨かった。

 

130623-02-15

ビール→ワインと進み、日本酒へ。

 

130623-02-16

こちらは冬瓜ととろろ芋入りの茶そば。冬瓜が実に良い感じだった。

 

130623-02-17

そしてテーブルの上に七輪が登場。

 

130623-02-18

これぞ酒の肴。七輪でアタリメを炙って噛みながら酒を飲む!

このアタリメがまたメチャクチャ肉厚で旨いんだな〜。

 

130623-02-19

トイレにこんなポスターが!ハモ鍋だけ食べて生きていきたい!(笑)。

 

130623-02-20

お酒をおかわりしたらこんなかわいらしい徳利に入って出てきた。

焼物にも詳しい大将ならではの趣味の良さだねえ。

 

130623-02-21

そして〆。穴子入りのお茶漬けですよ。これがまた良い風味で繊細で旨かった。

まとめ

まだまだゆっくりしていたかったのだが、帰りの新幹線の時間が迫り、止むなくお先に失礼することに。

美味しい料理とお酒、それに仲間との最高の時間。いやー満喫しました。

しかし竹蔵が近所にある方達は幸せだねぇ。僕も自宅近所でこういうお店を探すけれど、なかなか見つからない。

次回訪問がすでに楽しみ!

大将、そして皆さま、ありがとうございました!!

お店情報

関連ランキング:居酒屋 | 朝霧駅大蔵谷駅人丸前駅

5回目の訪問レポート! 2013年6月

東京ではなかなか食べられない夏の名物といえば鱧(ハモ)!なんで東京にはないんだろう?僕は鱧が大好きなので、夏場に関西に行くのは本当に楽しみ。

そして関西で鱧を食べるならここしかない!そう、神戸の竹蔵だ。

竹蔵は、神戸の西にある、美味しい美味しい料理屋さん。

神戸在住のお友達 @donpy さんの行きつけで、ブロガー仲間の間で大人気のお店なのだ。

なんだかんだでもう10回も来ている。今回は初めて奥さんを連れて二人でお忍び。

でもFoursquareでチェックインしているので全然お忍びじゃない(笑)。

では早速ご紹介しよう!

神戸・竹蔵で鱧!鱧づくしが最高だった件!!

130612-01-01

竹蔵へは明石駅からバスまたはタクシーで。お店に着いたのは夕方の5時半過ぎ。

入口の写真を撮ろうとiPhoneを構えたら大将が丁度出てきてくれた。どもども(^-^)。

 

130612-01-02

久々の竹蔵ですよ。時間が早かったのでこの日のファーストゲストでした。

 

130612-01-03

メニューに踊る「ハモ」の文字!うおーー!

 

130612-01-04

Foursquareで色々言われる。最後に来たのは去年の9月。Dpub 6 in 福岡が終わった後に新幹線を途中下車して一人で寄ったんだった。

その後大雨のせいで新幹線が止まってしまい、急遽大阪に一泊することになり、いとーちゃんとやすこちゃんと一杯飲んだんだった。

ライフログがあると、色々思い出せて楽しいね(^-^)。

 

130612-01-05

お通し。以前とちょっと雰囲気変わったような気がする。相変わらず器もすべて素敵。

 

130612-01-06

お料理は大将のお任せで。まずはお造り。真ん中は生の鱧!

鱧を刺し身で食べるのは初めて。かなり鮮度が良くないとダメだそうで、しょっちゅうは出せないとのこと。ラッキー♪

 

130612-01-08

これが生の鱧の身。白身魚のようにあっさりしているけど、ちゃんと鱧の風味があって歯ごたえもある。

美味しい!

 

130612-01-07

お酒の器も素晴らしい。

 

130612-01-09

名物・和牛のタタキ。今回はサラダ仕立てにしていただいた。甘酸っぱいソースと良く馴染んで風味が際立つ。

 

130612-01-10

蒸し鮑ですよ!奥さん!アワビ!!個人的にはアワビは蒸して食べるのが一番好き。

これも夏の風物詩ですなあ。旨し。

 

130612-01-11

肴が旨いのでくいくいとお酒が進んでしまいます。このお猪口キレイだなあ。

 

130612-01-13

そして来ました!鱧しゃぶ!!嬉しい〜ヽ(・∀・ )ノ

 

130612-01-14

鱧をお湯にくぐらせると、このようにフワッと花が咲いたようになる。これが最高!

梅肉ソースにつけていただく。もう最高。絶品です。これを食べにやってきたぜ!とガッツポーズしたくなる。

 

130612-01-15

そして立派な煮魚。タモリという魚。僕は初めて名前を知った。

癖のない淡泊な白身で、あっさり目の煮汁によく合う(関東人から見るとあっさり目だけど関西の人からしたらどうなのだろう?)。

添えてあるゴボウがまた旨い!

 

130612-01-16

そして〆は鱧の出汁が出たスープで雑炊を作ってくれました。

鱧の風味が穏やかに出ていて優しい味。美味しい〜。

 

130612-01-17

というわけで、滞在わずか1時間半で、店を出てもまだ明るかったけど、久々の竹蔵を満喫。奥さんを連れてこられて良かった(^-^)。

大将いつもありがとうございます!ご馳走さまでした!!( ´ ▽ ` )ノ

お店情報

関連ランキング:居酒屋 | 朝霧駅大蔵谷駅人丸前駅

4回目の訪問レポート!2012年2月(移転前)

2月11日のDpubからもう一週間も経ってしまった。ビックリ。

今回のDpub大阪開催には、一つ強烈な「ご褒美」が用意されていた。

それはDpub翌日の「竹蔵祭り」だ。

どんぴさん @donpy の粋な計らいと竹蔵大将のありがたいご協力で、本来営業していない日曜日のランチタイムに貸切で「Dpubお疲れ会」を開催してくれたのだ。

関西に行ったら竹蔵に立ち寄らないわけにはいかない。

ご存知ない方のために簡単に紹介しよう。

竹蔵」というのは、神戸にある美味しい美味しいお魚とお酒のお店。

どんぴさんが常連さんでTwitter会にどんどんファンが増殖し、今や日本中からお客さんが押し寄せる大人気店となっている。

電車だと最寄り駅は明石になる。今回はDpub参加者の皆さんと一緒に明石駅からタクシーで竹蔵に乗り込んだ!

来たぜ竹蔵!

いやいや、やっと来られました。竹蔵!

去年の6月以来だから半年以上間が空いてしまった。できれば月に一度くらいは来たいお店。

 

まるで主のように我々を出迎えるごりゅご氏(笑)。

 

もちろん竹蔵のメイヤーはどんぴさん。

 

座席は福岡から乾杯まで参加というノリロウさんとぬんちゃんに挟まれるという最高の場所(^-^)。

ノリロウさん本体にもやっとお会いできました。

 

ぬんちゃんのiPhoneケースはすごい!

さあ、宴が始まるぜ!

どんぴさんの挨拶で宴がスタート!

そして乾杯直後にノリロウさんは離脱。また近いうちにお会いしましょう!

 

ビールで乾杯!脇には本体!

 

そしてお料理は今回も神すぎた!

まずはお通しから。

 

もちろん写真はどんどんmiilにアップしていくわけです。

 

お造りが美しいのだ!そして美味いのだ!

 

大将オススメの栃木の「大那」という日本酒。スッキリしてて美味しかった。

 

焼き魚も大変美味しゅうございました。

 

初体験、蕪饅頭!どっしりした食感が新鮮だった。これも癖になる。

 

天ぷら!美味かった!もうそればっか!

 

そして必殺の牛の叩き!竹蔵に来たらこれを食べなきゃダメ!ダメ!

仲間との最高の時間!

今回はお店を貸切にしていただいたので、皆自由に席を移動してワイワイと。ホントに楽しかった。

 

実はこの日僕のデジイチNikon D7000が不調で、あまりたくさん写真を撮れなかった。残念。

皆さんお疲れさまでした!

 

大将とくらちゃんと坊主3人衆でキメ!

ありがとうございました!

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。

特にDpubのような長時間耐久オフの翌日だと、2時間は一瞬のことのようだった(笑)。

本気で「エッもう終わり?」と感じてしまっておかしかった。

幹事のどんぴさん、大将、皆さん、本当にありがとうございました!

最高に楽しかった!

そして関西にお住まいの方もそうじゃない方も、竹蔵とにかく最高なので、まだの方は是非遊びに行ってみてくださいな。

絶対損はさせません(^-^)。超オススメです。近所に住んでる方達がホント羨ましい。

関連ランキング:居酒屋 | 朝霧駅大蔵谷駅人丸前駅

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします