鮨隆(すしりゅう) — 福岡 博多 目に美しく舌に美味い!「魅せる鮨」が艶やかだった件!! [2014.9. 福岡旅行記 その6]

広告

福岡出張初日も夕暮れ時。出張に出かけたら、その土地のお寿司を食べるのが心からの楽しみとなった。

福岡で秋の味覚を堪能すべく向かったのは、博多駅からほど近い場所にある「鮨隆(すしりゅう)」。

投宿していたホテルフォルツァ博多から徒歩1分という近さ。

事前にチェックしたところ、ネット上での評判もかなり良いようで期待が高まる。

さっそく紹介しよう。

鮨隆(すしりゅう) — 福岡 博多 目に美しく舌に美味い!「魅せる鮨」が艶やかだった件!! [2014.9. 福岡旅行記 その6]

141012-03-01

やってきました、博多鮨隆。博多駅前の一等地。筑紫口を出てすぐ。

 

141012-03-02

凛とした看板が出迎えてくれる。

 

141012-03-03

暖簾は夏バージョンだろうか。涼しげ。

ちなみにこの日は午後5時の開店と同時に入店した。

僕はお寿司屋さんは限りなく早めの時間に行くのが好き。

混雑していないしネタはすべて揃っている。

 

141012-03-04

お店の入り口は1階だが、階段で2階に上がる。

店内は想像していたよりもかなり広い。

 

141012-03-05

5時の予約は僕だけ。カウンターに陣取ると、内側には3人の職人さんが忙しそうに動いている。

この日は金曜日、予約で満席なのだそうだ。

やはり早く来て正解。

 

141012-03-06

まずはビールで一人乾杯。

 

141012-03-07

カウンターの付け台が黒なのは好き。

そして大根を薄く切ったものを刺身台として置かれる。

僕はお寿司屋さんはいつもお任せする。この日もお任せで。

東京から着いたばかりなので、地物中心でとお願いした。

 

141012-03-08

付き出しはシンプルに酢味噌和え。

茗荷、ワカメともに力強い風味があって旨い。

 

141012-03-09

そしてお造りが登場。盛り付けが実に華やかでいいねぇ。

このお店は美味しいことに加えて、魅せることにかなり拘っている様子。

どれも美味しかったが、特筆すべきは右上、これは鯨の胸肉。

鯨ベーコンになる部位の、生の状態とのこと。

しっとりしていて臭みが全然なく、歯ごたえが良い感じ。

 

141012-03-10

そして登場したのが秋の味覚、土瓶蒸し!

これは期待していなかったので、良い意味でサプライズ!

 

141012-03-11

蓋を開けると中にはぎっしりと秋の味覚が詰まっている!

 

141012-03-12

まずはおつゆを味わう。

もう絶句である。本当に美味しい。

ビールのあとの福岡の冷酒と交互に味わい、嘆息。本当に旨い。

マツタケの風味が汁にこれでもかっというほど染み出している。

 

141012-03-13

ふんだんに入るマツタケをじっくり味わう。

もちろん今年初めて。良い薫り、良い歯ごたえ、そして良い後味。

 

141012-03-14

そしてこれもサプライズで、土瓶蒸しの中にハモが入っていた!

嬉しい〜。今年は高知でも福岡でもずいぶん鱧が食べられて幸せだ。

 

141012-03-15

焼物として通称のどぐろ、赤ムツが登場。

福岡は良くのどぐろが出てくるね。

金沢名物だと思っていたが、九州でも広く流通しているらしい。

脂が強い魚なのだが塩焼で爽やかにいただける。

 

141012-03-16

そしてここから握りに移行。

まずは新子をいただく。

時期的にかなり大きくなっていたが、僕は今年初の新子だったので嬉しかった。

こんな風に結び目になっている新子は初めて見た。

凝っているなあ。

 

141012-03-17

続いて登場したのはエンガワ。

こちらも細かく切れ目が入り、上にポン酢おろしが乗って美しい。

 

141012-03-18

そしてこちら、中トロの炙り!

なんと金粉が振り掛けてある。これはビックリ。

魅せることへのこだわりが、このあたりからターボがかかってくる感じ。

中トロにしては脂が少なめで、爽やかにいただけて結構。

 

141012-03-19

そしてこれもビジュアルが凄い。

ヤリイカ。

切れ込みの入り具合も凄いが、上にウニとイクラが乗り、さらに七味などで色合いも加えている。

 

141012-03-20

続いては赤貝。こちらはシンプルに。

滋味豊かでアッサリ目。

 

141012-03-21

奥がアナゴ、そして手前が蒸しアワビ。

アナゴは甘いツメが控えめに塗られているのだが、驚いたことに山椒がかかっている。

不思議な組み合わせだが旨い。

蒸しアワビも良い感じである。

 

141012-03-22

そして右は変わり種。佐賀牛の炙り。

お肉のお寿司が出てくるとは思わなかったが、ポン酢で赤身をいただくと違和感はない。

そして左は大トロの炙り。

 

141012-03-23

この日の握りで一番のヒットはこちら、生の車エビ!

車エビは蒸したものをいただくことが多いのだが、目の前で捌いた車海老は甘くて美味しかった。

 

141012-03-24

玄界灘のウニ。

北海道のバフンウニとはまた違う滋味。ちょっと甘味があって旨し。

 

141012-03-25

ウニでコースは終了。

最後に赤身の鉄火巻きをお願いして終了。

鉄火巻きも海苔がツヤツヤでごろっと入ったマグロが元気で旨い。

 

141012-03-26

心から満たされて店を出る。

西の国の夜は遅い。9月下旬だというのに、まだ日が暮れていなかった。

まとめ

博多のお寿司屋さんは前回訪れたすし伝に続いて2軒目。

すし伝は渋くて通好みなノリなのに対して、この鮨隆は華やかな魅せるお寿司。

もちろんお味も良かった。

お会計は19,000円ほど。

地物のお魚を満喫するのは、癖になるなあ。

美味しく楽しい一時でした。

追記

2018年4月にランチタイム再訪しました。

鮨隆 お店情報

関連ランキング:寿司 | 博多駅東比恵駅祇園駅

福岡のことをもっと知りたい人が読む本

福岡に関する情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

自分の「好き」「得意」をセミナー・講座にして登壇したい人のための1day講座開催(東京、平日・休日)

自分の「好き」「強み」をネットで発信するだけでなく、セミナー・講座にしてブログとSNSで集客しよう!! 休日コース11/18、平日コース11/29開催。

講座の作り方セミナーについて詳しくはこちら

「複業」時代のひとりビジネス構築法をすべて伝えます!!

ネット時代の「一人ビジネスの構築方法、育て方、そして多角化までをぎっしり詰め込んだ1day講座開催! ブロガーとして独立してから7冊の本を出版し、講座・セミナーを多数企画・開催、心理カウンセラー、ブランディングコンサルタントとしても活動する「スラッシャー」立花が直接指導。 12/9に休日コース、12/20に平日コース開催。

一人ビジネス構築セミナーについて詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします