「積ん読」しないために設定した新たな自分との約束

広告

ここ数年の僕の悩みに「積ん読」がある。

140504-01-1

積ん読を何とかしたい

サラリーマン時代には積ん読の習慣はなかった。

というか、サラリーマン時代は借金返済などがあったため貧乏で本が買えず、図書館で借りて読んでいた。

だから積ん読のしようがなかった。

状況が変わったのはフリーになってからだ。

ブロガーとしてブレイクする前から、「自己投資しなきゃ」「勉強しなきゃ」という想いが強くなり、読書量が増えた。

そして2011年の夏ぐらいに、ブログがブレイクした頃に、読書するスピードを上回る勢いで本を買うようになった。

積ん読の始まりである。

僕のライフスタイルとして、「モノは最低限に」したいのだが、本に関してはどうもダメだ。

「勉強のため」「自己投資」という理由に加えて、職業作家になったら、「引用するから」「ネタ探し」などの言い訳が増えて、積ん読はどんどん加速することになった。

去年積ん読が300冊を超えたあたりまでは毎週の週次レビューで積ん読の冊数をカウントしていたのだが、時間がかかりすぎるので止めた。

だから今僕の家には300冊以上の積ん読本があるのだ。

実際には積み上げてはおらず、きれいに本棚に並んではいるのだが。

 

 

 

積ん読のデメリット

積ん読は、読んでいない本にお金を支払っているという面で明らかにデメリットだし、本棚の面積に家賃を払っているのも良くない。

しかし、もっと精神的に良くないのが、全体的に動きが緩慢になることだ。

積ん読があるということは、「次にこれを読もう」という本が300冊以上順番待ちしていることを意味する。

どの本も買ったときには「読もう!」と思っているわけだが、家には読みかけの本も未読本も山盛りなので、ほとんどの本は「順番待ち」になる。

本というのは本来、「読みたい」と思ったときに買って、買ったらすぐに読み始めるのがベストだと僕は思っている。

ところが、300冊以上の順番待ちの本があると、買った本をすぐ読み始めるのではなく、300冊の積ん読と今買った本、どれを読む?という選択を迫られる。

その「迷い」が動作や判断の遅さを生んでいるのだと最近感じるようになった。

「そういえば、僕は昔はもっと物事にとりかかる初速が速かったような気がする」

そう感じるようになり、危機感が強くなってきた。

積ん読は単なる積ん読ではなく、僕の物事の判断や行動の「初速」を奪う、「Burden」、重荷になってしまっているのだ。

 

 

 

積ん読をしないための自分との約束

そんなタイミングで中谷彰宏さんの「すぐやる人は、うまくいく」という本を読みはじめた。

すぐやる人は、うまくいく。: 最速で、チャンスをつかむ習慣中谷 彰宏 学研パブリッシング 2013-09-17
売り上げランキング : 133529

by ヨメレバ

 

その中に、「本は、家に着くまでに、1ページだけ読む」という項目がある。

中谷さんは、本を書店で買ったら、帰宅するまでの間に1ページ目だけ読む、と書いている。

10冊買ったら10冊全部の1ページ目を読むのだそうだ。

つまり、積ん読しないために、とにかく「読み始めてしまう」のだという。

これで初速が出るのは間違いない。

本を買うということは、「読みたい」「興味がある」から買うのである。

それは間違いない。

ということは、買った瞬間が一番興味のレベルは高い。

わざわざお金を払ってまでして購入しようとしたのだから。

そこで読み始めてしまえば、積ん読になる可能性は極めて低い。

それは当然だ。

1ページ目を即開いてしまえば、そのままどんどん読み進められるだろう。

 

 

というわけで、自分との約束を新たに設定した。

本を買ったらその日に必ず1ページ目だけでも読み始めること。

書店で買ったらその日のうちに、Amazonで買ったら届いた日のうちに、必ず読み始める。

開かないまま本棚に本を入れるのは絶対NG。

これを新しいマイルールとすることにした。

あとは、無限に読みかけの本が増えることを防ぐために、読みかけの本が8冊以上あるときは、新しい本は買ってはいけない、というのも追加。

ただ、僕の場合ご献本が多いときは週に10冊くらい届くことがあるので、ご献本は別。

でも、ご献本で届いた本も、とにかく最低1ページはその日のうちに読み始めることにする。

これでしばらく運用してみようと思う。

 

 

 

まとめ

毎週土曜日はAmazonでモノを買って良い日だ。

昨日注文した本が2冊、今朝届いたので、さっそく読み始めてみた。

やはり届いてすぐに読み始めるのが、一番興味レベルが高くて楽しく読めると実感。

本って、本来こういう風に読むべきものだったよなあ、と痛感。

こうして新しく買った本を瞬殺しつつ、溜まっている積ん読もどんどん切り崩していこう。

この連休中に、一度正確な冊数をもう一度カウントしてみようかなあ(汗)。

積ん読をどんどん減らしていこう!!

 

すぐやる人は、うまくいく。: 最速で、チャンスをつかむ習慣中谷 彰宏 学研パブリッシング 2013-09-17
売り上げランキング : 133529

by ヨメレバ

 

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法佐々木 正悟 中経出版 2010-02-26
売り上げランキング : 119435

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします