「メモを取る」という基本動作の大切さ

広告


自戒を込めて。

a0002_003791

先日ギフトを購入するために、あるお店へ出向いた。

まだオープンして間もないお店とのことで、ピカピカだった。

若い女性の店員さんに、注文を伝える。

義父母に送る商品、母に送る商品、そして僕らが自宅使い用に購入する商品の3種類だ。

それぞれ別々の商品で、しかもオプションとラッピングが異なる。

店員さんはニコニコ笑顔で頷くのだが、しばらくすると僕のところにやってきて、組み合わせの確認をする。

ところがその組み合わせが間違っている。

だから僕は間違いを指摘する。店員さんは頷いて持ち場に戻るが、その後またやってきて確認を求めた。

そして、ああ、また間違っている。

結局僕は忍耐強く、3回同じことを店員さんに言うことになった。

さらに、お会計を済ませてから、ギフトボックスの料金がお会計から漏れていたとのことで、2回お会計をすることになった。

5分で終わると思った買い物が20分以上かかってしまった。

そして今朝、昨日購入した自宅使い用の商品を出してみて僕は愕然とした。

間違っているのだ。

商品受け渡しの際、僕は携帯に掛かってきた電話に応対中だったため、受け取りを奥さんにお願いしていた。

その場で確認しなかった僕が悪いのはもちろんだ。

でも、2回聞き直したらまさか間違っているとは思わないでしょ。

ビックリしてしまった。

 

 

さて、僕は別に腹を立てて告発しようとしてこんなことを書いているのではない。

「メモを取る」、「情報を脳に貯めずに吐き出す」ということがいかに大切かを、改めて感じさせられたのだ。

若くて可愛い女性店員さんは、ニコニコ笑顔で頷きながら3回注文を間違えた。

3つのパッケージに3つ別々の商品、そしてオプションも異なるものを詰める。

しかも量り売りの商品だったので、完成品をただ箱に入れるのではない。

別々のオプションに従って処理した商品を袋詰めし、それを別々の大きさのギフトボックスに入れてラッピングする(我が家使いの分はラッピングしない)。

ハッキリ言ってそこそこ難易度が高いと思う。

その処理を脳にやらせようとしたから、彼女は失敗したのだ。

その場でメモにちゃちゃっと書けば、脳に負担を掛けず、もっと短い時間で正しく処理を終えることができただろう。

「メモを取る」「頭の短期記憶領域を酷使しない」という基本動作がいかに大切かを、改めて感じることになった。

 

 

翻って僕は、外部脳に吐き出すべきことを脳に溜め込んで効率や正確性を落としてしまってはいないか?

そう考えてみたら、結構ずるずるとヤバいことが出てきて焦った。

彼女をバカにしている場合ではない。

というわけで、まずは最近ネタ帳に書き出さず「脳」に頼るようになっていたブログネタをネタ帳に書き出すことにした。

素敵なアプリを教えてもらったので、これはまた別のエントリーに書くとしよう。

人のふり見て我がふり直せ。

まさにその通りである。

 

メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条とゆ インプレスコミュニケーションズ 2013-10-10
売り上げランキング : 1915

by ヨメレバ

 

頭の雑音を掃除する「メモ化」今村 暁 廣済堂出版 2011-10-22
売り上げランキング : 17023

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします