「尊敬できる日用品」という考え方に最敬礼

広告


僕は普段あまり雑誌を買わない。

引っ越しして近所に大形書店が3店もある環境になった。

六本木交差点のあおい書店、青山ブックセンター、そしてツタヤ六本木ヒルズ店だ。

週に一度は本屋をぶらぶらしたい。たとえ一冊も買わないとしても、どんな本が平積みになっているか、雑誌がどんな特集を組んでいるかを見るのは楽しいし参考になる。

いま売っている雑誌ブルータスを見かけたのはツタヤだった。

 

 

 

130528-02-1

BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/1号 [雑誌]マガジンハウス 2013-05-15
売り上げランキング :

by ヨメレバ

「尊敬できる日用品」。

タイトルにしびれて即買い。めちゃくちゃカッコいいコピーだ。

 

 

 

130528-02-2

中身もすごくいい。

紹介されている商品を買うかどうかは別として、コンセプトには100%同意だ。

 

 

僕らは自分が毎日使う日用品をテキトーにして、来客用やよそ行きだけを良いモノで固めがちだ。

自分はおまけでもらったプラスチックのマグでお茶を飲んでいるのに、来客用の茶わんは九谷焼だったりとか。

タオルや寝具なんかも、デザインも素材もいい加減なモノを使ってしまったりする。

 

 

でも、日用品というのは毎日のように使うものだから、一番触れる機会が多いものだ。

毎日使うものを、どうでも良いモノで固めたら、生活もどうでも良くなってしまうし、やがてはどうでも良い人間になってしまうのではないか。

日々使うものだからこそ、良いモノを。

これは最近強く意識していることだ。

 

 

モノの数は少ない方がいい。モノが溢れるとそれはすべてノイズになる。雑音と一緒だ。

数が少ないモノを大切にする。大切にしたいモノしか置かない。

すると、家がどんどん居心地が良い空間になり、愛着が出てくる。

がらんどうに近い空間を作ると、そこにいろいろなアイデアが湧くためのスペースが生まれる。

空白に何かを埋めたい。僕らは無意識にそう考える。

だから、モノは少なく、そして嫌いなモノは置かない。

 

 

朝から晩まで、自分が気に入ったモノにしか触れない日々が実現できたら最高だ。

僕たちの家は大分いい感じになってきたけど、まだまだ完全じゃない。

辛い思い出が出てくる家具もあるし、あまり気に入っていないモノもまだまだある。

全部買い替えることはできないから、ちょっとずつ、一つずつ入れ替えて、より完璧にしたい。

でも絶対あきらめず、最高の部屋を目指したい。

だって、朝起きて最初に飲む水を飲むグラスに触れて、「うわー最高だなコレ」なんて思い一日がスタートするって、凄いことだと思わない?

日用品こそ大切にしたい。最近すごくそう思う。

 

BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/1号 [雑誌]マガジンハウス 2013-05-15
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 



 


関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします