ちょっとした夏の写真たち July 2011 その2

広告

先日、ちょっとした夏の写真たち、というエントリーをアップしたところ、予想外にたくさんの反響をいただいた。

アルバムにするほどではないけれど、ちょっと雰囲気の良い、きれいな写真を集めたら良いかな、くらいの気持ちだったので嬉しかった。

そしてまたちょっとずつ写真がたまってきたので、第2回としてアップしてみる。

 

 

今回もデジイチあり、コンデジあり、iPhoneあり。

早朝のランニング中あり、昼飲みあり、真夜中あり。

ごちゃまぜで。雰囲気優先で。

 

 

△ 早朝の皇居桔梗門周辺。内濠の水面が鏡のように写っている。

 

 

 

△ 皇居大手門周辺。空が広い広い。まだ6時頃ということもあって、スモッグもない。

 

 

 

△ 丸の内Vironのパンとケーキ。店員さんに「写真撮っていいですか?」と聴いたらにっこり笑ってOKしてくれた。

 

 

 

△ 本当はその店員さんの笑顔が素敵だったので、パンの写真より店員さんのポートレートが撮りたかったことは内緒。

 

 

 

△ 昼飲み。吉祥寺伊勢屋。焼酎の炭酸割は「別々」と言わないと別々に出てこないことを学ぶ。

 

△ 本店はリニューアルしてキレイになったが、公園口店は昔のままだった。

 

 

 

△ 真夏に一日中焼鳥を焼くという仕事もしんどかろう。

 

 


△ 平日なら、このカウンターに寄り掛かって立ち飲みできるかもしれない。

 

 

 

△ 望遠レンズで喧騒を切り抜いてみたかった。思ったよりも難しい。

 

 

 

△ 凛とした空間。京都からの来客を、京都みたいな雰囲気の、良いお店で迎撃。

 

 

 

△ 開店25周年というこのお店、後で調べたら、吉祥寺に集中展開している有名店ばかりを経営している会社が母体だった。

どうりでカッコいいと思ったんだ。

 

 


△ 空間の美。掃除が大変だろうとか、余計なことばかり考えてしまう。

 

 

 

△ 真夏に閑散とする屋台のおでん屋。この店は僕が吉祥寺に住んでいた頃から出ている。最初に見かけてからもう15年くらい経っている。

 

 

 

△ フラフラとハモニカ横丁に吸い寄せられる。一人旅。

 

 

 

△ ハモニカ横丁は戦後の闇市の生き残り。最近は新しいお店が増えて若者も多くなった。

 

 

 

△ 狭い路地の両側にびっしりと飲み屋が並ぶ。それぞれの店に常連さんがいて、皆でワイワイ盛り上がっている。

 

 

 

△ 街灯に照らされる植物たちは、灯を喜んでいる?それとも迷惑がっている?

 

 

 

△ 帰宅すると我が家のミントもスタンドの灯に照らされていた。

迷惑?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします