無念!30日Amazon断ち達成ならず! 予想以上にAmazonは僕の生活に入り込んでいた

広告


今月、11月12日からスタートした、30日Amazon断ちマイルール。Amazonで買い物を一ヶ月断つという自分との約束だ。

131128-01-1

Amazon断ちならず!

結論から言おう。13日目となる日曜日にAmazonを使ってしまった。

悔しいが、これがいまの僕の力。

事実を事実として受け入れて、善後策を考えよう。

 

 

 

体調不良と必要な情報と

LPLの合宿セミナーの強行スケジュールとその前から引いてしまったいてた風邪で体調が悪化。

日曜日に出場予定だったつくばマラソンに出場できず、むしゃくしゃしていた。

そこへ、いま書いている本の僕の主張を補足してくれる良い本を見つけてしまった。

体調が良ければ大型書店まで散歩がてら出かけるのだが、体調が悪く出かけたくない。

しかもずっと楽しみにしていたレースに出られず落ち込み、むしゃくしゃしていた。

一つ「これは必要」という商品を見つけてしまうと、「これも」「それも」となり、結局本とケーブルなど、こまごまとしたモノを買ってしまった。

今回も、見事に「必要なモノだから」という言い訳がつくものばかり。

一度崩れてしまうと継続は難しくなり、その後も火曜日、木曜日、そして昨日とAmazonから注文をしてしまった。

内訳としては本、サプリ、CD、USBケーブルといったところ。

30日は余裕かと思ったのだが、予想以上に僕はAmazon中毒になっているようだ。

 

 

 

合理的に必要な側面も考慮しよう

30日連続のAmazon断ちか途切れてしまい残念というか無念というかお恥ずかしい限りだが、思うこともある。

そもそも、30日のAmazon断ちという目標設定自体が、あまり合理的ではなかったかな、と思った。

このところAmazonで買っていたサプリのカプセル剤がある。

Amazon断ち中だったので、近所の薬局に買いに行ったのだが、Amazonより3割くらい高いのだ。ビックリ。

「Amazonを使わない」という目標達成のために、3割高くモノを買うのか?

いや、それはおかしいだろう。プライム会員で送料も無料なんだし。

言い訳の部分もあるのだが(笑)、Amazonで買うことがもっとも合理的であるなら、Amazonで買うという選択肢もアリなんだろう。

 

 

 

まとめ

目標達成ができなくて悔しいので、「今日からもう一度30日チャレンジ!」とも思ったのだが、ちょっと違うかな、とも感じた。

Amazonは便利で効果的に買い物ができるという側面もある。

いっぽうで、クリック一つでどんどん買い物ができてしまうため、無節操にお金を使ってしまうリスクもある。

良い面は活かしつつ、悪い部分、囚われてしまっている部分を駆逐したい。

そう思い検討して出てきた次善策は、「まずは欲しいものリストに入れ、週次レビューの後に欲しいものリストを見て、本当に欲しいモノを買う」というもの。

脊髄反射的にモノを買わずに厳選する。

一ヶ月に一度だと長すぎてうまくいかないように思う。

まずは週に一度厳選するという形でやってみよう。

これを書いているいま、水がそろそろ切れることを思い出した。

予想以上にAmazonは僕の生活に食い込んでいる。

それを実感した二週間だった。

 

 

 

 


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

日々の気づき、星の動きや暦などを軽いテイストでお届けする「次はどこへ行こう」

週に1本尖った長い記事が届く「風の時代に海の街より 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!