夫婦のルール by 三浦朱門・曽野綾子 — つかず離れず 長く寄り添うために

広告

しばらく書評を書けていなかった。ぼちぼち再開したい。

140626-01-1

三浦朱門さんと曽野綾子さんご夫妻による「夫婦のルール」という本を読んだ。

 

夫婦のルール三浦 朱門,曽野 綾子 講談社 2014-05-23
売り上げランキング : 8821

by ヨメレバ

 

本書はご夫妻のインタビューをブックライターの上阪徹さんが書籍の形に書き上げた本だ。

僕は不勉強で作品を読んだことがないのだが、三浦朱門さんも曽野綾子さんも小説家である。

夫婦揃ってクリエイティブな活動を生業としているという点では、僕と奥さん夫婦にもちょっと近いかもしれない。

三浦さんは1926年生まれだから88歳、曾野さんが83歳、結婚生活60年というお二人による、「夫婦論」である。

静けさの中に奥行きがある、素敵な本だった。

さっそく紹介しよう。

 

 

夫婦のルール by 三浦朱門・曽野綾子 — つかず離れず 長く寄り添うために 

 

夫婦は他人である

親や兄弟と違い、夫婦というのはどんなに長く連れ添ったとしても、他人である。

大多数の夫婦はお互いが知り合うまでの20年なり30年なりは、まったく別の人生を歩んできている。

家庭環境も土地による風習も、価値観も何もかもが異なる二人が人生を供にするのだ。

だから、夫婦は分かり合えないのが当たり前なのだ。

だからこそ、肩ひじを張らず、ゆったり構えて、「うまく行かないのが当たり前」「違って当然」くらいに考える。

自分の価値観に相手を引っ張り込もうとするのではなく、お互いの違いを受け入れ、ちょっとずつ我慢する。

三浦・曽野ご夫妻は、ホットケーキの好みの焼き方の違いを引き合いに出している。

厚手のホットケーキが好みなのか、それとも薄めが好きなのか。

来客があるときには手料理を振る舞うのか、それとも名の通った料理屋の料理で接待するのか。

価値観のすり合わせ、小さなことにおける譲り合い。

そして、違うからこそ、たくさん話をして、笑い飛ばしてしまうこと。

それが「他人」である夫婦が長く寄り添っていく秘訣なのだ。

 

 

 

頑張り過ぎないことの大切さ

三浦・曽野ご夫妻は、前述したとおり共働きである。

そして二人ともご両親を看取り、そして子育ても経験してきた。

その間に太平洋戦争があり、価値観の激変もあった。

曾野さんはストレスにより目が見えなくなるという経験もされた。

そんな中で物事をうまく乗り切ってこれたのは、頑張り過ぎなかったからだ。

他人と比較しない、収入の多い少ないを気にしない。

そして、仕事も人間関係も、「たかが」といなしてしまう。

「異文化理解の極致が、夫婦生活である」

三浦さんはそのように語り、笑っている。

 

 

 

衰えないために何をするか

本書の最後の章には、「「死に方」を考えるより、衰えないために何をするか」というタイトルが付いている。

この考え方はまさに僕が常日ごろ考えていることで、思わず膝を打った。

僕たち人間はいつか必ず死ぬ。

永遠に生き続けることはできないし、遺伝子が死に向かうスイッチをONにすることを止めることはできない。

しかし、そのスイッチが押される日を先に延ばしていくことは可能だ。

人間はパーツから死んでいく

この言葉にも唸らされた。

人間はある日突然死ぬのではなく、年齢に伴って、具合の悪い箇所ができ、その部分から徐々に死に向かっていく。

だからこそ、そういうパーツをいかに作らないか、いかに衰えないように夫婦で努力をするか、そのことが大切だ。

永遠に若いままでいることはできない。若いときと同じようなトレーニングはできない。

しかし、老いを認めつつも、その老いの中で自分にできる「衰えないための努力」を地道にしていくことが、とても大切なのだ。

 

 

 

まとめ

140626-01-2

僕は常日ごろから、「120歳まで健康に生きる」と吹聴して歩いている。

もちろん自分が何歳まで生きるのかは誰にもコントロールできないのは承知している。

寿命が長くなるようにコントロール可能な部分を、限りなくコントロールして、準備だけしておきたいのだ。

ただ長生きをすれば良いというものではない。

医者にかからず薬も飲まず、元気に活動をして、120歳まで生きたいのだ。

そしてもちろん、隣には奥さんがいてくれることを願っている。

二人で豊かに長く生きたいのだ。

 

 

人生という長い道のりを供に歩む「夫婦」。

パートナーシップというのは、深く豊かなテーマだ。

88歳と83歳のご夫妻の語る言葉は飄々とし、そして淡々としている。

しかし、実際に長い人生を供に生きた人にしか語れない、リアリティと奥行きを持っていた。

僕らもこんな風に年齢を重ねていきたいものだ。

飾らない素敵な1冊だった。お二人の小説も読みたくなった。

 

夫婦のルール三浦 朱門,曽野 綾子 講談社 2014-05-23
売り上げランキング : 8821

by ヨメレバ

 


 

 

関連エントリー:

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします