つらかった過去を「忘れる」ことは「解決」とはちがう

広告

人生を生きていると、思いもよらないつらいできごとに直面することがある。

そんなとき、わたしたちは、つらかったできごとを「忘れる」ことで、その問題を解決しようとする。

でも、その問題は本当に解決したのだろうか?

最近大きな気づきを得たので、ちょっと書いてみたい。

つらかった過去を「忘れる」ことは「解決」とはちがう

150909-01 - 2

自分の困った「無駄づかい」のクセを直したい

僕には直したい「悪いクセ」がある。

それは、お金の無駄づかい、浪費のくせだ。

本当に必要なモノを必要なだけ買うというのが、僕の基本的な考え方だ。

そしてモノはできるだけ少なくして生きていきたい。

ところが、僕には衝動買いをしてしまう悪いクセがある。

衝動買いなので、買う瞬間には高揚感があるのだが、買ったあとはあまり嬉しくない。

どちらかというと、「ああ、余計なものを買ってしまった」という後悔の念が湧いたりもする。

そして、結局は不要だからと、十分使わないまま処分したり、売ってしまったりする。

それはもったいないし、意味がない。

普段は「衝動買いなんかしない」と思って生活しているのだが、「その時」が訪れ、気持ちが「欲しい」とロックオンしてしまうと、もう止められなくなる。

頭のなかが全力で正当化をはじめて、「買っていい理由」を探し出して(自己正当化だから買っていい理由は必ず見つかる)、そして買ってしまう。

この悪いクセを直したいと、2年前くらいから思っているのだが、なかなか直らずに困っていた。

 

セラピーの練習で登場した思わぬ「ラスボス」

僕はいま、7ヶ月間に渡るセラピスト養成の講座に通っている。9期LPL養成講座という講座だ。

この講座では、受講生同士が繰り返し何度もセラピーの練習、つまりセッションをする。

講座中にも練習をするし、講座と講座の間にも受講生が集まって「自主トレ」と称して練習を繰り返す。

受講生同士、つまり素人同士のセッションだが、講座が進むと徐々にお互い腕が上がってきて、深いセッションができるようになったりもする。

そこで僕は、今回の講座では、「無駄づかいしてしまう自分の悪いクセ」についてセッションしてもらおうと決めて取り組んできた。

そんな練習中の、あるセッションのときに、セラピスト役の受講生にこう尋ねられた。

「無駄づかいをするようになったのって、いつから?」

この質問に僕は唸った。

「いつからだろう?」

思い出せないのだ。

単に思い出せないのではなく、幾層ものフィルター、分厚い透明のビニールがかぶさっているみたいに、見えにくい。

何かが露骨に「思い出させない」とブロックしているような気がした。

そこで幾つかのセラピーのテクニックを使って、このブロックを外してもらった。

するとじわじわと出てきた記憶は、26年も前の、当時20歳の、ボロボロに傷ついた自分だった。

今までも何度か大きな気づきを得てきて僕だったが、今回のこの記憶は破壊力がケタ違い。

まさに「ラスボス」級の、封印していた自分の記憶だった。

 

【次のページ】ラスボス級の記憶って何だ?そして無駄づかいとの関係は?解決法は??

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします