「マインドフルネス」と「タスク管理」の相性が完璧すぎる! — 「マインドフルネス・モーニングレビュー」のススメ

広告

最近始めた「マインドフルネス」と「タスク管理」の相性の良さに自分でも驚いている。

マインドフルネスというのは、先日記事を書いたが、簡単に言えば「瞑想」のこと。

マインドフルネスの書評はこちらをご覧ください。

瞑想という言葉が、どうしても宗教的な響きを持つため、瞑想から宗教的なイメージを取り除いたもの、という概念で捉えてもらえばいい。

 

なんのためにマインドフルネスをするのか、というと、「思考の整理」である。

人間目覚めている間はずっと思考が動き続けていて、「思考の渋滞」「情報のオーバーフロー」が起きている。

マインドフルネスは思考を一旦止め、情報の混乱を静める役割を持つ。

人間はレム睡眠中にも情報を整理する作業を行っているのだが、マインドフルネスは、レム睡眠時の4倍のスピードで情報処理ができる、という説もある。

今まで僕は瞑想(マインドフルネス)は午後にやっていたのだが、ふと思うところがあって、朝に切り替えてみた。

これが思った以上に素晴らしかった。

どんなことをやっているのか、ちょっとだけ紹介しよう。

「マインドフルネス」と「タスク管理」の相性が完璧すぎる! — 「マインドフルネス・モーニングレビュー」のススメ

Silhouette of woman in yoga lotus meditation position front to seaside

僕が感じていたタスク管理の問題点

僕は独立した2011年から本格的にタスク管理をするようになった。

さまざまな方法を試し、さまざまなツールを使ってきて、僕なりの手順は構築できていると思っている。

しかし、僕のタスク管理には一つ問題があった。

それは、どうしても「思考」で考えてしまうため、人生の本質的な課題に取り組むことよりも、目の前のタスクが気になってしまい、そちらばかり処理してしまうことだ。

スティーブン・コビーさんの「7つの習慣」で言うなら、緊急で重要な第1領域と、緊急だが重要ではない第3領域に意識がいってしまい、重要だが緊急ではない第2領域のタスクがなかなか見えてこない状態だった。

要は、目先の「やるべきこと」ばかりが気になってしまい、中・長期的な「やりたいこと」や「人生のミッション」がタスクとして浮かび上がってこなかったのだ。

ここ数ヶ月、自分のいまの問題は、「『本質的なこと』以外のことに人生を使っている時間が長すぎる」ことだと感じていた。

しかし、どうすれば「本質的なことだけをしている」状態に近づけるのか、その答えがなかなか見つからなかった。

器用貧乏で、毎日忙しく過ごしているし、日々充実もしているのだが、何か物足りない。こんなものではない気がする。

その状態を打破してくれたのが、「マインドフルネス」をタスク管理に導入することだったのだ。

 

【次のページ】独占初公開!立花が実践する「マインドフルネス・モーニングレビュー」のやり方とは?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします