一乗院 高野山が誇る最高峰の宿坊に泊まる! その3 夜の一乗院 探検編!! [2015年晩秋旅行記 その30]

広告

高野山で宿坊に泊まろう!

2日目の宿はあの「一乗院」だ!

2015年晩秋旅行記、高野山編2日目。

旅の一つ前の記事はこちら!

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

一乗院は、「到着〜お部屋編」からどうぞ。

夕食のあと、夜の一乗院を歩いてみた。

さっそく紹介しよう。

一乗院 高野山が誇る最高峰の宿坊に泊まる! その3 夜の一乗院 探検編!! [2015年晩秋旅行記 その30]

160203-06 - 1

▲ 僕たちが泊まっている部屋は宿坊の建物の2Fなのだが、渡り廊下で接続されている寺院部分を歩く。

壁が黄金色ですごい。

 

160203-06 - 2

▲ 襖絵もすごい。

僕はこういうものを表現する専門用語を知らないが、すごい迫力だ。

 

160203-06 - 3

▲ 渡り廊下は部屋とは打って変わって質素である。

 

160203-06 - 4▲ 夜の高野山は11月になったばかりだというのに、冷える冷える。キンキンです。

 

160203-06 - 5

▲ 渡り廊下のこの一帯は窓や障子などがなく、外気がそのまま入ってくるので、本当に寒い。

 

160203-06 - 6

▲ こちらの部屋もとても豪華。

写真撮影が全面的にOKなのも嬉しい。

 

160203-06 - 7

▲ お花も後ろの屏風も凄い。

 

160203-06 - 8

▲ 夜の中庭。

 

160203-06 - 9

▲ こちらは宿坊部分の階段で、一見質素だが、実は右側の障子の面は全体が光っている。

後ろに照明が埋め込んであるのだ。

これ結構カッコいい。

 

160203-06 - 10

▲ 一乗院も部屋にお風呂はなく、大浴場を利用する。

ちゃんと英語表記が地味に入っていて、これも観光対策としては大切なんだろうと思った。

 

160203-06 - 11

▲ お風呂をあがって部屋に戻ると、布団が敷いてあった。

前夜がとても寒かったので心配したが、一乗院はコタツもあるし、暖房も石油ヒーターでぬくぬくで助かった。

 

160203-06 - 12

▲ こちらは夜明けの一乗院。

ランニングに出掛けようと5時過ぎにやってきた。

 

160203-06 - 13

▲ こちらは一乗院の向かうのお寺。

提灯が終夜灯として機能しているようだ。

 

160203-06 - 14

▲ まったく物音一つしない、夜明けの高野山。

厳かすぎる。

 

まとめ

高野山が誇る一乗院の夜は厳かで静かで、時間がとてもゆっくり流れていた。

この静けさに触れるために、片道6時間もかけてやってきたのだと思うと感慨深い。

1,200年の歴史を噛みしめつつ、夜が更けていく。

旅の続きの記事はこちら!

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

一乗院の予約・チェックはこちらから!!

一乗院をもっと知りたい人が読む本

高野山関連情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします