リスボン市電28番で市内を巡る [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その41]

広告


リスボン名物の市電28番に乗って市内を旅してみたのでご紹介。

リスボン滞在2日目。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボン市電28番で市内を巡る [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その41]

ランチを終えた僕らは再びリスボンの街へと繰り出す。

午前中はずっと歩き続けて疲れたので、午後は市電に乗ることに。

市電の28番路線が、市内の目ぼしいところを巡ってくれる名物路線。

それに乗ってみる。

 

リスボンの街もパリ同様石畳の路面。歩きやすいかとか、道路工事しやすいかとかは置いておくと、とにかく風情はある。

 

市電はこのようなオールドファッションな古いタイプのものと、すごく現代的なものが混在している。

同じ路線でも、超旧型と新型がごちゃまぜで走っていて面白い。

 

 

 

ここが市電の停留所。黄色い旗のような標識が目印。

 

 

 

 

停留所の行き先表示版。お値段は一人1.2ユーロ。約120円。安いよね。

 

そしてやってきました28番の市電。

 

車内はこんな感じ。

 

市電の軌道と車道は一体化しているので普通にバイクも車もやってくる。

 

 

ノーブラの女性、多かったです(^_^;)

 

 

 

カメラを見つけると目線を合わせてしまうのは、こちらの方達の共通項(^-^)

 

 

すれ違いますよ。

 

 

 

立派な教会。この手の建物がずっと残っているのは、地震がないからなんだろうなあ。

 

またすれ違い。今度のはカラフルな車両。

しかし軌道すれすれに停めていく自動車はちょっとおっかない。

 

駐車中の自動車もすれすれ、市電同士もすれすれ。

 

 

地元の方達は停留所などでも平気で渡っていく。見ていてヒヤヒヤしてしまう。

 

乗っていた車両の終点に到着。28番路線はもっと奥まであるようなので、ちょっと歩いてみる。

 

 

ニコちゃんマークの標識が気になる。

 

市電を下りて20分ほど歩き、ここからUターンすることに。

 

市街地からだいぶ行った、住宅地的な場所だった。

 

反対向きの市電がやってきた。

 

 

最初はがらがらでした。そして運転手さんは若い女性。

 

 

前方に1台。そしてすれ違いも1台。

 

狭いところを結構スピードを出して通り過ぎる。

 

おお!海だ!と思うんだけど、これはテージョ川の河口。

 

 

立派な教会が見えてきたら、僕らのホテルがもう近い。

 

まとめ

市電28番にごとごと揺られる旅、楽しかった。

朝からずっと活動して疲れたので、一旦ホテルに戻って休憩して、ディナーでまた外出することに。

次はディナー編に続く。

旅の続きの記事はこちら!

ただいま準備中♪

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボンをもっと知りたい人が読む本

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします