リスボン到着!! 〜 ヨーロッパの西の果て ポルトガルにやってきた!美しすぎる夕暮れの街!! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その36]

広告


3泊のパリ滞在を終えた僕たちは、ポルトガル航空の飛行機でリスボンへとやってきた。

2012年ヨーロッパ旅行記、4日目、ポルトガル・リスボン編スタート!!

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボン到着!! 〜 ヨーロッパの西の果て ポルトガルにやってきた!美しすぎる夕暮れの街!! [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その36]

リスボンポルトガルの首都。ポルトガルはヨーロッパの西の端に位置する、イベリア半島最西端にあり、大西洋に面している。

まさにヨーロッパの西の果てだ。

 

Wikipediaより。ポルトガルはここ↑。

 

こちらもWikipediaより。リスボンはポルトガルの赤いここ↑。

 

僕も奥さんもポルトガルは初上陸。どんな国なんだろう?どんな街なんだろうとワクワクしてタクシーに乗り込んだ。

 

僕らが泊まったホテル。こちらはまた別エントリーで。

 

荷物を置いてから早速リスボンの旧市街へと散策に出る。

 

パリとはまた全然雰囲気が違う風情。路面電車の架線が張り巡らされている。

 

これがリスボン名物の路面電車。古くてかわいらしいのだ。

 

フィゲイラ広場という広場。

 

Rua Augusta、アウギュスタ通りという路地を進む。

 

古いエレベーター。これもリスボン名物。

 

通りの奥に凱旋門のような門が見えてきた。

 

近づいてきて分かった!凱旋門の空洞部分の中心まっすぐ先に、さらに銅像が立っているのだ。

そしてこのRua Augustaは通りにたくさんレストランのテラスが出ていて賑やか。

 

 

凱旋門を抜けます!

 

 

凱旋門を抜けると、そこはコメルシオ広場。そしてその向こうは海!

 

コメルシオ広場側から見た凱旋門。

 

この日は丁度満月だった。東の空から満月が昇ってきた。

ちなみにこの時点で既に時計は20時30分。ポルトガルも夜が遅い。

 

 

コメルシオ広場の先は海、と書いたが、実はここはまだ川だった。

テージョ川という川の河口で、右奥に見えるつり橋のもうちょっと先が、大西洋。

 

 

 

あまりの夕暮れの美しさに息を飲む。

 

 

 

 

だいぶ日が暮れてきた。

 

 

日が暮れると凱旋門と銅像のライトアップが美しく浮かび上がる。

 

 

 

まさに大西洋の門番、という風情だ。

 

まとめ

僕らとリスボンの出会いはこんな風に始まった。素敵な日々になる予感たっぷり!

たのしみだ。

旅の続きの記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボンをもっと知りたい人が読む本

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします