ベレンの塔 〜 リスボン西部の観光名所 大西洋への遥かなる道 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その46]

広告


ポルトガルのリスボン西部、ベレン地区にある名所「ベレンの塔」に行ってきたのでご紹介。

ヨーロッパ旅行6日目、リスボン滞在3日目の午後。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボン市西部のベレン地区に来ている。

ランチを終え、テージョ川の河口に立つ「ベレンの塔」を見に行くことにした。

さっそく紹介しよう。

ベレンの塔 〜 リスボン西部の観光名所 大西洋への遥かなる道 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その46]

川に向かって公園の中で市が立っていた。骨董品や古本などが並べられている。

 

 

テージョ川沿いの広い道に出たら、太陽光を遮るものが何もない!

気温は約32度。湿度がないのでカラカラ、そして日差しの強さが東京よりも圧倒的。

 

 

日陰がまったくないのだ。10分も歩くとクラクラしてくる。

 

 

歩道橋を渡る。もうフラフラ。

 

 

 

そしてやってきました、ベレンの塔。この建物も16世紀、ジェロニモス修道院と同じ時代に着工されたとのこと。

 

ベレンの塔の向こうはもう大西洋。ここはテージョ川の本当の河口で、このベレンの塔は要塞として作られたため、海に向かって砲台も設置されていた。

その後平和な時代には灯台として利用されていた時期もあったという。

 

建物の中にも入れるのだが、ここまでの道のりで二人ともすっかり消耗してしまい、ここでストップ。

敷地内に公園があり、木陰があったので、そこで休憩して何とか復活。しかし日差しが強い!

 

本当は大西洋が見渡せる岬まで行きたかったんだけど、かなり遠いので断念。

ここから市電15番で戻ります。

しかしこの真っ青な空と黄色い壁の建物。南欧だなあと言う感じ。

 

 

市電を待っていたら、帰りは近代的な車両ではなく、ゴトゴトと28番と同じ古い型の電車がやってきた。

こっちの車両の方が何だか嬉しい。

 

市電に20分ちょっと揺られてフィゲイラ広場まで戻り、一旦ホテルで休憩。

そしてリスボン最後の夜に備えます。

ディナー編に続く。

旅の続きの記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

リスボンをもっと知りたい人が読む本

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします