南禅寺 — 臨済宗大本山 京都五山より上 別格の位を持つ 日本最高位の禅寺は力強かった!! [2015年晩秋旅行記 その34]

広告


2015年晩秋の旅は高野山から京都へと舞台を移した。

2015年晩秋旅行記 京都編、1日目の午後。

旅の一つ前の記事はこちら!

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

 

食事を終えた僕たちは、目的地南禅寺へと向かった。

事前にちゃんと調べていなかったのだが、この南禅寺は、禅寺としては日本最高の位、別格を持つ唯一のお寺だそう。

さっそく紹介しよう。

南禅寺 — 臨済宗大本山 京都五山より上 別格の位を持つ 日本最高位の禅寺は力強かった!! [2015年晩秋旅行記 その34]

160209-04 - 1

▲ やってきました、臨済宗大本山 南禅寺。

 

160209-04 - 2

▲ 門も南禅寺の文字も力強い。

 

160209-04 - 4

▲ 境内の紅葉も美しい。

 

160209-04 - 3

▲ そしてこちらが有名な南禅寺の三門。

 

160209-04 - 5

▲ 三門のいわれ書き。

南禅寺の三門は歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな」と呟いた場所として知られる。

しかしこれはあくまでも物語の中のお話し。

この三門が完成したのは、石川五右衛門の没後30年経った寛永5年(1628年)のこと。

ちなみに実際の南禅寺は「三門」で、歌舞伎の中に出てくる南禅寺は「山門」だそうだ。

 

160209-04 - 6

▲ 三門は柱が凄い。

 

160209-04 - 8

▲ 三門の中から外側を撮ってみたところ。

 

160209-04 - 7

▲ 高野山と較べると京都の紅葉はまだ進行中という感じで、いろいろな色が楽しめる。

 

160209-04 - 10

▲ 三門の奥にあるのが法堂。

この法堂は明治42年(1909年)に再建されたものという。

 

160209-04 - 9

▲ 超望遠レンズで法堂を狙う。

 

まとめ

事前にほとんど調べずに南禅寺にやってきたが、素晴らしかった。

余計な装飾はまったくないのだが、とにかく力強い。

そして最高位の禅寺だけあって、建物や敷地から出ているオーラが結構パワフル。

高野山のお寺とはまた違う、どっしりとした威厳を感じる場所だった。

人気観光スポットなのもうなずける。

オススメです!!

旅の続きの記事はこちら!

ただいま準備中♪

2015年晩秋 旅行記 目次はこちら!

南禅寺 公式サイトはこちら!

南禅寺をもっと知りたい人が読む本

2015年晩秋の旅情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!