四恩醸造(山梨市牧丘) 油彩シリーズ「ローズ」 2015 ロゼ — キリっと締まった味わいの日本ワインの至宝!! [ワイン]

広告

今日ご紹介するワインは、山梨県山梨市牧丘にある四恩醸造の油彩シリーズ「ローズ」2015 ロゼ。

最近日本のワインが世界的に注目されつつある。

品質も向上し、希少性もあいまって、なかなか手に入らないものも出てきている。

そんななか、大好きな四恩醸造のワインをいただいた。

四恩醸造のワインも販売数が少ないため、ほとんどが予約で売り切れてしまい、なかなか市場に流通しない、希少ワインだ。

さっそく紹介しよう。

四恩醸造(山梨市牧丘) 油彩シリーズ「ローズ」 2015 ロゼ — キリっと締まった味わいの日本ワインの至宝!! [ワイン]

160209-06 - 1

▲ こちらが四恩醸造の「ローズ」。

四恩醸造には2回、ワインツーリズムのときにお邪魔して、ワイナリーで醸造途中のワインを飲ませてもらったことがある。

四恩醸造訪問記はこちら。

 

160209-06 - 2

▲ 四恩醸造のワインは、エチケットに何も書いていないのが特徴。

この「ローズ」も、まさにバラの花の絵が描かれているだけで、ビンテージも何も書かれていない。

 

160209-06 - 3

▲ 裏面にはこのように表記がある。

 

ビンテージなど一部がハンコになっているあたりが、いかにも生産量の少ない希少ワインらしい。

ビンテージは2015。つまり、昨年秋に収穫して、昨年中に発売しているということになる。

年単位で熟成させるワインが多い中、四恩のワインは収穫・即リリースなのだ。

 

160209-06 - 4

▲ グラスに注ぐと、ごくごく僅かに発泡しているのが分かる。

 

160209-06 - 5

▲ 気泡が見える。

桜貝のようなごく淡い桃色のワインが愛おしい。

味わいは、熟成期間がないため浅い仕上がりを意図して造られていて、キリっと辛いロゼ。

甘味はまったくなく、後味も辛口。

データ

名称: 油彩シリーズ「ローズ」 2015 ロゼ

ワイナリー:四恩醸造(山梨市牧丘)

ヴィンテージ:2015

購入店:N/A

価格(公式サイト情報:現在は完売):1,300円(税別)

まとめ

まだ始めて2記事目だが、すでにワインを見る目が大きく変わりつつあることを感じる。

他のワインとの比較も考えるし、いかに味わいを言葉にするかにも意識が向く。

四恩醸造のワインは、非常にユニークだと思う。

軽くて辛い、そして後味が爽やか。

これが印象だ。

これからも味覚と言葉を鍛えていきたい。

四恩醸造 公式サイトはこちら!

甲州ワインをもっと知りたい人が読む本

ワイン情報はこちらにも!ご一緒にどうぞ!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします