北陸新幹線 初乗車記 E7系「かがやき」 速い!揺れない!そして広い!!普通車でも十分すぎるデラックス感!!

広告


北陸新幹線に初めて乗った!

2015年7〜8月、金沢旅行記のスタート!

旅の全記事の目次はこちら!古い記事が一番下です!

7月31日〜8月3日の4日間、石川県の金沢を旅してきた。

金沢を訪れるのは去年の3月以来1年半ぶり、通算5回目。

前回までの4回のうち、3回は飛行機で、1回は飛騨高山経由で車で行った。

今回はなんといっても北陸新幹線の開業後初めての金沢行き。

当然新幹線を使っての移動を選んだ。

まずは新幹線の搭乗記をお送りしようと思う。

北陸新幹線 初乗車記 E7系「かがやき」 速い!揺れない!そして広い!!普通車でも十分すぎるデラックス感!!

150817-01 - 1

▲ 自宅から東京駅まではタクシーを利用。

iPhoneアプリでタクシーを予約しようとしたが、この日はすごく混んでいて、7回目のチャレンジでやっと予約ができた。

今まで2回以上失敗したことがなかったのでちょっと焦る。

次回はUberも試してみるかな。

 

150817-01 - 2

▲ 東京駅八重洲口の工事が終わり、すごくキレイになっていて驚く。

そういえば、麻布に引っ越してきてからは、東海道新幹線はもっぱら品川駅で乗るので、東京駅を利用すること自体が久し振りだった。

 

北陸新幹線は速い!

150817-01 - 10

▲ この日の北陸新幹線は「かがやき505号」金沢行き。

当初は往きをグランクラスにしていたのだが、アドバイスをいただき、帰りをグランクラスに変更した。

なので今回は普通指定席での移動となる。

東京から金沢まで2時間34分。夢のようなスピード感だ。

あと、飛行機時代には、小松空港からバスで延々と移動しなければならなかったのが面倒だった。

JRならずばっと金沢駅に直接到着だ。これは素晴らしい。

 

えきねっとはExpress予約より弱い

JR東日本の新幹線予約は、えきねっとという予約システムを使う。

これは残念ながら、JR東海が提供している東海道新幹線の予約システムExpress予約より大分弱い。

予約変更も1回しかできない(2回目はキャンセル料がかかる)し、チケットレスのサービスもない。

この辺りは今後の進化に期待である。

ただし、JR東日本の新幹線は、少なくとも東京から乗った乗客に対しては、検札(切符拝見)がない。

東海道新幹線は毎回あの検札が面倒だと思っているので、その点は東日本は進んでいる。

 

北陸新幹線E7系は広い!

150817-01 - 3

▲ こちらが普通指定席の写真。

タクシーの手配が遅れたため、先頭車両の写真が撮れず。金沢で撮ればいいや。

東海道新幹線に乗り慣れている人間からすると、まず感じるのが「広い」「ゆったりしている」だ。

そしてシートの色合いが落ち着いたブラウン系でシックだ。

 

150817-01 - 5

▲ そして素晴らしいのがシートピッチの広さ。

写真だと分かりにくいかもしれないが、短パンを履いている僕のひざ小僧が見えるだろう。

ご存知の方も多いと思うが、僕は身長190センチあり、身体がデカイ。

しかし、E7系のこの車両は、僕の体格ですら、全然前の座席との間に余裕がある。

両膝の間に黒い物体が見えるかと思うが、これは僕が背負っているロープロのカメラバッグである。

カメラバッグをここに置いても、全然窮屈にならない。

素晴らしいとしか言いようがないこのゆったり感。

普通車でも、東海道新幹線のグリーン車以上のゆったり感なのだ。

 

150817-01 - 4

▲ シートにもいくつも工夫があって嬉しい。

まず、背もたれの枕部分は上下に動かして自分の好みに調整できる。

そして前の座席の背中部分に、ドリンクホルダーが付いているのもポイントが高い。

ノートPCを使う人は、飲み物を飲みながらPC操作するのに、テーブルを使うしかない。

テーブルにノートPCと飲み物を両方置くのは結構大変なのと、PCをテーブルに置くと乗物酔いしやすいのだ。

ドリンクホルダーがあると、ノートPCは膝の上に置き、テーブルは使わずに操作ができる。

素晴らしい!

 

150817-01 - 6

▲ もう一つ嬉しいのが、電源用コンセント。

東海道新幹線N700系にもコンセントが用意されているが、窓側の人だけ。

でも、北陸新幹線のE7系では、窓側、通路側、両側の人がコンセントを利用できるようになっている。

これもとっても嬉しいね。

 

トンネルが多く、トンネル内ではWi-Fiは使えない

150817-01 - 7

▲ 2時間半ちょっとでもう金沢。

乗っていての感想は、とにかく「揺れない」ことと、速いこと。

山間部を走る時間も長いため、もっと揺れるかと思っていたが、思いのほか快適だった。

ただ、山間部からはトンネルが連続していて景色が全然見えないのと、トンネル内はまったくWi-Fiが繋がらないのは残念。

Wi-Fiに関しては、ゆくゆくは東海道新幹線のように、トンネル内も通るようになってくれたらいいなと思う。

 

150817-01 - 8

▲ 金沢でようやく先頭車両の写真が撮れた。

ゴールドのラインがカッコいい!

 

150817-01 - 9

▲ 笑ってしまったのだが、新幹線ホームの柱まで金色だった!

さすが加賀百万石ということなのだろうか。

 

150817-01 - 11

▲ 金沢駅から予約しているホテルまで徒歩10分ちょっと。

暑いけれどせっかくなので歩こうと思い、駅を出た。

 

150817-01 - 13

▲ 快晴の空に金沢駅のサイバーの駅舎が映えまくる!凄い!

駅は観光客の熱気に溢れていた。

 

150817-01 - 12

▲ なかなか凄い景色だよね。

 

150817-01 - 14

▲ この旅からデビューとなる新しいキャスターバッグと共に。

 

150817-01 - 15▲ 駅からホテルに向かう途中のお寺のはり紙。

一年半前、新幹線開業前とはずいぶん金沢の雰囲気が変わっていた。

たくさんの観光客がやってきて盛り上がっている。熱気が凄く伝わってくる。

そして、金沢駅に新幹線がやってきたため、人の流れが完全に駅中心に変わっていることも感じた。

香林坊や片町はどんな雰囲気になっているだろう?

 

まとめ

初の北陸新幹線はとっても快適で、あっという間の時間だった。

僕は通路側だったのだが、僕の隣には鉄道マニアの男性が一人で乗っていて、とても楽しそうに写真を撮ったりツイートしたり、一人で「おおっ!」と呟いたりしていた。

平日の午前中の列車だったが、夏休みシーズンということもあり、列車は満席とのことだった。

今回新幹線で行ってみての感想は、「もう飛行機で金沢に行くことはないだろうな」ということ。

羽田までの移動時間、検査などの待ち時間、そして小松から金沢のバス移動時間などのこと、あと、天候による遅延・欠航リスクなどを考えると、断然新幹線がリーズナブルだ。

山間部のトンネルにWi-Fiが通ったら完璧だな。

というわけで、大満足の北陸新幹線初体験でした!

金沢の旅、お楽しみに!!

 

旅の次の記事はこちら!近江町市場で海鮮丼!!

旅の全記事の目次はこちら!古い記事が一番下です!

 

北陸新幹線についてもっと知りたい人が読む本

 

金沢についての情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします