フランス旅情報

コンコルド広場 〜 凱旋門とルーブルを結ぶシャンゼリゼにそびえるオベリスクにただただ圧倒される 〜 美しすぎるパリ写真日記 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その12]

フランス旅情報
スポンサーリンク

パリのコンコルド広場をご紹介。

2012年夏、ヨーロッパ旅行記2日目、パリ編。

旅の一つ前の記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

2012夏ヨーロッパ旅行記

2012年8月〜9月にかけて、約2週間かけてヨーロッパを旅したときの記事です。行ったのはフランスのパリ、ポルトガルのリスボン、そしてスペインのアンダルシア地方のマルベーリャ、グラナダです。
ホテル情報、レストラン・カフェ情報、ランニング情報、観光スポット情報などが盛りだくさんです!

記事を書いた時系列順に、新しいものが一番上になります。旅の順番を追うなら、一番下から読んでいくのがベスト!

マドレーヌ寺院から正面を見ると、まっすぐ先に、金色に輝くオベリスクが見える。

そう、そこはコンコルド広場だ。

スポンサーリンク

コンコルド広場 〜 凱旋門とルーブルを結ぶシャンゼリゼにそびえるオベリスクにただただ圧倒される 〜 美しすぎるパリ写真日記 [2012年夏 ヨーロッパ旅行記 その12]

そしてマドレーヌ教会の正面に立って正面を見ると、コンコルド広場のオベリスクが真正面に見える。

 

レンズを超望遠に付け替えるとこうなる。

そしてコンコルド広場の正面に見える建物が、ブルボン宮だ。

 

コンコルド広場手前には、あのマキシム・ド・パリが。ここが本店かな?

 

マキシムの前には、まだ開店前にも関わらず、観光客がちらほら。

 

何ということはない道が、いちいち重厚でカッコいい。

 

信号も絵になる。

 

マドレーヌ教会から300mほどでコンコルド広場に到着。まだ午前中早めの時間だったので、観光客少なめ。

奥に見えるのはエッフェル塔。

広場は明るい雰囲気だが、歴史的には深いものを持っている。

Wikipediaによると、もともとは「ルイ15世」の騎馬像が飾られていて、「ルイ15世広場」と呼ばれ、フランス王朝の代名詞だった広場。

それがフランス革命中にはルイ16世とマリー・アントワネットの処刑が行われた場所にもなった。

 

超広角15mmで撮影するとこんな感じ。空が広い。

 

コンコルド広場のオベリスク。クレオパトラの針が聳える。

1819年にエジプトのルクソール神殿から贈られ移設されたもの。

 

オベリスクと太陽と飛行機雲。

 

150920-031 - 1

奥さんの写真。

ちなみに8月末だがすでに奥さんが上着を着ているのに注目。

 

150920-031 - 2

僕はまだまだTシャツでOK。

 

150920-031 - 3

観光名所だが、普通に車も渋滞していたりする。この先右側は、次の記事でご紹介するシャンゼリゼ大通りだ。

旅の続きの記事はこちら!

ヨーロッパ旅行記の目次はこちら!

2012夏ヨーロッパ旅行記

2012年8月〜9月にかけて、約2週間かけてヨーロッパを旅したときの記事です。行ったのはフランスのパリ、ポルトガルのリスボン、そしてスペインのアンダルシア地方のマルベーリャ、グラナダです。
ホテル情報、レストラン・カフェ情報、ランニング情報、観光スポット情報などが盛りだくさんです!

記事を書いた時系列順に、新しいものが一番上になります。旅の順番を追うなら、一番下から読んでいくのがベスト!

コンコルド広場 スポット情報

パリをもっと知りたい人が読む本

created by Rinker
¥39 (2024/02/28 05:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

2012年ヨーロッパ旅行記、こちらもご一緒にいかが?

タイトルとURLをコピーしました