僕が電話を使わない4つの理由 〜 47歳でも感じる「音声通話はウザい」

広告

僕は電話が嫌いだ。

というか、電話だけではなく、LINEだろうがSkypeだろうがFacebookメッセンジャーだろうが、音声通話全般が嫌いだ。

だから電話をかけることも滅多にないし、掛かってきても基本的に留守電にしたまま電話には出ない。

今日、たまたまこんな記事を見かけた。

この記事の論調は、いまどきの学生のコミュニケーション手段の変化に理解は示しつつも、全体的には「社会人になるなら、電話ぐらいちゃんと使いなさい」という趣旨で書かれている。

でも、僕は学生ではなく47歳で会社の社長であり、作家・ブロガー・カウンセラーであるわけだが、47歳の僕も、電話を使うことはほとんどない。

ただ単に「好き」とか「嫌い」ということではなく、音声通話は通信手段としては、最優先で使うものではないと僕は感じている。

僕が電話を使わない理由を書いてみようと思う。

僕が電話を使わない5つの理由 〜 47歳でも感じる「音声通話はウザい」

1 電話は相手の時間に無断で踏み込む

僕は、音声通話がどうしても必要なときには、事前に「15時くらいから電話で打ち合わせさせてもらっても良いですか?」というような確認を事前にメッセなどでしてから掛ける。

僕にとっては、音声通話というのは、「会議」「打ち合わせ」と同じように、事前にアポイントメントを取ったうえで行うべきもの、という感覚だ。

そして僕の周りの人々も、概ね僕と同じスタンスである。電話は「メッセなどで約束して掛けるもの」だ。

なぜなら、予告のない電話は、掛けられた側の時間に無断で踏み込み、その時間を容赦なく奪う行為だからだ。

僕は作家でブロガーだから、原稿を書くことが大切な仕事の一つだ。

原稿を書く作業には集中力を要する。

ところが電話が鳴って受け答えをしていたら、その集中力は完全に切れてしまう。

しかも、電話は掛けてきた人が何らかの用事があって掛けてくる訳で、その所要時間がどれぐらいなのかが事前に分からないことが多い。

出かける間際に掛かってきて、のらりくらりと会話されたりすると、本当に困る。

僕は日常的にかなり用事が多く、厳しいスケジュールの中で活動している。

そんなときに、突然の電話で10分、15分という時間を奪われるのは困る。

アポなしの電話は相手の時間を奪っている。

その認識がない人が多いのはとても残念だ。

2 電話での会話は「記録」を残しにくい

電話での会話は録音でもしない限り、記録に残らない。

仕事の内容などを音声でやり取りしてしまうと、結局電話をしながらメモを残さなければならない。

さらに、そのメモは相手と共有される訳ではないので、勘違いや書き間違いなどが生じやすい。

いわゆる「言った」「言わない」の問題が起こりやすいのだ。

その点、メッセやチャットワーク、それにメールなどの文字でのやり取りは、お互いが共有する形で文字が記録として残る。

メールはログを共有できないが、Facebookメッセージやチャットワークなどは、お互いが共有する形で記録が残るので、「言った」「言わない」問題が起こる確率が格段に低い。

大切な案件こそ、メッセやチャットワークできちんと履歴が残るようにやり取りをするべきだ。

3 電話は、掛ける・掛けないの判断は掛ける側の一方的な価値観で決められてしまう

たとえば、まったく興味がない商品の営業の電話が掛かってきた場合。

一度電話に出てしまったら、掛けてきた相手の価値基準に、掛かってきた側は一方的に付き合わされることになる。

相手の話を遮って無理やり切るぐらいのことをしないと、掛けてきた側のペースを止めることができない。

メールやはがきなどで届くDMは、興味がなければ見ずに処分することができる。

しかし、電話の場合はそうはいかない。

こちらが全然必要ないと思っている電話でも、出てしまったら、相手の流れに付き合うことになる。

営業の電話でもやっかいなのだから、知人や友人からの、こちらにとってはあまり重要ではない連絡が電話でかかってきたら、なおさら面倒だ。

遮って切ることもできないし、あまり直接的に「迷惑だ」とは言いにくい。

特に音声通話が好きな世代は僕よりも上の人に多いので、断りにくい。

だったら、そもそも電話は常時留守電にしてしまい、相手がメッセージを残してくれた場合、必要に応じて、こちらからはメッセを返したり、無視したりできる選択肢を確保したい。

4 非通知電話や知らない番号の電話は出てみないと相手が誰だか分からない

メールやメッセの場合、「相手が誰だか分からない」まま応対をすることはない。

宣伝や不要な連絡の場合、最後まで読まずにスルーすることができるが、電話はそれができない。

電話を掛けてくる側は、当然僕が誰だか知って掛けているわけだが、僕は相手を知らないまま電話に出る。

これはフェアじゃない。

そして、だいたいそういう電話は、一方的な宣伝や売り込みのような、相手だけに用事があって、僕には用事がないものばかりだ。

僕の周囲も僕と同じノリの人が多く、友達から突然電話が掛かってくることは、ここ10年くらいの間、多分一度もない。

掛かってくるのは相手だけに用事があったり利益があるもので、僕には利益がないものがほとんどなのだ。

まとめ

電話というツールは今後もなくなることはないだろう。

緊急通報のときや、待ち合わせのときなどは、音声通話が必要だ。

それに、文字だけでは伝わらないことを、音声で会話して初めて物事が上手くいくこともあることは、もちろん認識している。

だからこそ、そういう「音声通話が確実に必要」なときには、どんどん電話を使えばいい。

ただ、そのときには、「掛ける側」だけではなく、「掛けられる側」の人も、掛ける側の人と同じくらい、音声通話することの重要性を認識していて、合意していることが大切だろう。

僕だって、年に数回は電話で打ち合わせをすることがある。

そしてそれは、事前にお互いが「電話で打ち合わせしましょう」と合意しているときに限られている。

直接会った方が良いときは直接会うし、電話かもっとも適しているときは電話を使う。

でも、通信手段としての電話の重要度は、これからもどんどん下がっていくだろうし、マナーやエチケットとして、「アポなし電話」は迷惑、という認識がもっと広がったら良いと僕は思っている。

もちろん、電話対応専門のスタッフがいる部門など、電話で仕事をすることが前提の部門や仕事などは、この話は当てはまらないことは言うまでもない。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

自分の「好き」「得意」をセミナー・講座にして登壇したい人のための1day講座開催(東京、平日・休日)

自分の「好き」「強み」をネットで発信するだけでなく、セミナー・講座にしてブログとSNSで集客しよう!! 休日コース11/18、平日コース11/29開催。

講座の作り方セミナーについて詳しくはこちら

「複業」時代のひとりビジネス構築法をすべて伝えます!!

ネット時代の「一人ビジネスの構築方法、育て方、そして多角化までをぎっしり詰め込んだ1day講座開催! ブロガーとして独立してから7冊の本を出版し、講座・セミナーを多数企画・開催、心理カウンセラー、ブランディングコンサルタントとしても活動する「スラッシャー」立花が直接指導。 12/9に休日コース、12/20に平日コース開催。

一人ビジネス構築セミナーについて詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします