メッセージ

さっそく出てきた違和感のキーワード「もっとブログは自由でいいんじゃないか?」

メッセージ
スポンサーリンク

ブログに対する違和感と対峙しようと思い、この記事を書いた。

ブログに対する違和感と対峙することにした
今年に入っていろいろとビジネスを再構築してきて、徐々に良い形が出来てきている。 個人セッション、セミナー・講座、メルマガなどが良い形が見えてきて、しっくり来はじめ、有機的に接続されるイメージが見えてきた。 ところが、僕の情報発信...

この記事を書いてまだ1時間たつかどうかだけど、もう既に一つキーワードが浮かび上がってきた。

やはり何でも言語化することが大切ということだ。

「違和感がある」という言語化を行なったことで、次のフェーズの言語化が脳内で行われたということだ。

言語化、文字化については最近読んだこちらの本がオススメ。

思考は文字化すると現実化する | 横川裕之 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで横川裕之の思考は文字化すると現実化する。アマゾンならポイント還元本が多数。横川裕之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また思考は文字化すると現実化するもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

浮かび上がってきたキーワードは、「ブログはもっと自由でいい」ということ。

僕は12年半ブログをやっていて、収益化してきた実績がある。

その実績が中途半端に「成功体験」として「儲かるブログはこうあるべき」とか、「こういう記事を書かねば」という足かせになってしまっていると気付いた。

「こう書くべき」「こう書かねば」という囚われが義務感を生み、活き活きとしたブログを書く邪魔をしているのだな。

定型通りに書かないとダメと思い、無理して型に嵌めて書くから、あまり本人も楽しくないし、当然書書き手が楽しくないなら読み手だって楽しくない。

そういうことだよね。

まずは過去12年半の成功体験を一旦脇に追いやって、もっと自由にブログを書こう。

「文字数が何文字以下だとダメ」とか、「キーワードが云々」とかは一旦どうでも良いことにして、書きたいことを書く。

そこからきっと何かが始まるだろう。

タイトルとURLをコピーしました