「実年齢マイナス20歳」で人生を生きよう [ライフスタイル]

広告


投資家でベストセラー作家でもある内藤忍さんのブログで、「「実年齢マイナス20歳」で人生を考える習慣を付ける」という記事が公開されていた。

内藤さんのブログはこちら。

 

「厚生労働省は、公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った」とのこと。

ということは、75歳が定年という日が来るのかもしれない。

僕は会社員を辞めて自分が経営者になったので、定年という概念はない。

僕は今年50歳になるが、超デブだった35歳のときよりもずっと体調も良く、精神的にも若々しい状態をキープできていると思っている。

そして、今の世の中、僕らが子供のころとは、年齢と人生の進み具合の差が、どんどん大きくなってきていると強く感じている。

内藤さんは54歳で、「サザエさん」の磯野波平氏と同い年と書かれているが、波平さんの持つ「おじいちゃん」のイメージとはほど遠い若々しさだ。

波平さんの奥さんのフネさんは設定では48歳なので、僕の方が年上ということになっているが、僕の方が明らかにフネさんより若い。

栄養や衛生状態の改善や、経済発展、戦争がない時代が続くなどの要因が重なり、僕たちの寿命はどんどん伸びているように感じる。

「人生100年時代」という言葉が騒がれて久しいが、僕は地球の環境さえOKなら、僕ら世代は大きな病気をせずに健康で生きれば、120歳くらいまで元気で生きるのではないかと思っている。

なので、年金とか定年とかの問題ももちろんだが、僕ら自身の体感覚として、僕らが子供のころの大人のイメージと比較して、「実年齢マイナス20歳」で人生を捉えるのが良いと思う。

僕は49歳でバツ2になったが、「50歳でこれから恋愛」というと、ちょっとハードルが高く感じる人もいるかもしれない。

でも、マイナス20歳ならまだ30歳である。

30歳なら恋愛でも結婚でも何でもこいという感じてある。実際僕が最初に結婚したのは31歳だった(笑)。

いま実年齢が40歳の人に至っては20歳である。人生ここから、まだ成長期ということで、青春真っ只中だ。

しっかり身体と心のケアをして、ストレスを溜め込まないライフスタイルを構築して、120歳まで現役で人生を楽しむ。

楽しい時間がどんどん伸びるなら、人生は長い方が良いね。

僕はこれからは自分が29歳ということで活動していこうと思うので、どうそよろしく(笑)。

 


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします