三脚とBluetoothシャッターリモコン付き自撮り棒 を購入!めっちゃ便利!!

広告


160629-011 - 3

Fonesoというメーカーの、三脚とBluetoothシャッターリモコン付きの自撮り棒を購入したのでご紹介。

46歳男子としては、自撮りをする機会は滅多にない。

なので世の中に自撮り棒が登場してからも、まったく感心がなくスルーしていた。

ところが昨年たまたま知人が「三脚付きの自撮り棒」を持っているの目撃。

これがあると、iPhoneのセルフタイマー機能を使って、気軽に全員の集合写真を、インカムではなく標準カメラで撮影できるのだ。

それは便利と購入したのだが、先日旅の途中で折れてしまった。

同じものを購入しようと思ったら、すでに販売終了で、仕方なく別の製品を探したら、この一年の間にさらに製品が進化していた。

今回の製品は、三脚付きで、さらにBluetoothでスマホと連携できるリモコン付きだった。

Fonesoというメーカーの自撮り棒。

これはということで購入。

さっそく紹介しよう。

三脚とBluetoothシャッターリモコン付き自撮り棒 を購入!めっちゃ便利!!

外箱も取説も英語のみ!でも簡単なので大丈夫!

160629-01 - 1

▲ 到着。こちらがFonesoの三脚とシャッターリモコン付きの自撮り棒だ。

自撮り棒は英語で「Selfie Stick」(セルフィースティック)という。

 

160629-01 - 2

▲ 表面も裏面も表記は英語のみ。そしてMade in Chinaの文字が。

 

160629-01 - 3

▲ 箱から本体を出したところ。

左が自撮り棒本体で、右上がBluetoothのシャッターリモコン、そして右下が三脚だ。

 

160629-01 - 4

▲ 取説も英語表記のみだが、心配はいらない。ほとんど説明書は必要ないシンプルさだ。

伸縮自在の自撮り棒!スチール製で丈夫そうだ!

160629-01 - 5

▲ 自撮り棒を持ったところ。グリップ部分はラバーになっていてホールド感が良い。

 

160629-01 - 6

▲ 本意を右に回すと、グイーンと中から延長部分を引きだせる。

長さは4段階にフレキシブルに変更できるので、いろんなシーンで使えるだろう。

 

160629-01 - 7

▲ 先端のスマホをグリップする部分。

収納時や移動時は、上の写真のように、平らになっている。

 

160629-01 - 8

▲ 使用時に、上下のパーツを寝かせることで、上の写真のようにアームが出てくる。

 

160629-01 - 9

▲ 手持ちのスマホのなかで一番大きいサイズのiPhone 6 Plusをホールドしてみた。

強いスプリングでホールドさせる仕組みで、アームの手前に出っ張りがあるので、よっぽどの衝撃がなければ脱落することはなさそうだ。

ただ、自撮りの場合、撮っているときに人がぶつかってきたりすることもあるように思う。

強い衝撃があると、バネで固定しているだけなので、「絶対落ちない」とは言い切れないかもしれない。

ただ、使ってみた感じ、「まず大丈夫だろう」という感じ。

もっと小さいiPhone SEも持たせてみたが、iPhone SEは角が角張っているので逆にもっと安定する感じ。

リコーシータSも問題なくホールドできた。

三脚もスチール製で安定感もOK!

160629-01 - 10

▲ こちら三脚。

脚は細いがスチール製なのでかなりしっかりしている。

ちなみに壊れてしまった先代の三脚つきセルフィーの三脚部分はプラスチックだった。

 

160629-01 - 11

▲ 三脚を立ててみた。

 

160629-01 - 12

▲ 自撮り棒と三脚を合体させて立てるとこんな感じ。

 

160629-01 - 13

▲ 自撮り棒を最大に伸ばした状態で三脚で立てる。

「素晴らしく安定」とはいかないが、集合写真などを撮るには十分使える。

解像度の低いインカメラではなく、標準カメラを使えるのもいいね。

Bluetooth接続のシャッターリモコンが抜群に便利!

160629-011 - 2

▲ こちらがBluetooth接続するカメラのリモコンシャッター。

ボタン電池式である。

 

160629-011 - 1

▲ シャッターボタンを長押しすると、上の写真のように赤と青のLEDが点滅状態になる。

この状態がペアリングモードなので、iPhoneなどスマホ側で「IBO-01」というデバイスをペアリングすれば、使用可能になる。

あとはiPhoneの標準カメラアプリを普通に起動して、撮影するタイミングでシャッターボタンを押すだけ。

極めてシンプルである。

ちなみにOneCamで撮れるか試してみたが、残念ながらOneCamでは動作しなかった。
160629-011 - 3

▲ 本体部分、三脚部分はスチール製で強度はかなりありそう。

問題は首から上の部分で、ここのプラスチックの部分に横から力が掛かったときの強度がどうか。

こればかりは使ってみないと分からないので、まずは使ってみよう。

まとめ

というわけで、僕は自撮りはほとんどしないが、集合写真を撮る機会が多いので、今後何かと活躍してくれそう。

今まではリモコンが使えなかったので、セルフタイマーで撮っていた。

リモコンが使えると、短時間にたくさん写真を撮れるのが大きなメリットだね。

長く活躍してくれるといいな。

リモコンと三脚つきの自撮り棒、気に入ってます!!

Foneso 三脚 Bluetoothリモコンつき自撮り棒のチェックはこちらから!!

ガジェット情報記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか??

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします