iPhone 6 レビュー — 使ってみて感じる 4つのGood!! と3つのイマイチ

広告


iPhone 6を手に入れて6日目。そろそろ使い勝手も分かってきて、良い面悪い面が明らかになってきた。

140924-02-1

僕が購入したのはSIMフリー iPhone 6 128GB ゴールド。

SIMはiPhone 5sのSoftBankのSIMをそのまま使っている。

ちなみに現段階ではケースやカバーなどは使わず、裸のままで利用している。

事前に予想していたとおりの使い勝手の部分もあれば、予想とは違う部分もある。

現段階までに僕が感じている、iPhone 6のGoodな部分といまいちな部分を整理してみた。

さっそく紹介しよう。

iPhone 6 レビュー — 使ってみて感じる 4つのGood!! と3つのイマイチ

Good 1: 画面がめちゃくちゃキレイ

iPhone 6は、従来のRetinaディスプレイよりもさらに進化して、Retina HDディスプレイを搭載している。

この画面がめちゃくちゃキレイで見やすいのだ。

文字も画像も動画もくっきり鮮やかで美しい。

フロントガラスもiPhone 5sまでと較べて光沢がありハードな感じに仕上がっていて、これがまた見やすく美しい。

僕はiPhoneには保護フィルムなどはもともと貼らないのだが、このiPhone 6のディスプレイの美しさを最大限に活かすには、フィルムなどは貼りたくないと、余計に感じた。

この画面の美しさは予想以上。

今回 iPhone 6を購入して一番の感動ポイントが画面の美しさだった。

ディスプレイはiPhoneを使うときに常に見る場所だけに、この進化はとっても嬉しい。

まだ体感していない方は、ぜひこの美しさを体感してみて欲しい。

 

Good 2 : 大きさは意外と気にならない

140924-02-2

iPhone 6は4.7インチ、従来の4インチよりもサイズが縦、横ともに大きくなった。

僕はiPhoneはこれ以上大きくなって欲しくないとずっと思っていたので、購入するまでは大きさについては悲観的な予測をしていた。

しかし、実際手に持って使ってみると、大きさは意外と気にならない。

たしかにサイズは大きくなっているのだが、従来より薄くなったことと、サイドが直角から流線型に変更されたため、あまり圧迫感なく手にフィットする。

現状ではまだiPhone 6の大画面に対応した高解像度のアプリがほとんど出ていないので、若干文字が大きすぎると感じるときはある。

しかし、操作性、見た目とも、大きくなったことは、少なくともiPhoneを手に持って使うときには、マイナス要素よりはプラス要素の方が多いと感じている。

 

Good 3: カメラがいい!写真がキレイ

140924-02-11

iPhone 6になってから、写真がかなり鮮やかかつダイナミックになったと感じている。カメラの進化だ。

ホワイトバランスやコントラストがより鮮やかに、豊かになったように感じる。

あと、フォーカスにかかる時間も短縮されているように思う。

動画についても従来以上に明るく鮮やかになっているように感じる。

 

Good 4: アプリが一面にたくさん入る

140924-02-3 140924-02-4

iPhone 6はiPhone 5sよりも、1画面あたり一列分、つまり4つ多くアプリを格納することができる。iPhone 4s以前よりは2列、8個多い。

僕は必要最低限のアプリしか入れないようにしているので、もともと入れているアプリは少ない。

今回一画面に4つアプリが増やせるようになったおかげで、一部フォルダに入っていたアプリを外に出して配置しても、3面で収まった。

しかも3面は半分空いている状態だ。

奥の方に入っているアプリは呼び出すのに手間がかかり、それだけで細かく時間をロスしていく。

1画面にたくさんのアプリを配置できるのは嬉しいことだ。

 

イマイチ 1: 電源ボタンが右にあるのに慣れない

140924-02-5

いっぽう、iPhone 6になっていまいちだと感じる点もいくつか見つかった。

まず、最大の問題は電源ボタンの位置が上部から右側に変更になったことだ。

これが慣れないし、使いにくいと感じる。

個人的な話で恐縮だが、僕は左利きで、右手でiPhoneを持って左手で画面を操作する、という使い方が多い。

iPhoneを操作し終えて右手で電源ボタンを押して画面を消そうとすると、同時に右手の人差し指と中指でiPhone左側の音量ボタンを押してしまうのだ。

音楽を聴きながら操作している場合、意図しないボリューム変更をしてしまうケースがあって、ちょっと使いにくい。

あと、僕は今まで使ってきたiPhone 5sとiPhone 6を両方現役で使い続け、2台持ちにしようかと思っている。

その場合、iPhone 5sとiPhone 6で毎回電源ボタンの位置が違うので、間違えてしまいやすい。

これはソフトウェアの問題と違って変更することはできない。

慣れるしかないのだが、6日経った現段階でも、しょっちゅう間違えている(汗)。

電源ボタンやボリュームボタンなど、頻繁に使うボタンの位置はむやみに変更しないで欲しかった。

 

イマイチ2: ポケットに入れると違和感

前述したとおり、iPhone 6は大型化したのだが、手に持って使っているときには違和感はない。

しかし、手に持っていないときには結構違和感がある。

一番違和感を感じるのが、ズボンの前ポケットに入れているときだ。

やはり大きくてかさばるのである。

立っているとき、歩いているときも結構な違和感だが、iPhoen 6をポケットに入れた状態で椅子に座ると、「ちょっと無理だな」、というレベルの違和感になる。

これもどうしようもないことなので、慣れるしかないのだが、なかなか慣れない。

今のところ、椅子に座るときにはテーブルやデスクの上にiPhoneを置いてから座るようにしている。

やはり携行性という意味では、ちょっと大きすぎるかなあ、という気もしているのが現状だ。

 

イマイチ3: 画面の右上に指が届かない

140924-02-6

さっきも書いたが、僕はiPhoneを右手で持って使うことが多い。

片手フリック入力は、やったりやらなかったりなのだが、一つ困るのが、右手の親指で画面右上のボタンを押す癖があることだ。

Facebookアプリの場合、右上に「投稿する」ボタンがある。

自分がポストするときに、右手で持って左手でフリック入力して、最後の「投稿する」を右手の親指で押していたのだ。

他のアプリでも、右上にボタンがある場合が結構多い。

iPhone 5sだと右上のボタンに親指が届いたのだが、iPhone 6だと届かない。

正確にいうと、iPhoneを持ち直せば届くのだが、持ち直すぐらいなら左手の指で押せばいいのだ。

iPhone 6では、ホームボタンをダブルタップすると画面全体が下に下がってきて届くようになる機能、Reachabilityが実装されている。

しかし、もともと右上のボタンに親指が条件反射で向かってしまうので、ぐぐぐーっと親指を伸ばして届かず、それからホームボタンに親指を移動させてダブルタップする、というのはとても面倒だ。

もともと左手で入力をしているのだから、右手で持って左手で「投稿する」などの右上のボタンを押せばいいのだが、身体に染みついた動作を変えるのが大変なのだ。

僕はすごく手が大きい方なのだが、それでも届かない。

ということは、ほとんどの日本人にとって、上部ボタンの片手操作は無理、ということになる。

慣れてしまえばなんということはないのだろうが、画面上部へのアクセスは、現段階で僕にとってはちょっと面倒なことになっている。

 

まとめ

iPhone 6は動作もキビキビしていて気持ちがいいし、手に持ったグリップ感も質感もいい。

ゴールドの色合いも気に入っていて大好きだ。

ただ、今回のエントリーでは書かなかったが、iOS 8に関しては、ちょっと不満な部分が多いのも事実で、その辺りで全体の評価としてちょっとややこしいことになっている。

iOS 8のいまいちについてこのエントリーに書くと混乱しそうだったので、こちらはまた別のエントリーに書きたいと思う。

 

そして、iPhone 6のGoodな点にもイマイチな点にも、「大きさ」についての項目が入ったのが象徴的。

僕はiPhone 6を買ったが、iPhone 6 Plusに変更した人は、その大きさに関しての意見はさらに色々出てくるんだろうと思う。

単なる慣れの問題という側面もあるとは思うが、iPhoneの理想のサイズってどれなの?と聞かれたら、個人的にはiPhone 4sまでの大きさが一番好き、と答えるだろう。

もちろん大画面化してアプリがたくさん入ったり、写真を大きな画面で見られるなどのメリットもあるので、一概には言えないことは了解している。

携帯性と操作性は、ある意味ではトレードオフの関係にあるのだから、仕方がないとも言える。

ただ、Appleは「大きいiPhone」はリリースしているが、「今までのサイズのiPhone」は販売してくれていない。

そういう意味で、新機種に乗り換えたければ、強制的に大型化に付き合わなければならないというのは、ちょっと残念な気もしている。

まあ、3ヶ月後くらいにはすっかり慣れて、「もう5sのサイズには戻れないね〜」なんて言っているかもしれないので、分からないんだけれど。

いずれにしても最新型、最高スペックのiPhone 6。

徹底的に楽しもうと思う。

またいろいろ報告していきますね!( ´ ▽ ` )ノ

いますぐわかるiPhone 6/6 Plus (インプレスムック)

デジタルプラス編集部 インプレス 2014-09-19
売り上げランキング : 270

by ヨメレバ

 

iOS8と最新端末の注目機能を一挙紹介! iPhone6/6 Plusがわかる本 (アスキームック)

週刊アスキー編集部 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-09-19
売り上げランキング : 467

by ヨメレバ

 


 

 

関連エントリー:
SIMフリー版 iPhone 6 / 6 Plus に 従来のキャリア iPhone の SIMが挿せない?問題について思うこと | No Second Life
今夜リリース! あなたの iPhoneを速攻かつ快適に iOS 8 にアップデートするためにやっておくべき6つのこと | No Second Life
iOS 8 へのアップデートが完了! そして明日のiPhone 6 が楽しみだ! | No Second Life
Appleストア銀座でiPhone 6 ゲット! しかし残念すぎる行列に気持ちはあがらず | No Second Life
iPhone 6 ゴールド 写真多数!開封の儀! — 見よ!美しき流線型と色濃き黄金のフォルムを!!(おまけ付き) | No Second Life

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします