柳川 御花 集景亭ダイニング 〜 旧立花邸の料亭で名物うなぎ蒲焼き定食を食す!! [2016年7月 福岡・熊本旅行記 その12]

広告

柳川の御花には今まで何回も来ていたが、食事をしたのは初めて。

「集景亭ダイニング」というお店に立ち寄ったのでご紹介。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年7月 福岡・熊本旅行記 目次

九州滞在3日目は、博多を飛び出し、まずは柳川へと向かった。

柳川 御花 集景亭ダイニング 〜 旧立花邸の料亭で名物うなぎ蒲焼き定食を食す!!  [2016年7月 福岡・熊本旅行記 その12]

▲ やってきました、柳川藩主旧立花邸 御花。

最近工事をやっていたりで、ちょっとバタバタ気味。

この日も車があちこちに止まっていてちょっと風情がない。

 

▲ やっぱり見える場所にパイロンとかは置かない方が良いよね。

 

▲ それはさておき、食事をしようと御花の中に入っていく。

 

▲ 奥にあるのが「集景亭」。

料亭の個室があるのが「集景亭」で、テーブル席は「集景亭ダイニング」という扱いのようだ。

 

▲ ご覧のようなテーブル席。

 

▲ 窓の外は緑が鮮やか。

 

▲ 庭も美しい。

 

▲ どうするか迷ったのだが、せいろ蒸しより蒲焼きだな、ということで、「蒲焼ご膳」(4,752円)をお願いした。

 

▲ まずはビールで乾杯。

 

▲ お通し。

 

▲ そして蒲焼ご膳が登場。

 

▲ 柳川の鰻の蒲焼きは、独特の固さとタレの甘さが特徴。

 

▲ 好みが分かれるところだと思うが、僕は正直柳川の鰻の固さとタレの甘さはあまり好きではない。

「お店によって違うのかな?」とあちこち試してきたが、結局どのお店も似たような感じなので、柳川共通なのだろうと思っている。

 

▲ 東京とは違う直火なのは関西も一緒だが、関西風のようにパリッとしているわけではなく、ちょっと固い身なのだ。

火の入れ方なのかうなぎ自体の特徴なのかは良く分からない。

もちろん好みの問題は置いておいて、とても美味しい鰻だと思う。念のため。

 

▲ デザートのぼたもち。

 

▲ お茶をいただいてフィニッシュ。

まとめ

あちこちで鰻を食べてきているが、柳川のうなぎは本当に独特だ。

もうちょっといろんな店を回って、さらに探求してみようと思う。

旅の次の記事はこちら♪

2016年7月 福岡・熊本旅行記 目次

御花 お店情報

関連ランキング:うなぎ | 西鉄柳川駅矢加部駅徳益駅

福岡についてもっと知りたい人が読む本

福岡に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします