戦国焼鳥 家康 14号店 〜 博多駅博多口出てすぐ!!福岡で焼鳥といったら豚バラでしょう!! [福岡グルメ]

広告


福岡の博多駅の博多口を出てすぐのところにある、「戦国焼鳥 家康 14号店」に行ってきたのでご紹介。

出張のため夜の飛行機で福岡入り。

着陸したのが21:30でホテルにチェックインして荷物を置いたら22時を過ぎていた。

でも、ちょっと食べて飲みたいと思い、駅前をぶらぶらと散策。

全国チェーン系の居酒屋は入っても面白くないし、一人だとつまみの量が多すぎるのでパスしつつ、地元ローカルっぽいお店を探して入った。

それが「戦国焼鳥 家康」であったというわけ。

さっそく紹介しよう。

戦国焼鳥 家康 14号店 〜 博多駅博多口出てすぐ!!福岡で焼鳥といったら豚バラでしょう!! [福岡グルメ]

▲ やってきました、博多駅。

普段は昼前に博多入りするので、夜遅くに入るのは初めて。

 

▲ 昨年大陥没事故があった現場は、もう何ごともなかったかのように平然としている。

 

▲ 大陥没の交差点を駅を背にして右に曲がってすぐのところに「戦国焼鳥 家康 14号店」がある。

店名の意味がまったく分からないが、そこはご愛嬌。

あと、お店にはどこにも14号店とは書いていないが、ネットで調べて判明したもの。

 

▲ 朱色の暖簾がめちゃくちゃ目立つ。

 

▲ メニュー。

福岡の焼鳥屋には、焼鳥がほとんどない。

ここも、豚や牛、野菜が多く、取りはほんの数種類しかない。

 

▲ 東京だったら、これは焼鳥屋ではなく、「串焼き屋」に分類されるのだろう。

福岡では焼鳥屋というのは、こんな感じ。

 

▲ ハイボールで一人乾杯。

 

▲ 目の前で炭火で串を焼いてくれる。

 

▲ そうそう、福岡では焼鳥を食べるときにはキャベツが一緒に出てくる。

これは大阪だと串揚げ(串カツ)屋で出てくるスタイル。

いろいろ文化が違って面白い。

 

▲ まずは牛バラ串が登場。

この家康の串は冷凍ではなく生にこだわっているのだそう。

串の間に野菜を挟んでいるのは、冷凍していないというこだわりを目に見える形にしているのだとか。

 

▲ 特製のタレが出てくる。

ドレッシングみたいな、酸味の強いタレで、キャベツや串をこれにつけて食べても良い。

 

▲ うずらの玉子。

 

▲ そして豚バラ串。

福岡で焼鳥屋に入ったら、まずは豚バラ串でしょう。

 

▲ ニンニク焼きは豪快。

 

▲ アスパラベーコン巻。これが美味かった。

 

▲ 牛タンステーキ串。

 

▲ 続いて牛タンスライス串。

この牛タンシリーズは、あまり風味がなくて良く分からなかった。

 

▲ ニンニクの芽の肉巻を頼んだら売切れで、白ネギ巻。

これも美味かった。肉巻系が美味い。

ここでおなかいっぱいになったので終了。

まとめ

気取らない大衆店で、人気があり、どんどん人が入れ替わり入ってくる。

地元の会社員の人たちらしき人たちがワイワイと盛り上がっていたり、カウンターで一人飲んでいたり。

福岡らしい、活気のある良いお店でした。

戦国焼鳥 家康 14号店 お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 博多駅祇園駅中洲川端駅

福岡をもっと知りたい人が読む本

福岡グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします