執筆時 iPhoneは「機内モード」に

広告


最近何人かの人と話をしたのだが、そのときに相手の方にビックリされたので記事にしてみる。

140331-01-1

僕は書籍やブログの原稿を書いたり、セミナーの資料を作ったりするときには、iPhoneもMacもネットを切ってしまう。

つまりiPhoneは「機内モード」にする。

Macは執筆に必要なアプリ以外は全部閉じてしまう。もともとMacの通知センターは使っていない。

なぜか。

通知がとてもジャマだからだ。

 

 

 

その「通知」必要ですか?

書籍の原稿やブログの記事執筆は、高度な集中を必要とする仕事だ。

僕は原稿を書く仕事のときには25分集中して5分休む「ポモドーロ・テクニック」を使っている。

デスクに座り原稿に集中するときには音楽も聴かない。

強力耳栓モルデックス・メテオをして、周囲のノイズを遮断しているほどだ。

原稿に集中したいときに、電話が鳴ったりiPhoneのロック画面にチカチカと通知が出るのはジャマなのだ。

なので原稿を書く仕事を始める前には耳栓をして、iPhoneを機内モードにして、MacのメールやTwitter、それにブラウザのFacebookなどを全部閉じて作業開始となる。

iPad Airはそもそもほとんどのアプリの通知をオフにしてしまってある。

 

 

SNSの通知は友達からのコメントやメッセージのことが多く、届くとつい見たくなる。

仕事中でなければすぐにチェックして反応するわけだが、原稿を書いているときに、つい見に行ってしまうと、集中力がガタガタになってしまう。

なのですべての通信機能を遮断する「機内モード」で仕事をするのだ。

 

 

 

電話も切って大丈夫?

iPhoneを機内モードにすると、電話も鳴らなくなる。

電話は直接留守番電話につながるようになる。地下など電波が届かない場所に行ったときと同じ状態だ。

何人かの人にこの話しをしたら、ずいぶん驚かれた。

「電話はさすがに切れないなあ」ということを言われて、逆に僕が驚いてしまった。

iPhoneのロック画面への通知も集中の妨げになるが、電話の着信はそれ以上に集中力を妨げる。

電話というツールは、相手が何をしていようが構わず、相手の時間に土足で踏み込む性質を持っていることを忘れてはいけない。

原稿を書く仕事をしている最中に、電話が掛かってきて作業を中断させられると、電話のあとに元のレベルに集中力を高めるのに時間がかかるのだ。

そもそも僕のいまの仕事において、電話でないと困る、という仕事のやり取りは、一ヶ月に1〜2回くらいしかない。

しかも1日中機内モードにしっぱなしというわけではない。

午前中の数時間、午後の数時間切っているだけだし、休憩の間は通信をオンにして、遮断していた間の着信を確認している。

用事があれば相手は留守番電話に吹き込んでくれているので、こちらから折り返すなりのアクションを取る。

留守番電話に残っていない場合も、SMSに不在着信履歴が残っているので、そちらを確認し、アクションが必要な場合はアクションを取る。

このやり方で仕事はまったく問題なく進んでいる。

 

 

 

「電話は嫌い」と公言すること

僕は普段からあちこちで「電話が嫌いです」と言って歩いている。

すると相手も理解してくれて、電話はめったに鳴らなくなる。

名刺にも携帯電話の番号は載せていない。

もちろん書籍の校了間際に緊急の修正をしないといけない場合や、祖母が危篤でいつ病院から電話が掛かってくるか分からなかった時期は、常時電話をONにしていた。

そのような例外を除くと、電話は必要なときだけ有効に使うツールとして僕の中では定着している。

「絶対に使わない」というようなことを言っているのではなく、必要なときに有効に使うというのが、僕にとっての電話なのだ。

 

 

 

まとめ

一部業界などでは、「メールで連絡するのは失礼にあたる」と考えている営業さんが多いこともある。

毎回やたらと電話がかかってくるのだ。

そのような方には、「集中力を要する仕事をしているのでやりとりはなるべくメールにして欲しい」とお願いする。

それでも中にはこちらがメールで連絡しているのに、わざわざ電話で折り返してくる方もいて苦笑い。

メールなら記録にも残るし僕も自分の都合の良いタイミングで返信できるのだが、それだと物足りないようなのだ。

そのような例外はあるが、ほとんど電話が鳴らない生活というのは、なかなか快適である。

集中するときは通知は切る。効率化にすごく威力を発揮すると思う。

試してみてはいかがだろうか?

 

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ)高嶋 美里 KADOKAWA/角川学芸出版 2014-02-22
売り上げランキング : 363

by ヨメレバ

 

iPhone習慣術堀 正岳,佐々木 正悟 インプレスジャパン 2011-12-09
売り上げランキング : 181246

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします