再び朝に移動 日刊たち vol.115 新米フリーエージェントな日々

広告

一週間ほど更新の時間帯を夜に変更していたこの「日刊たち」。

検討の結果、再度更新を朝に戻すことにした。

 

理由は単純で、夜に変更することで得られると思ったメリットが予想より少なく、却ってデメリットが大きかったため。

 

 

予想していたメリットは、朝に日刊を書いていた時間に他の記事を書くことで、朝の新鮮な脳を有効に使えるのではないか、ということ。

ところが、これが思ったほどうまくいかなかった。

 

 

いつも日刊は早朝から午前中にかけて書いていて、自分にとってこの日刊が、程よいウォーミングアップになっていたようだ。

日刊を書かずに、朝一番から仕事の原稿やブログの書評などを書こうと思っても、どうも調子が出ないのだ。

結果、日刊を書かずに、他の原稿も書かずに過ごしてしまったりして、まったく無意味だった(^_^;)。

 

 

そして、もう一つメリットになるのではないかと思っていたのが、夜の時間の活用だ。

僕は朝型人間なので、夜の時間に長い文章を書くのは苦手だ。

この日刊なら、書評やアプリレビューなどに較べて、自分自身のことを適当に書き殴っているだけだから、夜でも簡単に書けるのではと思ったのだ。

 

 

ところが、これがなかなか上手くいかない。

書評やアプリレビューなどは、書くべきことがもともとある程度決まっていて、それを文章という形にしていく「変換作業」的側面がある。

ところが、日刊は日々、その時その場でぱっと思いついたことを書くので、ロジックも定型ではないし、文書量も日によって全然違う。

自由だからこそ、実は意外と頭を使っていたようなのだ。

 

 

夜は頭が働かない。

そうすると、日刊を書くことが、猛烈に辛い作業となってしまう。眠いし。

もともと書くのが楽しいからこそ続けている日刊なのに、書くのが辛いとは完全な本末転倒。

 

 

というわけで、やはり一日のウォーミングアップとして、日刊は朝に書くことにしました。

いろいろ試行錯誤しつつ、ベストな形を見つけたいと思います。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします