「六本木」は「麻布」の一部だということを無駄に熱く語ってみる

広告

引っ越しの日が近づいているが、「新居の住所が六本木になる」という話をすると、「麻布から出られるのは寂しいでしょ」と言われることがある。

「麻布から六本木に引っ越す」という言葉の違和感

そう言われるたびに、毎回「いやいや、違うんですよ」と口頭で訂正してきたのだが、何度も説明するならブログに書いておこう、ということで書く。

結論からいうと、「六本木」というのは、「麻布」の一部なんです、ということ。

この言い方だと分からないかもしれないので、もうちょっと丁寧に言う。

六本木という地名はもともとは狭い範囲の「町名」で使われていたものが拡大したもので、麻布という地名は、もともとは六本木も含めた広域の「地域の名前」だった、ということ。

六本木と麻布があるのは東京都港区だが、港区というのは、もともと「芝区」「麻布区」「赤坂区」という3つの区が合併してできたもの。

「麻布」というのは、もともとは「区」の名前になるくらい、広域の地名なのだ。

それに対して「六本木」というのは、麻布区の中の一つの小さな町の地名だったのだ。

 

 

 
 

六本木は麻布の中の一つの町だった

麻布と六本木の関係を説明するには、「日本橋」という地名を考えると分かりやすい。

日本橋という地名は、日本橋駅や日本橋という橋の周りだけを指すものではない。

いまの中央区も日本橋区と京橋区が合併して成立した区だが、旧日本橋区だった地区は、地名に「日本橋」という名前を冠に付けている。

たとえば、「日本橋人形町」「日本橋小伝馬町」というような形に。

「日本橋」の冠を掲げる地名が付く地域すべてが「日本橋地区」なのであって、駅や橋がある場所だけが日本橋なのではない。

麻布と六本木の関係もそれと一緒なのだ。

つまり、六本木とは、もともとは麻布区にあった小さな町名にすぎなかったのだ。

場所でいうと、六本木交差点の、芋洗坂周辺の一帯になる。

麻布一帯にある他の町と同じように、麻布の冠を付け、「麻布六本木町」と呼ばれていた。「麻布竹谷町」「麻布桜田町」「麻布市兵衛町」などと同じように。

ところが、昭和42年ごろから始まった住居表示による町名変更で、役人さんたちが、六本木という地名を昇格させ、「麻布」と同格にしてしまった。

しかも、そのときに、六本木から「麻布」という冠を取ってしまった。

その結果、「麻布」という広域地名の中に、ぽつんと麻布の文字が入らない、六本木という異質な街が誕生してしまったのだ。

 

 

麻布地区で唯一「麻布」の文字を持たない町

港区の、麻布地区を構成している町名を見てみよう。

西麻布、南麻布、元麻布、麻布十番、麻布台、東麻布、麻布狸穴町、麻布永坂町、そして六本木。

六本木だけが、「麻布」が付かない麻布の町となってしまったわけだ。

しかし、こんな歴史の話なんて、普通の人は知らないので、「麻布」と「六本木」は当然「別の町」と考えられてしまうのも無理はない。

だから、「麻布から六本木に引っ越すんですね。麻布を離れるのは寂しいでしょう」という方の反応はもっともなのだが、僕はやはり、毎回ちゃんと説明をしたい。

なぜなら、旧来の町名は、太古の歴史の中で発生して歴史を刻んできたものだ。

もともとの町名を何らかの形で残していくことは、とても大切なことだと僕は思っている。

例えば、僕が育った西麻布1丁目一帯は、「旧麻布霞町」で、僕が通った笄小学校があるのは「旧麻布笄町」。

三十代前半から住んだ場所は「旧麻布宮村町」、そして今住んでいるマンション一帯は「旧麻布一本松町」だ。

そして次に住むマンションがあるのは「旧麻布仲ノ町」になる。

 

 

町に歴史あり。町に生きた先人たちの歩みに想いを馳せる

町には人が住んだ歴史があり、そしてそこに生きた人たちの息吹が町名から伝わってくる。

いまは「六本木」「麻布十番」「元麻布」という地名を纏っていても、本来の町の成り立ちや由緒は、すべて旧町名に宿っているのだ。

なので、僕は旧町名が大好きだし、旧町名をとても大切にして生きている。

というわけで、僕は「麻布十番から六本木に引っ越す」のではなく、「麻布一本松町」から「麻布仲ノ町」に引っ越すわけです。

なので、「麻布から出ていく」のではなく、「麻布の中でのご近所引っ越し」だと捉えております。

何卒よろしくお願いいたします(何が?)。

 

 

立花岳志お知らせコーナー

7期「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」開講!

5/30(土)より、立花岳志・大塚彩子夫妻のフラッグシップ講座、7期ツナゲル ライフ インテグレーション講座(TLI講座)が開講します!
「人生を劇的に変える!超実践 3daysワークショップ」が全面リニューアル!2日 x 2ヵ月の濃密な講座で、人生の本質に切り込んでいきます!
ぜひご参加ください!

7期 「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」東京、5/30(土)より開講!お申込み受付開始します!! | No Second Life

 

 

情報発信・ブランディング講座開催!

5月9日(日)に東京で、6月6日(土)に大阪で、7/18(土)に名古屋で、「情報発信・ブランディング講座を開催します!
ブログとSNSを基点にして自分をブランド人化して、好きなことを仕事にでき、自由に豊かに生きる人になりましょう。
その成功法則を伝授します!
ぜひご参加ください!

5/9(土)東京「情報発信・ブランディング講座」 – No Second Lifeセミナー | Doorkeeper

 

 

 

 

6/6(土)大阪「情報発信・ブランディング講座」 – ツナゲルコミュニティー | Doorkeeper

 

 

 

7/18(土)名古屋「情報発信・ブランディング講座」 – ツナゲルコミュニティー | Doorkeeper

 

 

 

立花岳志個人コンサルティング

立花岳志の個人コンサルティングのご予約はこちらから。
自分の好きなことをして生きていきたい方、情報発信で人生を変えたい方、戦略的なブランディングをしたい方、自分の強みを知りたい方の夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。
90分の基本コースのほか、3時間枠、3回コース、6回コースの割引もご用意しています。
ぜひご活用ください。

立花岳志 個人コンサルティング | No Second Life

 

スーパービジュアル版 江戸・東京の地理と地名

鈴木 理生 日本実業出版社 2006-11-30
売り上げランキング : 88856

by ヨメレバ

 

東京の100横丁

矢吹 申彦 フリースタイル 2014-06-16
売り上げランキング : 245920

by ヨメレバ

 


 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

経営者・個人事業主・自営業者・クリエイター向けの超本格的連続講座開催!!

作家・ブロガー・カウンセラー立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子夫妻が直接指導する、5ヶ月間の連続講座「2期ツナゲル ライフ インテグレーション講座ビジネス」9月開講!! 独立後6年で年収をを6倍に伸ばし、世帯年収5000万円となった二人がビジネス飛躍のために必要な「あり方」と「やり方」をすべて伝授します。 多くの修了生が劇的に飛躍している人気講座、ぜひご参加ください!!

2期TLIビジネスについて詳しくはこちら

立花岳志が直接指導するブログとブランディングと心の講座!次期開催決定!!

7冊の本を出版し作家・ブロガー・カウンセラーとして活動する立花岳志が直接指導する連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)次期開催決定! 東京・大阪・名古屋で9月よりスタート!!

立花B塾について詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします