時間管理はどこまでいっても難しい

広告


先週から次の書籍の原稿書きを再開した。

3月末から書き始めていたのだが、4月後半から引っ越しのドタバタで中断していたのだ。

月曜から金曜日まで、平日は毎日1時間半程度を執筆の時間に充てるようになった。

執筆自体は楽しく順調。中身も今のところ満足いく水準となっていると思う。

執筆が順調であること自体は素晴らしいことだ。そしてブログも最近書くのが楽しくて、アクセスもまあまあ多め。嬉しいコメントもいただいて良い感じである。

ここだけ見ると万歳なのだが、物事には光の部分があれば必ず陰の部分もある。

時間管理はどこまでいっても難しいと実感しているのだ。

 

 

書籍を1時間半書くようになるということは、今まで24時間でこなしていた他のタスクを22時間半でこなさないと、何かがこぼれることになる。

一週間で7.5時間。大した時間ではないはずなのだが、先週と今週は、この時間の穴埋めが上手くいかず、日々の「良い習慣」がこなせない状態が続いている。

しわ寄せが出ているのがランニングと読書だ。

毎日走ってはいるし、本も読んではいるが、走行距離短め、読書時間もかなり短めで、満足度が低い。

仕事優先だから、書籍やブログ、それにセミナーやワークショップの準備などに追われて、ランニングと読書が後回しになってしまうのだ。

でも寝る時間がないほど働いているわけではない。問題は外出の多さだ。これは先週も書いたとおり。

 

 

やっていなかった「原稿執筆」という新たな大きめのタスクが生活に割り込むのだから、意識的に他のタスクを整理して、枠を開けるようにするべきだった。

具体的に言えば、会食や外出しての打ち合わせなどの予定を意識的に減らし、執筆というタスクが入っても、ランニングや読書などの良習慣が滞らないようにするべきだった。

しかし今回はまったくその点を考慮せず、普段以上に外出の予定を入れてしまっていたので、ぎゅうぎゅうに予定が詰まってしまい、「タスクをこなすのに精一杯」な感じになってしまった。

 

 

セミナーなどでも「何か新しいことを始める時は、セットで止めることを決めなさい」と説明しているのだが、ふっと気を抜くとこういう状態になってしまう。

僕は人と会うことが大好きで、人に会うことで受ける刺激もとても重視しているのだが、そればかりになって自分の日々の良い習慣が実行できないのは困る。

明後日からは関西出張も控えているので、意識して時間を大切にするように気をつけよう。

 

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)本田 直之 幻冬舎 2007-05
売り上げランキング : 4447

by ヨメレバ

 

7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則スティーブン・R. コヴィー,レベッカ・R. メリル,A.ロジャー メリル キングベアー出版 2000-07
売り上げランキング : 5462

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします