年収1億円になるためのノート by 午堂登紀雄 〜 発想・行動・習慣を変えれば「凡人」を抜け出せる

広告


午堂登紀雄さんの「年収1億円になるためのノート」という本を読んだのでご紹介。

年収1億円とこうして書くのは簡単なことだが、実際にそれを実現するのは簡単なことではない。

午堂さんはコンビニ店員からスタートして年収1億円を突破した実績を持つ方だ。

年収が多ければ幸せになるかどうかは別問題として、稼ぎを上げ年収1億円に到達したいと夢見る人は多いだろう。僕も含めて。

年収1億円を突破して豊かに稼ぎ続けるためのノウハウを得たくて本書を手に取った。

さっそく紹介しよう。

年収1億円を達成するには「起業力」が不可欠

仕事をしている人は、「自分でビジネスをしている人」、つまり起業している人と、会社や役所、組織、店舗などに勤務している人に大別される。

もしあなたが年収1億円を目指すなら、自分のビジネスをする力、つまり起業する力が必須ということになる。

日本では残念ながら会社員としてお給料をもらいながら年収1億円に到達することは非常に難しい。

組織のトップである社長や役員ですら年収1億円には遠く及ばないのが実情だ。

なので、いまの段階でサラリーマン、会社員をしていて、年収1億円を目指したいならば、自らの力でビジネスを立ち上げる起業力が不可欠となる。

そして、そのために絶対に必要なスキルが「マーケティングの視点」であると午堂さんは説いている。

以下引用しよう。

「起業力を身に付けるために、大事な第一歩は「マーケティング的な発想を持つこと」です。

突き詰めて考えれば、ビジネスは「みんなの抱えている問題を解決する」「夢を叶えるサポートをする」のどちらかでしかありません。

つまり世の中の人は何に不満を持っていて、何に困っているかという問題意識を持ち、どうしたらその問題、コンプレックスを解決してあげられるかを、常にリサーチすることで、ビジネスのネタの足掛かりが見つかるはずです。

そのために「マーケティングの視点」から物事を考えることが必要となるわけです。

「マーケティングの視点」とは、すなわち常に商品やサービス、店舗などの「舞台裏」を意識して日々生活することを意味する。

流行っている店やサービス、商品がどのように展開されているのか、どのようなニースを汲み取っているのかを洞察する訓練をしよう。

「貯金」の代わりに「投資する」「経験にお金を使う」

年収1億円の人というと、多額の貯金を持っているというイメージを持つかもしれないが、それは違うと午堂さんは書いている。

貯金というのは、お金がただ寝ている状態で働いていない。

年収1億円の人の発想は、「お金にどんどん働いてもらい、さらにお金を呼んできてもらう」である。

だから年収1億円の人は貯金ではなく「投資」にお金を惜しむことなくつぎ込んでいく。

一時的に何千万、何億円という残高になることがあっても、次の瞬間にはほぼゼロ円ということも当たり前のように起こる。

現金を貯め込むことではなく、手もとにある現金にいかに働いてもらうかを考えるのが、年収1億円の人なのだ。

また、年収1億円の人はお金の使い方に徹底的にこだわる。

ブランド品を持ち、海外旅行にしょっちゅう行き、高級外車に乗り、子供は有名私立校へ。

そのように「まんべんなく贅沢をする」人は、そのときの年収は多くても実は赤字だったりする。

年収1億円の人は、使う価値があるものには惜しみなくお金を使うけれど、見栄や世間体のために「まんべんなく」お金を使うことはしない。

見栄のためにお金を使ってしまっては、肝心の「投資」にお金を回すことができなくなるからだ。

年収1億円の人はローンが大好き

ローンというと「借金」、「金利」、「良くないこと」というイメージが強い人も多いだろう。

しかし午堂さんは年収1億円の人は「ローンほど素敵なものはない」とまで言い切る。

「お金持ちはキャッシュで一括で払えるとしてもわざわざローンを使います」

午堂さんはこのように書いている。

その理由は、ローンに支払う金利以上の利回りでお金を増やせるから。

一括で払ってしまうと手持ちの資金が減ってしまうが、ローンにして手持ちの現預金を多く持てる状態を維持する。

そしてその資金を高い利回りで運用することで、より大きなお金を得ることができる。

午堂さんは「普通の人が年収1億円を達成するためには借金(ローン)は欠かせない方法のひとつ」と断言している。

不動産投資を始めるにしても、元手の資金を貯金してからスタートするのでは、何年も、もしかしたら何十年も時間がかかる。

しかし銀行から融資を受けて買えばすぐに取得することができる。

ローンにより時間もお金も節約することができるという発想を持つことで、借金は怖いものではなくなるのだ。

「複数の収入源」を持つ

僕自身サラリーマンを卒業して独立・起業してまもなく9年になるが、この「複数の収入源を持つ」というのは非常に重要だ。

たとえば僕にとってブログの執筆も収入源である。

しかもその収入源は直接的、間接的に多岐に渡る。

まず直接的には、Amazon、楽天、バリューコマース、リンクシェア、A8.netの広告の報酬がある。

同じく直接的にGoogleのアドセンス広告からの収入。

さらに別ブログでnoteの継続課金マガジンを持っていて、その売上も直接収益になる。

つまり、「ブログからの直接収益」だけで7つの収益源を持っていることになる。

さらに間接的な売上としては、書籍やセミナー・講演会・イベントなどの告知・宣伝をしたり、個人コンサル・セッションのお申し込み受付をしたりと多岐に渡る。

書籍にしてもいまは電子化されずっと売れ続けるので、7冊の本はそれぞれが独立した収益源として機能するし、セミナーも多岐に渡るコンテンツを持っているので、それぞれが独立して収益源になる。

午堂さんも本書で「ブログ起業」を推薦している。

最初から大きな金額は稼げなくても、「情報発信しつつお小遣いを得る」習慣が身に付けば、それをじわじわ拡大していくことは難しいことではない。

まとめ

世の中のほとんどの人は年収1億円に到達しない。現段階の僕もそうだ。

もしあなたが年収1億円に到達したいと本気で願うなら、一般の人、つまり年収1億円にならない人と同じことをしていてはダメなんだと本書を読んで強く感じた。

発想・行動・習慣を全部マーケティング的にして、毎日生きることが「お金を生む行動」に直結し、しかもその金額を日々大きくし続けていく。

食べること、トイレに行くこと、眠ることなど、一見ただ惰性でしてしまうようなことにも意識を向け、「これはどんなビジネスになるか?」を考える。

考えたら実践し、それを習慣化する。

この繰り返しでお金を呼び込む体質が作られていくのだろう。

見栄を張らず本質を語る午堂さんらしい、骨太でパワフルな1冊でした。

オススメです!!

「年収1億円になるためのノート」のチェックはこちらからどうぞ!!

created by Rinker
WAVE出版
¥1,430 (2020/04/09 19:13:43時点 Amazon調べ-詳細)

お金に関する本の書評はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

 


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします