お金の真理 by 斎藤一人 〜 大富豪が教える「お金に好かれる5つの法則」 [書評]

広告

ひさしぶりの書評記事。

5月に自分の本の原稿を書き始めたら、ぱったり書評が書けなくなった。

脳みその使い方が変化したせいなんだけど、このままずるずる書けないのは不本意なので、まずは質より量より更新頻度で、とにかく書く。

というわけで、2ヶ月半ぶりの書評は、斎藤一人さん著「お金の真理 〜 大富豪が教える「お金に好かれる5つの法則」」。

斎藤一人さんといえば、以前高額納税者番付が発表されていたころ、11年連続でトップとった、日本一のお金持ちである。

しかも一人さんは、土地売却益などの利益ではなく、全部実業で稼いだお金だというのがすごい点。

一人さんの著作はいくつか読んでいるが、どれも奥が深い話ばかり。

この本もとっても良かった。

さっそく紹介しよう。

お金の真理 by 斎藤一人 〜 大富豪が教える「お金に好かれる5つの法則」 [書評]

本書はサブタイトルにあるとおり、お金に好かれる5つの法則を順を追って説明している。

この記事でもその順に沿って紹介したい。

1. お金は「知恵」と「忍耐」を学ぶためにある

人間は大別すると、「特殊な才能を持っている人」と「そうでない人」に分けられる。

特殊な才能を持っている人は、それを活かせばお金持ちになるのは難しいことではない。

いっぽう、特殊な才能を持っていない人は、どうすればお金持ちになれるのか。

それは、稼いだ収入の1/10、つまり10%を「自分にあげる」、つまり貯金をすることから始めよう。

稼いだお金がまったく手許に残っていないということは、あなたは自分が稼いだお金を全額「誰かにあげている」ことになる。

斎藤一人さんはこう書いている。

「家賃として大家さんにあげたり、食費としてスーパーにあげたり、バッグ台として鞄屋さんにあげたりしているの。

これって言い換えれば、大家さんやスーパーのために働いているのと同じことですし、言い方は悪いけど、「社会の奴隷」と一緒です。

もちろん、生きていくには生活するための家も必要ですし、体を養うためは食費もかかります。でも、稼いだお金が手元にまったく残っていないのだとしたら、「全部、誰かのためにあげているのと同じだよね」って言いたいの」

収入の1割を自分のために残す。

そして、財布に入っているお金を使ってしまわない、という「忍耐」を養い、知恵を磨く。

知恵と忍耐で「器量」を増やし、運を良くしていく。

お金持ちになる第一歩は、自分のためにお金を取っておくことから始まる。

2. 「なぜかお金が入ってこない人」は心のどこかでお金を嫌っている

お金持ちは、お金持ちになる方法を知っている。

だから、もしあなたがお金持ちになりたいなら、お金持ちの人に聞きにいけば、お金持ちになる方法を知ることができる。

ところが、日本では、なぜかお金持ちを悪人のように扱う風潮がある。

そして、お金をたくさん稼ぐことが、悪いこと、ずるいことのように言われている。

お金のことを嫌っていたら、お金持ちになることはできない。

一人さんはこう書いている。

「お金は決して汚いものではありません。一部の「汚い使い方をする人」がいるだけです。お金は神が作ってくれた最高の知恵なんです」。

3. 目の前の問題を解決すると豊かになれる

日々生きていると、さまざまな問題が起こってくる。

それらの問題はなぜ起こるのか。

それは、神様があなたを困らせようとして起こしているのではない。

あなたがそれらの問題を解決することで、あなたが成長するように、神様が問題を起こしているのだ。

たとえば、お金がなくて困っている人は「お金を持つ」という修業が与えられている。

次のステージでは、お金を持っていることが不安という人がいて、その人は「お金を持っても不安にならない」とい修業が待っているのだ。

なので、目の前の課題・問題から逃げたり目を逸らしたりせず、取り組んでクリアすることで、あなたの人生のステージが上がり、さらに豊かな世界へと移動することができるのだ。

4. 神様を信じる人は成功する

一人さんはこの本の冒頭で、「私は神を信じている」とのべている。

といっても、何か特定の宗教の話が出てくるわけではなく、ただ「大いなるもの」として神がこの本の中で頻繁に登場する。

一人さんは神を信じた方が成功するし、豊かになれる、と書いている。

その理由について、一人さんはこう書いている。

「神を信じないと、「人生の最高責任者は自分自身」ということになります。すると、「こんなことをしたらバチが当たるからやっちゃダメ」というような、自分の行動に対して歯止めがきかなくなる人が増えます。

人をいじめたり、悪いことをしたりすると地獄に落ちる」って思っていない人は歯止めがきかなくて、自分の人生をダメにしちゃうんだよね。

神は間違いができません。だから、私たちは神の最高傑作なんです。

「自分は神の最高傑作であり、価値のある人間なんだ」と思えると、価値のあることをするようにできているんだよね」

自分の本当の価値に気づき、価値あることをすることで、我々はお金持ちになっていくのだ。

5. 「自分は運がいい」と思い込めば運は良くなる

僕自身も自分が強運だと思っているのだが、強運の人に共通するのは、「自分は強運である」と信じていることだ。

強運の人は、自分の運気の上げ方を知っている。

いつも笑顔でものごとを肯定的に解釈していく。

自分の都合で事実を湾曲させることなく、あるがままの状態を肯定してくことで、どんどん運気が良くなっていく。

そしてお金持ちになる人は、「自分は運がいい」だから「お金持ちになれる」と思った人がなれている。

自分が運がいいと思っている人が、お金持ちになれると思い、毎月10%のお金を貯め始めると、加速の法則が働き、どんどんお金が貯まっていくという。

ただ、自分が強運だと思えない人はどうしたら良いのか。

自分を強運だと思えないのは、「怖れ」があるからだ。

さまざまな不安や過去のイヤな記憶などから怖れは作られるが、怖れには根拠がない。

だから、怖れが出てきたときには、「恐れない、怒らない、ツイてる、ツイてる」と念じて怖れを手放すと良い。

怖れを一つ一つ手放し、ちょっとずつ自分の波動を良いものに変えていく。

すると、あなたの波動が変化することによって、起こる現実もちょっとずつ変わっていく。

その積み重ねが、「ちょっと運のい人」から「わりと運のいい人」へ、それから「ものすごく運のいい人」へと、あなたを変化させていくのだ。

まとめ

この本で一人さんが書かれていることは、とても抽象度が高い「あり方論」である。

「具体的な稼ぎ方」とか「投資のノウハウ」というような、「やり方」の本ではない。

だが、正直いって、心のあり方が整っていない人が、どんなテクニックを学んでも、結局ダメなのだと僕は思っている。

なので、心の修業をして波動を上げ、自分を価値ある存在として認めていくことは、とても大切なことだと思う。

何箇所も心に響くポイントがある良書でした!

オススメです!

「お金の真理」のチェックはこちらからどうぞ!

お金に関する書評記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします