心・心理・あり方書評

乗り切る力 〜 何があっても大丈夫! SOS の自分を救い出す セルフケア 8ステップ

心・心理・あり方書評
スポンサーリンク

藤沢あゆみさん著、「乗り切る力」という本を読んだのでご紹介します。

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/24 14:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。

当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。

学び進化することも、より楽しい人生の構成要素の一つと僕は考えています。

学ぶために読書をし、読んだ本を紹介することも、このブログのメインコンテンツの一つ。

今回は藤沢あゆみさんの最新刊「乗り切る力」のご紹介です。

早速ご紹介しましょう。

スポンサーリンク

コロナ時代を正面から見据えた本

本書「乗り切る力」は2020年から2021年にかけ執筆され2021年9月末に刊行されている。

2020年からのコロナ時代に、様々な不安や不満、ストレスを抱えた人達や、現実に仕事を失った人達などに向けた応援メッセージと癒しの言葉に満ちている。

コロナの影響で友達や仲間、家族、恋人などと自由に会うことができなくなった人々。

人と人のつながりを感じることができず、家で孤独に呵まれている人々。

そういった人たちに向け、著者のあゆみさんが、ときには包み込むように優しく、ときにはユーモアを交え、ときには大胆に発想の転換を促しながら、コロナ時代を乗り切ろうとメッセージを送っている。

あゆみさんは、雑誌ananで「信頼できるカウンセラー20人」に選ばれており、まさに孤独や不安におののく人への温かい言葉が「これでもか」と満載で、読んでいて気持ちが温かくなる。

できないことではなく、できることにフォーカスしよう

本書は「癒し」「励まし」のメッセージだけではなく、発想の転換に関しても多く触れている。

緊急事態宣言下で、自由に外食もできなくなり、ステイホームを余儀なくされていた日々。

多くの人々がストレスを感じ、制約の中で不自由さばかりに目を向けていた。

そんな日々の中、 あゆみさんは発想の転換をしてダイエットにチャレンジする。

ステイホームで外出がなくなったあゆみさんは、ある日コロナ太りに陥っている自分を発見する。

危機感を抱くと同時に、「ステイホームなら普段より時間の自由がきくからダイエットしやすいはず」と考えた。

「STAY HOMEが明けたとき、見違えるようにスタイルがよくなってひととに会いたい!」

その想いからあゆみさんはこの活動に「STAY HOMEでスタイルアップ」という名前を付けた。

毎日1時間のダンスと軽い散歩、水を2リットル飲む、食べた食事の写真を撮る、毎週同じ服装で写真を撮る、など、ステイホームでもできる活動をコツコツ続けた。

活動に火がついたあゆみさんは、毎日の食事、体重、BMI値までをInstagramに投稿して公開し始める。

フォロワーからの応援も後押しし、あゆみさんは2020年末までに46kg、そして2021年5月17日、活動スタート1周年で45kgという目標体重をともにクリア。

コロナの影響でできないこと、制約も多く発生しているが、制約があるからこそできることにフォーカスすることの大切さをあゆみさんは説いている。

コロナ時代だからこそ、人と人の繋がりを大切に

本書で扱っているテーマは、不安、孤独、喪失感など、コロナ時代に行き詰まりを感じている人々が抱える心の問題だ。

それら心の問題の多くは、人と人が、特に大切な人と会いたい時に会えない、行きたい場所に行けないという閉塞感から生じている。

それら多くの人々が抱えている68の心の問題に、あゆみさんが8つのステップで一つ一つ処方箋を提示している。

まるであゆみさんがすぐ近くで傷ついた人に囁きかけているような、傷ついた心を慰撫するようである。

そして、あゆみさんが提示するメッセージは単に優しいだけではなく力強く、戸惑う人達を後押しするかのようでもある。

パソコンやスマホがどんどん発達し、我々は気軽に誰とでもいつでも繋がることができるようになった。

しかしコロナが流行したことで人と人が直に会うことが難しくなった。

会えないからこそオンラインでの飲み会やランチ会などもう開催されるようになったが、結局浮き彫りになった事は、人と人のつながりの大切さだ。

つながりを見失い戸惑い傷ついている人に向け、自身も72日間誰とも会わなかったと言うあゆみさんが、つながりを取り戻すべく温かい言葉を紡いでいる。

上から目線ではなく、すぐ隣を歩くお姉さんからの、力強く優しい応援メッセージが、心にじんわりと温かく響くのである。

まとめ

新型コロナウィルスが流行してもう一年半以上になる。

ほぼ全ての日本人が自由に行動したり外食したり人と会うことができない制約の中で過ごしてきた。

人との繋がりが制限される日々の中で、独りストレスを抱え不安や孤独、喪失感などを持て余している人も多い。

本書はそんな、孤独や喪失感に悩む人への心温まるメッセージ集だ。

ストレスを感じていたり、 心が落ち込む、無力感を感じるなど、人に打ち明けにくい想いを抱えているなら、この本が力になってくれるだろう。

「乗り切る力」、オススメです。

「乗り切る力」のチェックはこちらからどうぞ!!

乗り切る力

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/24 14:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

書評記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

勝間式 生き方の知見 お金と幸せを同時に手に入れる55の方法
勝間和代さん著、「勝間式 生き方の知見 お金と幸せを同時に手に入れる55の方法」という本を読んだのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、...
人生の目的
本田健さん著の「人生の目的」という本を読んだのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしてい...
自分を変える1つの習慣
ロリー・バーデン氏著、「自分を変える1つの習慣」という本を読んだのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための情報やメッ...
時間と空間を操る 「量子力学的」習慣術
村松大輔さん著、「時間と空間を操る 「量子力学的」習慣術」という本を読んだのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための...
ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す方法
ふと感じる寂しさ、孤独感。 多くの人が感じる感情なのではないでしょうか。 特にコロナで人と人が集まって語り合ったり、コンサートやライブなどで熱狂する、カラオケで発散するなどの行為がしにくい時期。 どうしても閉塞感も強くなり、人と人の繋がりも...
タイトルとURLをコピーしました