習慣書評

年収1億円になる人の習慣

習慣書評
スポンサーリンク

山下誠司さん著、「年収1億円になる人の習慣」という本を読んだのでご紹介しよう。

created by Rinker
¥1,336 (2024/04/19 05:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

著者の山下さんは高校卒業後故郷の静岡から上京し、19歳で年収180万円で美容師を始め、31歳で年収1億円を超えたという。

日本最大級の240店舗を展開する美容室「Earth」を展開する、株式会社アースホールディングスの取締役としてナンバー2を勤めている。

うち70店舗をフランチャイズ展開する株式会社サンクチュアリの代表取締役も兼任している。

本書は、年収1億円を稼ぎ続ける山下さんが自らに貸している習慣についてまとめたものだ。

習慣とお金はともに僕が追求したいテーマなので、手に取ってみた。

早速紹介しよう。

スポンサーリンク

電卓を叩くだけで「お金」に好かれはじめる

著者の山下さんはこのように書いている。

「年収1億円を超えたいのなら、「数字」を好きになることです。「お金は、数字によってあらわされる経済活動の結果」ですから、数字に強くならないと、当然、お金持ちにはなれないのです」。

そんな山下さんだが、若い頃は数字アレルギーでお金の計算が苦手だったという。

美容師はアーティストであり、クリエイティブな仕事をする人間に数字は必要ないくらいに思っていたそうだ。

しかし、知り合いの大成功している経営者から、「数字に弱い人は、お金にご縁がない人」とたしなめられた。

その経営者からのアドバイスで、常に電卓を持ち歩き普段からカタカタと計算をすることを勧められた。

そしてその日から常に仕事現場で電卓を叩き、数字を計算することが日課になったという。

すると、山下さんの数字に対する見方が大きく変化した。

まず、美容室の現場から異常値が出ていることを早期に発見できるようになった。

さらに、シャンプーやスタイリング剤などをスタッフが勝手に持ち帰っているケース等も、仕入れ比率などですぐに発見できるようになった。

それにより、社員は数字をごまかすことができなくなり、しっかり報告しないとばれると言う状況を作れた。

さらに、消費者心理を考慮した「端数価格」だと数字のトリックに騙されなくなるようになった。

数字に強くなるためには、数値を毎日見ることが大切。

そのために、常に電卓を持ち歩き、どんな数値でも計算できる状態を作ることが大切だ。

早起きで年収が上がる

多くの成功者が朝型生活を推奨している。

山下さんも早起きをすることで、年収が大きくアップしたという。

始業時間の2時間前に出社しても、始業時間に出社し2時間残業してもトータルの勤務時間は変わらない。

しかし、早朝に出社するメリットは計り知れない。

まず、脳がフレッシュな状態なので、仕事の効率が大幅に上がる。

さらに早朝の時間帯は来客もないし、電話もかかってこない。

誰にも邪魔されず自分の仕事に集中することができる。

朝なら1時間で昼の4時間分の仕事ができると山下さんは書いている。

また、朝早く起きると「1日を自分で作っている」と言う前向きな気持ちになる。

世の中が動き出す朝9時までに1日で1番大切な仕事は完了している。

その結果、朝9時以降はゆとりある気持ちで過ごすことができ、余裕を持って業務をこなすことができるのだ。

「譲っていい9」は無視して「譲ってはいけない1」を押さえる

ビジネスの現場では、経営者は常に改善したい事が山積しているものだ。

しかし、例えば10個主張したいことがある場合、すべてを主張してしまうと周囲から反感を買い、物事がうまく進まないことが多い。

10の主張を通そうとする結果、1つも通すことができなくなってしまうこともある。

そこで、10個視聴したいことがあるうち、最優先の1つだけを取り、残りの9個については譲ることが大切だ。

9を譲れば、絶対に死守したい1は取れるものだ。

そして、一番大切な位置をきっちりとってしまうと、副次的に、残りの球も手に入ることにつながる。

山下さんがフランチャイズオーナーになったばかりの頃、店舗運営には不満が多かった。

スタッフの挨拶、身だしなみ、技術など改善が必要なポイントは山積していたが、すべてを主張する事は控えた。

そのかわり、山下さんが絶対にゆずれないと考えた「チラシ配り」だけは全力を尽くそうとスタッフに徹底を図った。

効果的なチラシ配りができた結果客数が伸び、結果としてスタッフの経験値が上がった。

カットをする回数が増え技術が磨かれ、挨拶の回数が増えて笑顔を覚え、接客の回数が増えて身だしなみを意識するようになった。

結果として山下さんが目をつぶり譲った9も併せて改善されたのだ。

まとめ

高校を卒業し美容師として上京して裸一貫で31歳で年収1億円を稼いだ。

本書には山下さんご本人が 経験してきたこと、尊敬する経営者から学んだこと、実践してきたことが満載である。

読んでいて全体的に感じることは、「山下さんは年長者、先輩経営者などのアドバイスを徹底して即実行に移している」こと。

多くの人が、アドバイスを受けても行動に移さず自分を変えない中、山下さんは徹底して成功者をモデリングしてきた。

その謙虚さ、素直さが山下さんを若くして成功へと導いたと感じた。

スケールの大きい例え話なども多く、ワクワクしながら読める一冊だった。

僕も謙虚、素直にアドバイスを受け入れ、日々改善を繰り返していこう。

「年収1億円になる人の習慣」のチェックはこちらからどうぞ!

年収1億円になる人の習慣

created by Rinker
¥1,336 (2024/04/19 05:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

「年収1億円になる人の習慣」は僕のYouTubeチャンネルでも紹介してます!併せてご覧ください!

書評記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

勝間式 金持ちになる読書法
勝間和代さん著、「勝間式 金持ちになる読書法」という本を読んだのでご紹介しよう。 先日ブログにも書いたが、僕は長らく思うように読書ができないスランプだった。 スランプについての記事はこちら。 2021年末から突如長かったスランプを出し、本が...
「消費」を「投資」に変える 頭の良いお金の使い方
午堂登紀雄さん著、「「消費」を「投資」に変える 頭の良いお金の使い方」という本を読んだのでご紹介しよう。 午堂さんといえば、33歳で資産3億円を作り、お金や生き方、ライフスタイルなどに関するベストセラーを連発している人気作家さんだ。 僕は午...
本当の自由を手に入れる お金の大学
両@リベ大学長さん著、「本当の自由を手に入れる お金の大学」という本を読んだのでご紹介しよう。 この本は昨年受講したお金に関するセミナーで推薦図書として採り上げられていたもの。 最近、しっかりお金について学び直したいという気持ちが高まってき...
貯金感覚でできる 3000円 投資生活 デラックス
横山光昭さん著、「貯金感覚でできる 3000円 投資生活 デラックス」という本を読んだのでご紹介しよう。 今回ご紹介する「貯金感覚でできる 3000円 投資生活 デラックス」は、先日書評を書いた「「読む」だけで終わりにしない読書術」の本文中...
今日からできる、年収を10倍にする習慣術
鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)さん著「今日からできる、年収を10倍にする習慣術」という本を読んだのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく...

 

タイトルとURLをコピーしました