高岩寺 参拝レポート 〜 とげぬき地蔵尊 として知られる 巣鴨を代表する寺院に参拝!!

広告

東京都豊島区巣鴨駅から近い、「高岩寺」という寺院に参拝してきたのでご紹介しよう。

高岩寺は別名「とげぬき地蔵尊」として有名で、巣鴨を代表する寺院だ。

高岩寺の前の通りは「地蔵通り」と呼ばれ、4の付く日には縁日が開かれている。

僕が訪問した2022年1月24日はちょうど縁日の日で賑やかだった。

さっそく紹介しよう。

高岩寺 基本情報

寺院名 高岩寺
住所 東京都豊島区巣鴨3-35-2
電話番号 03-3917-8221
創建年 慶長元年(1596年)
宗派 曹洞宗
入場料 無料
駐車場 なし
ウェブサイト Wikipedia

Google

高岩寺 御由緒

以下、巣鴨地蔵通り商店街サイトからの引用。

曹洞宗萬頂山高岩寺は、約400年前(慶長元年=1596年)江戸湯島に開かれ、約60年後下谷屏風坂に移りました。明治24年、区画整備のため、当地(北豊島郡巣鴨町)に移転し、今日に至ります。御本尊はもとより霊験あらたかな「とげぬき地蔵」として知られる延命地蔵尊です。

高岩寺 地図とアクセス

JR・ 都営三田線 巣鴨駅徒歩6分。

最新!高岩寺 1回目の参拝レポート 2022年1月

参拝日と参拝方式

2022年1月24日(月)の昼に参拝。

当日の様子

▲ やってきました、巣鴨地蔵通商店街。

この日は4の日で縁日を開催していた。

 

▲ そして高岩寺 とげぬき地蔵尊に到着。

 

▲ 巣鴨には何度も来ていたが、高岩寺に参拝するのは初めて。

 

▲ 「高岩寺」より、「とげぬき地蔵尊」の方が知られている名称だろう。

 

▲ 境内にも屋台が出ている。

 

▲ 本堂に向かう。

てっきり「とげぬき地蔵」が見学できるのかと思ったら、秘仏であり非公開なのだそう。

 

▲ 初めましてのご挨拶の参拝。

 

▲ こちらは公開されているお地蔵様たち。

 

▲ 境内社の小僧稲荷。

名称が可愛らしい。

 

▲ こちらは「洗い観音」。

身体の調子の悪いところを洗うと快癒するそう。

 

▲ 商店街は大勢の人で賑わっていた。

この日のまとめ

以前大塚に住んでいた頃に良く来ていた巣鴨。

でも高岩寺に参拝したのはこれが初めて。

やっと参拝できて良かった。

東京寺社情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!