篠ノ井線 姨捨駅のスイッチバック! 長野から松本へ夜の移動が楽しかった!! [2016年4月 長野旅行記 14]

広告

JR信越本線と篠ノ井線を利用して、長野駅から松本駅まで移動した。

その際通りかかった姨捨(おばすて)駅のスイッチバックを体験したのでご紹介。

2016年4月、長野への旅、2日目の夜。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年4月 長野旅行記 目次

長野市でのトークイベントと懇親会が終わると、急いで松本市へと移動。

本当は長野市でもう一泊するつもりだったのだが、翌日が長野マラソン当日で、ホテルが完全に満室で予約ができず。

仕方がないので、翌日セミナーを開催する松本市に、夜のうちに移動してしまうことにしたのだ。

長野駅から松本駅までは、1時間15分強かかる。

ちょっとした移動である。

さっそく紹介しよう。

篠ノ井線 姨捨駅のスイッチバック! 長野から松本へ夜の移動が楽しかった!!  [2016年4月 長野旅行記 14]

160508-04 - 1

▲ JR篠ノ井線の普通列車で移動中。

僕は全然道中のことを知らなかったのだが、姨捨駅でスイッチバックがあるとアナウンスで聞き、ホームに出てみた。

 

160508-04 - 2

▲ 駅の表示もこんな風にジグザグになっている。

稲荷山側かぐっと高くなっているため、一旦戻って上る形を取っている。

 

160508-04 - 3

▲ 駅のホールから見た夜景が見事。

昼もさぞ美しいだろう。

 

160508-04 - 4

▲ 乗っている電車は小淵沢まで行くという。

 

160508-04 - 5

160508-04 - 6

▲ 展望案内図があった。

日中はアルプスの山々や、棚田が美しいようだ。

 

160508-04 - 7

▲ スイッチバックについては、特に説明書きはなく、図に書かれているだけ。

 

160508-04 - 8

▲ そして午後9時すぎ、無事に松本駅に到着。

 

160508-04 - 9

▲ もっと寒くなるかと思ったが、長野市よりも松本市の方が暖かいような気がした。

まとめ

まったく予備知識なしで乗り込んだ普通列車で、生まれて2回目のスイッチバックを体験できるとはビックリ。

特急列車など、姨捨駅を通過してしまう列車は、このスイッチバックを体験できないので、非常に良い経験だった。

次回はぜひ晴れた昼間に来てみたいねぇ。

旅の次の記事はこちら

2016年4月 長野旅行記 目次

長野をもっと知りたい人が読む本

長野関連情報はこちらにも!もう1記事いかがですか?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします