ハイデルベルグ 昼と夜 [Travel] [Photo]

広告

 

今回の出張中の写真はランニング中や夜のレストランなど、何度か掲載したが、まだ紹介していない写真にも幾つか見ていただきたいものがあったので、ハイデルベルグ特集ということで、まとめてみた。

ハイデルベルグは二年ぶり二度目だったのだが、前回より今回のほうがずっと景色を眺める余裕があった。前回は仕事でいっぱいいっぱいだったんだよな(^_^;)。

というわけで、ハイデルベルグ、昼と夜。

 

 

このページ一番上の写真はハイデルベルグ随一の絶景ポイント。お城からライン川と街並みを見下ろす景色。ハイデルベルグの街は地上から見るより高いところから屋根の統一感を見るほうがずっと迫力があってキレイだ。

そして上が聖堂とビール。俗っぽくてすみません(^_^;)。

 

 

お城に登るのにケーブルカーに乗ってみた。運転手がいない自動運転のハイテクケーブルカーだった。そしてお城に到着。どうやってこんな高い場所に建築材料を持ってきたのだろうか。

 

 

これはなかなか見事な眺めだった。年月とともにいたむだろう。

 

 

左上はライン川。前回着た時も思ったのだが、意外と川沿いには人がいない。セーヌのほとりにはたくさん人がいたが、こちらは何故全然いないのだろう?

右上は大聖堂。この周辺に門前市のようにお店がびっしり並んでいる。

左下はドイツの魚屋さんというところか。魚の種類はやはり少ない。右は大学のキャンパス。若者がたくさんいて活気があった。

 

 

そして今度は夜のハイデルベルグ。Vetterで飲んで食べた後の景色。

 

 

クリスマス・シーズンでもないのに暖色系のデコレーションが多く目に入る。そして気温もとても低い。季節が2ヶ月ほど後からきているようだ。

 

 

やっぱりクリスマスみたいだ。そしてホテルの名前がどうにも気になる(^_^;)。

 

 

本屋さんのショーウインドウ。”Spargel”はアスパラガスのこと。ハイデルベルグはホワイト・アスパラガスの名産地であり、しかも今はまさに収穫期のため、あちこちでアスパラ・フィーバーが巻き起こっていた

そして、ハイデルベルグの夜は更ける。

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら