ハイデルベルグ最後の夜はVetterで自家製ビールを [Restaurant] [Travel] [Photo]

広告

ドイツ出張でのお仕事も無事終了し、最後の夜はお客さんと一緒にハイデルベルグ市内で食事。

向かった先は、ライン川沿いのVetter(フェッター)というドイツ料理とビールの店。特徴はなんと言っても自家製のビール。店内に大きな醸造用の機械もあって、本格的である。

店はくの字になっていて、僕らが座った席は一番奥まった良い席だった。有名なお店とのことで、観光客がひっきりなしにやってくる。

頼んだ料理。左上がホワイトアスパラガス。ハイデルベルグの名産品でこの時期しか食べられないもの。右上がニョッキのようなパスタ。これも地元の家庭料理とのことだが美味しい。

左下がソーセージ。真ん中にソースが入っているのだが、すり下ろした林檎みたいな風味の甘いソースが良く合って美味しい。そして右下がポークソテーとダンプリングの盛り合わせ。ダンプリングはドイツ語の名前が分からなかったが、小麦粉をこねた団子状のもの。これも美味しい。

そして左が自家製の生ビール。ビールは3種類あって、上のはホイートのダーク。香りが素晴らしくて奥行きがあって素晴らしい。常温に近い温度で飲む。

そして右は地元の白ワイン。ドイツの白ワインは甘いというイメージがあったのだが、こちらにきて飲んでみたら、さっぱりしていてフルーティなものが多く、甘いものはなかった。

最初に頼んだソーセージが茹でたものだったので、焼いたものも頼んでみた。こちらは細いタイプのもので風味が違う。こちらも美味しい。

店内の雰囲気。コンデジで撮ると明るく写るのだが、実際はかなり暗い。右奥がビールを造っている機械(なんていうのかな?蒸留じゃないし)。

どーん!なかなか凄い迫力。いったい毎日どれぐらいのビールが造られ、どれぐらいが消費されているのだろうか。想像もできない。

お店の看板はこんな感じ。メインストリートからは辿り着けない場所にあるので、事前にしっかり調べてから行くことをお勧めする。僕らは結構迷った(^_^;)。

奥の石造りの建物がライン川にかかる橋(なんて名前かは知らない)。いい感じ。

というわけで、ハイデルベルグ最後の夜はvetterで美味しいビールとドイツ料理を満喫したのでした(^-^)。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします