在宅勤務・テレワークで消耗しない12のコツ 〜 9年在宅で仕事を続けてきた経験からのアドバイス

広告


4. 休憩を多めにとり定期的に立ち上がろう

オフィスには上司や同僚がいてちょっとした会話をしたり、お茶やお菓子を食べてリラックスする時間がある。

在宅勤務だと一人で仕事をすることになるので、休憩が足りず座りっぱなしになってしまうことが多い。

座りっぱなしは健康に非常に良くないことが分かっているし、休憩なしだとどんどん疲れが溜まって集中力が落ちてしまう。

一日座りっぱなしで休憩なしではグッタリ疲れてしまい、心も疲弊してしまう。

在宅勤務では積極的に休憩を多めにとり、その都度立ち上がるようにしよう。

僕は30分に一度休憩し、そのたびにデスクの前から立ち上がり、時には玄関から外に出たりして気分転換するようにしている。

5. 仕事の合間に家事をして気分転換をしよう

在宅勤務・テレワークだととにかく身体を動かす時間が足りなくなるのと、気分転換が難しくなる。

じっと座ってパソコンに向かって仕事をしていた人が、休憩だからと言ってそのまま座ってスマホでSNSを見ていたら、休憩になっていない。

それでは身体も動かさないし、目の疲れもむしろ増えてしまう。

僕のおすすめは、休憩時間に家事をすることだ。

僕は執筆と企画、それに管理業務が在宅でする仕事のメインだから、ずっとデスクでパソコンの前で仕事をしている。

休憩時間には席を立って、洗濯をしたり、洗濯物を畳んだり、ちょっとした掃除をしたりする。

朝昼晩にはしっかり食事を作り、後片づけもする。

洗ったお皿はすぐに拭かず、一仕事したあとの休憩時間に拭いてしまうようにしたりしている。

仕事の合間に家事をすると良い気分転換になって身体も動かすし、家がどんどんキレイになるし、自炊すると健康にも良いし家計にも優しくて一石二鳥どころか三鳥、四鳥だ。

6. 意識的に多めに運動をしよう

通勤していた人が在宅勤務になって体調を崩したり精神的に落ち込んだりする最大の理由は運動不足だ。

オフィスに通勤していた人、特に大都市圏の人は電車やバスで通勤していた人が多いだろう。

通勤は思っている以上に良い運動になっていたのだ。

また、オフィスの中も家よりは広い場合が多いし、昼休みに外に食事に出掛けたりお弁当を買いに行ったりする活動も運動になっていた。

それらが全部なくなってしまうのだから、意識的にかなり強い強度の運動をしてちょうど良いくらいだ。

僕は毎日筋トレ、ストレッチ、そしてランニングを日課にしている。

筋トレは翌日ちゃんと筋肉痛になるくらいまでやると良い。

ランニングは今月は200km走る予定でほぼ達成できそうだが、それぐらい運動していると鬱屈する感覚はまったくなくなって爽快だ。

また在宅勤務で運動不足になると、「夜に眠くならない」ことが問題になる。

これも運動不足と、あとは太陽の光を浴びないためのセロトニン不足のせいなのだが、がっつり運動すれば太陽の光も浴びれるし、身体が疲れて夜しっかり眠くなる。

ちゃんとした睡眠は何より大切なので、夜に眠くなるためにもしっかり運動をしよう。

 

【次のページ 在宅勤務・テレワークを快適にするコツ 7〜9】


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!