iPadとかKindleとか発表されたので今思っていることをつらつら書いてみる

広告

昨日未明に発表されたiPadとiPad mini、そして昨日電撃的に発表されたAmazon Kindleの日本発売。

Appleの情報は事前にダダ漏れだったのに対して、Kindleの日本発売は僕が知る限り全然リークがなくてビックリした。

まあ、Kindleの日本発売は1年近く前から「もうすぐ」「もうすぐ」と言われ続けていたので、本当の意味での「サプライズ」ではないのだが。

 

 

iPadを買うかiPad miniを買うか、それともKindleか。Kindleと言っても大別して2種類、電子書籍リーダーKindleと、タブレット端末Kindle Fireがあるので4種類あると考えよう。

僕は今回どれを購入するかはまだ決めていない。ただ、スペックや価格で選ぶつもりはなく、「利用目的」で選びたいと思っている。

 

 

僕が持っているiPadは初代のものだ。iPad 2も春に出た三代目も購入しなかった。

何故か。理由は簡単で、毎日使い続ける利用シーンが僕には見出せなかったからだ。

 

 

僕はiMacとMacBook Air 11 inch、それにiPhone 5を日々使っている。この3つのデバイスに関しては、かなりのヘビーユーザーを自覚している。

ところが、初代iPadは利用シーンが見つからなかった。購入当初は色々試していたのだが、徐々に出番が減り、今ではずっとタイマーアプリ “Due” が起動したままになっていて、時間管理に使うのと、クックパッドを見ながら料理を作る時に使うのみだ。

 

 

まずは僕がiPadの利用シーンを見つけられなかった理由を幾つか考えてみた。もちろん世の中にはiPadを使いこなしている方がたくさんいるのは承知のうえ。あくまでも僕のケース。

 

 

iPadを使いこなせなかった僕の個人的事情

・自宅にPCを使わない人(子供など)、ライトユーザーがいない

一時期iPadをリビングの食卓に置いたこともあった。

食事の時などに奥さんと一緒に画面を見たりするかと思ったのだ。

でも結果としてiPadをリビングで使うことはほとんどなかった。

僕の奥さんも2台のMacとiPhoneを所有する、比較的ヘビーなユーザーだ。

作曲の仕事をする関係で、僕が全然知らない音楽系のアプリもたくさん持っているし、音楽用のキーボードとMacが繋がっているので、奥さんのデスクは「要塞」みたいになっている。

僕も奥さんも写真を見るならMac、ちゃちゃっとやり取りするならiPhoneとなってしまい、iPadの出番がなかったのだ。

家庭において、奥さんがPCを使わない人だったり、お子さんがいたりすると、もっとたくさんの出番があるように思う。

「iPadの利用シーンは買ってから考えよう」と思い買ったのだが、いまいち出番がなかった、というのが実感だ。

 

 

・iOSでは親指シフトが使えない

これもとてもマイナーな理由で恐縮なのだが、僕にとっては大きなこと。

僕は親指シフトユーザーだ。Macのキーボードは常時親指シフトになっていて、日本語は親指シフトでしか打たない。

iPadにはソフトウェアキーボードがあるし、Bluetoothのキーボードも実際購入して試してみた。

Bluetoothのキーボードを使えば結構快適にタイプできるのだが、あくまでもローマ字入力になる。

iPadと外付けキーボードを持って出かけて長文を打つなら、親指シフトが使えるMacBook Airを選ぶ。

リビングでも使わない、外出先でも使わない。そんな可哀想な状況になってしまった。

 

 

・自炊して本を読まない、紙の本が好き

僕はScanSnap S1500MとPlusの裁断機を持っている。

自宅で自炊ができる環境なのだが、自炊するのは主に自分が掲載された雑誌の記事などで、書籍はほとんど自炊していない。

ScanSnapは大活躍で、毎日必ず使っているのだが、「自炊」に限ると出番は少ない。

その理由は、やはり紙の本が好きだからで、読了した本であっても、バラバラに裁断してしまうのは忍びない。

一時期は読み終わった雑誌は全部スキャンして文字認識PDFにしていたのだが、日本語文字認識は、1. 縦書きの認識率がとても低い、2. 白抜き文字(背景に色がついていて文字が白く抜かれているもの)がまったく認識できない、など、かなりクリティカルな問題があり、自炊をやめてしまった。

 

 

・電子書籍市場の問題

自炊しないとなると、本を読むなら電子書籍で、ということになる。

僕が日常的に読んでいる本の90%以上が実用書、特にビジネス書が多い。

そして残念ながら、今まで日本の電子書籍市場というのは、ほとんど機能してこなかったというのが実情だろう。

僕自身電子書籍も出版しているし、最初の紙の本「ノマドワーカーという生き方」も電子書籍化された。

でも、プラットフォームが統一されていなかったり、発売から大幅に時期が遅れて電子化されたり、価格が紙の本と同じくらいか、割引率が低かったりと、買いにくい状態が続いていて、あまり買う気になれなかった。

というわけで、電子書籍リーダーとしても、iPadは出番がなかったのだ。残念ながら。

 

 

というような状況のなか、iPadとiPad mini、そしてKindleが発表された。

さてどうしたものか。

 

 

 

買うならKindle Paperwhite 3Gだが、ストアの充実度次第

というわけで、iPadの出番がなかなかなくて残念な状況な僕なわけだが、今回もし買うとすれば、Kindle Paperwhite 3Gかな、思っている。

タブレットが使いこなせていないのに、Apple以外のタブレットを買い足しても無意味なのでKindle Fireは最初に候補から外れる。

そしてiPadとiPad miniは、欲しいけれど、ちょっと我慢。利用シーンがイメージできないのだ。

すると消去法でKindle Paperwhite 3Gということになる。3G回線が無料で使えるのは魅力だ。

iPhone 5になってからモバイルルーターの出番が減っていて、ルーターなしで使えることのメリットが増している。

Kindle Paperwhite 3Gなら、僕なりに使いこなせる自信がある。

ただ、Kindleを使いこなせる日々というのは、あくまでもKindleストアが一定以上充実することが前提条件だ。

電子書籍リーダーなのに、目当ての本がストアで買えないなら意味がない。

そんなことを考えていたら、さきほどAmazonのKindleストアが予告通りオープンした。

さっそく見にいってみたところ、先日出たばかりの近藤麻里恵さんの「人生がときめく片づけの魔法2」が、紙の本が1,470円のところ1,000円で販売されている。

 

 

32%の割引で、これは結構悪くない数字だ。

これぐらい安くなってきて、紙と同時発売というようなことになってくると、Kindleの存在価値は一気に高まってくる。

実務的に読むべき本は電子で、好きな作家さんの本など愛蔵したい本は紙で、という棲み分けもできるようになるかもしれない。

 

 

 

見逃してはいけないのはバックライトの存在

日本発売がまだなので、Kindleの実機を触ったことがある方はまだ少ないと思う。

僕は2回ほど実機を触る機会があったのだが、電子書籍リーダーとして捉えた場合は、僕はiPadよりもKindleがいいと思う。

その一番の違いはバックライトの有無だ。

iPadは液晶画面全体が背後から光っている。バックライトだ。パソコンもiPhoneもiPadも、画面が後ろから光っている。

 

 

一方のKindleは、バックライト方式ではないのだ。普通の明るさの下では、まるで紙を見ているように、画面には光がなく、文字がしっとりと浮かび上がっているのだ。

普通の部屋の灯の下で見ると、実際の紙に印刷された文字のように見える。これが実に目に優しいのだ。

残念ながら実機を触ったときに暗い場所には行かなかったので、暗い時の光り方の実体験がないのだが、日常的に日中外や部屋の中で使うには、あの画面の質感はとても優秀だった。

 

 

iPadやパソコンの画面を長時間見ていると、目が辛くなってくる。

もちろん本も一日読んでいれば疲れるのは一緒なのだが、僕のように本をたくさん読む人間としては、バックライトがなくて目に優しいKindleは、一番の注目株だ。

いまこの文章を書いていて、ますます「まずはKindle Paperwhite 3Gかな」という気持ちが強くなってきた。

 

 

 

ガジェット好きとしては全部欲しいのだが

Apple製品好きのガジェッターとしては、もちろんiPadもiPad miniも購入して試してみたい。

でも、使いこなせないガジェットをただ並べておくというのは、どうも気に入らない。

なので、今回は比較的冷静に対応しようと思っている。

iPadとiPad miniについては、価格も高目なので、購入した友達に実機を触らせてもらってから判断したい。

そしてKindle Paperwhite 3Gは多分予約する。とりあえず「Kindle体験」をきちんとして、レビューしてみたいと思うので。

 

 

そんな感じでつらつらと考えている。

うーん、iOSで親指シフトが使えたら、すぐにでも外出先でiPad使うんだけどなあ。残念なり。



 


関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします