MacBook Airを24時間駆動に変える最強バッテリー! HyperJuice MBP-100を楽天で購入!

広告

MacBook Airに電源供給できる唯一の外部バッテリー、HyperJuice MBP-100を購入した!

先日紹介したとおり、ついに念願のMacBook Airを購入した。

先日書いたエントリーでも指摘したが、MacBook Airは最高の使い心地なのだが、バッテリーの駆動時間に関しては若干弱いところがある。

Appleのサイトでは11inch MBAのバッテリーは5時間持つと書かれているが、実際使っていると、4時間前後というところ。

これだと正直ノマドワーキングするにはちょっと不安。MBAはユニボディーでバッテリーが取り外せないので、予備バッテリーを持って歩くこともできない。

そんな僕らの救世主がこちら。HyperMac MBP-100だ。MacBookシリーズに電源を供給できる唯一の外部バッテリーだ。

 

 

HyperJuiceには4種類ある。大きさと値段に応じて4段階。僕が購入したMBP-100は下から2番目の容量だけど、それでも十分すぎるほど強力!

 

Model MBP-060 MBP-100 MBP-150 MBP-222
容量 60Wh 100Wh 150Wh 222Wh
出力電力 14.5~18.5V
出力電流 Rating:3A MaX:4.5A  @20℃
出力電流 2A 4.7A
充電電流 12.6V
protection Over-charge/Over-discharge
Excess current /Short circuit
LED 4 LED indication
サイズ 150×96×21 190×125×21 226×125×21 256×150×34
重量 360g 730g 1090g 2130g

 

こちら、日本での販売元、act2のサイトにある比較表。MBP-100は重さ730g。iPadとだいたい同じ重さ。

 

MacBookAir
NEW 11″ 13.6 hrs (1.7x) 19.3 hrs (2.9x) 26.4 hrs (4.3x) 36.7 hrs (6.3x)
NEW 13″ 15.4 hrs (1.2x) 21.0 hrs (2.0x) 28.0 hrs (3.0x) 38.1 hrs (4.4x)
2008 11.8 hrs (1.6x) 16.7 hrs (2.7x) 22.7 hrs (4.1x) 31.5 hrs (6.0x)
2009 12.5 hrs (1.5x) 17.5 hrs (2.5x) 23.8 hrs (3.8x) 32.8 hrs (5.6x)
MacBook
2006-07 12.6 hrs (1.1x) 16.9 hrs (1.8x) 22.4 hrs (2.7x) 30.2 hrs (4.0x)
Aluminium 2008 11.7 hrs (1.3x) 16.1 hrs (2.2x) 21.7 hrs (3.3x) 29.7 hrs (4.9x)
2008-mid 09 9.41 hrs (1.1x) 12.7 hrs (1.8x) 16.8 hrs (2.7x) 22.7 hrs (4.0x)
Late 2009 14.0 hrs (1.0x) 18.7 hrs (1.7x) 24.5 hrs (2.5x) 32.9 hrs (3.7x)
2010 19.5 hrs (0.9x) 25.8 hrs (1.6x) 33.6 hrs (2.4x) 45.0 hrs (3.5x)
MB Pro 13″
2009 14.0 hrs (1.0x) 18.7 hrs (1.7x) 24.5 hrs (2.5x) 32.9 hrs (3.7x)
2010 19.5 hrs (0.9x) 25.8 hrs (1.6x) 33.6 hrs (2.4x) 45.0 hrs (3.5x)
MB Pro 15″
Early 2006 9.00 hrs (1.0x) 12.0 hrs (1.7x) 15.8 hrs (2.5x) 21.2 hrs (3.7x)
Late 2006 10.0 hrs (1.0x) 13.3 hrs (1.7x) 17.5 hrs (2.5x) 23.5 hrs (3.7x)
2007 12.0 hrs (1.0x) 16.0 hrs (1.7x) 21.0 hrs (2.5x) 28.2 hrs (3.7x)
Early 2008 10.0 hrs (1.0x) 13.3 hrs (1.7x) 17.5 hrs (2.5x) 23.5 hrs (3.7x)
Late 2008 11.0 hrs (1.2x) 15.0 hrs (2.0x) 20.0 hrs (3.0x) 27.2 hrs (4.4x)
2009 12.8 hrs (0.8x) 16.6 hrs (1.4x) 21.4 hrs (2.1x) 28.3 hrs (3.0x)
2010 16.0 hrs (0.8x) 20.6 hrs (1.3x) 26.4 hrs (1.9x) 34.8 hrs (2.9x)
MB Pro 17″
2006 10.4 hrs (0.9x) 13.6 hrs (1.5x) 17.6 hrs (2.2x) 23.5 hrs (3.3x)
2007 10.8 hrs (0.9x) 14.2 hrs (1.5x) 18.4 hrs (2.2x) 24.5 hrs (3.3x)
2008 9.41 hrs (0.9x) 12.4 hrs (1.5x) 16.0 hrs (2.2x) 21.3 hrs (3.3x)
2009 13.1 hrs (0.6x) 16.4 hrs (1.1x) 20.6 hrs (1.6x) 26.7 hrs (2.3x)
2010 14.7 hrs (0.6x) 18.5 hrs (1.1x) 23.2 hrs (1.6x) 30.0 hrs (2.3x)
iOS
iPad 34.0 hrs (2.4x) 50.0 hrs (4.0x) 70.0 hrs (6.0x) 99.0 hrs (8.9x)
iPhone 11.6x 19.3x 29.0x 42.9x
iPhone 3G 14.1x 23.5x 35.3x 52.2x
iPhone 3GS 13.3x 22.2x 33.3x 49.2x
iPhone 4 11.4x 19.1x 28.6x 42.3x

 

そして上の表もact2さんのサイトから。僕が買ったMBP-100でMacBook Airに19.3時間給電し続けることができる。

MBAの内蔵バッテリーと合計すると、約24時間近く持つ計算になる。素晴らしい。

それ以外にもiPadを50時間分、iPhone 4に至っては時間ではなく回数で、19.1回分フル充電できてしまうのだ。

 

 

では、まずは到着から開封、そして接続のファースト・インプレッションを。

 

 

 

 

HyperJuice、関西旅行前に注文。注文はact2のオンラインストアからも可能だが、楽天のact2ショップからも購入できる。

僕は楽天ポイントが貯まっていたので、楽天経由で購入。段ボールにact2のシールが貼られている。

 

 

 

 

こちらが外箱。全然知らずに購入してしまったのだが、僕が注文した日にHyperJuiceの日本での販売が始まったとのこと。

それ以前に発売された、というニュースを見た気がしていたのだが、どうやら「開始される予定」を見間違えていたらしい(^_^;)。

 

 

 

 

この箱の上の黒いケーブルが現段階ではHyperJuiceの生命線。

 

実はこの製品、以前からHyperMacという名称で販売されていた。

だが、MacBookのMagSafeアダプタの特許を侵害しているとAppleに訴えられたため、販売を中止したといういわく付き。

その後MagSafeの技術を使わない形での発売といことで、このアダプターを使うことになった。

そのため、HyperJuiceからMacBookシリーズには、給電はできるが充電はできない。

つまり、MBA本体のバッテリーがからっぽの状態でHyperJuiceに繋ぐと、繋いでいる間はHyperJuiceのバッテリーで駆動するが、MacBook Airのバッテリーには充電されないので、HyperJuiceを外すと使えなくなってしまう。

これは不便!

 

 

 

 

HyperJuiceを使用するためには、現段階ではこちらのApple製MagSafe Airline Adapterを別途購入する必要がある。

こちらはHyperJuiceには含まれていないので要注意。別途AppleストアやAppleのオンラインストア等で用意しよう。

 

 

 

 

箱を開けるとこういう状態。二層構造になっていて、上の段にAXアダプターなどが入っている。

ファンが付いているのはカーチャージャー用のアダプター。僕は車を持っていないが、使う人には便利な機能だろう。

 

 

 

 

そしてこちらが本体。MacBook Airと良く合うメタリックなデザイン。

 

 

 

 

重量は730gなのだが、筐体が小さくぎっしり詰まった気がして重く感じる。

 

 

 

 

インジケーターとアウトプット、インプット。

左がHyperJuiceを充電する場合のAC電源用ソケット。その右がインジケーター確認ボタンとランプ。

その右がUSBの口で、一番右がMacBookへの電源供給用のアウトプットソケット。

 

 

 

 

Mac Book Air 11inchと並べてみた。

 

 

 

 

MacBook AirとHyperJuiceを接続したところ。HyperJuiceのケーブルとApple MagSafe Airline Adapterを繋いで給電する。

 

 

 

 

残量確認ボタンを押すと、こんな感じで残りのバッテリーレベルが表示される。

 

 

 

 

接続はこんな感じ。正直面倒だしこの二つのアダプターが大きくて場所を取る。全然スマートじゃない。

Appleは特許侵害で訴えたそうだが、ユーザーが便利になるためには、せめてAppleからHyperJuice用のMagSafeアダプターを発売してもらえると嬉しいのだが(まず有り得ないが)。

 

 

 

 

HyperJuiceを充電中は、ACアダプターのLEDが赤く点灯。

 

 

 

 

満タンになるとグリーンになる。

 

 

 

 

そしてMacBook Airに給電しつつ、さらにUSBポートからiPhoneやiPadなどへの充電を行うことができる。

こちらは給電ではなく充電。上の写真はiPhone 4を充電しているところ。

 

 

 

 

iPadもご覧の通り充電OK。

 

 

とここで思い付いた。USBハブを使ってHyperJuiceのUSBポートにiPhoneやiPad、それにPocket WiFIを繋げば、同時に3デバイスの充電とMacBook Airへの給電ができるのではないか?と。

だが結果はNG。USBハブを経由すると電圧が足りなくなるのか、iPhone、iPadには充電されなくなった。Pocket WiFiは充電できた。

 

 

 

 

そこでふと思い付いたのが上の写真の状態。

MacBook Airに2つあるUSBポートにiPhoneとiPadをそれぞれ繋いで充電。そしてHyperJuiceでMBAに給電しつつ、さらにPocket WiFiをHyperJuiceのUSBポートから充電。

こちらは全部同時に動作した。すげー。

 

 

 

 

こんな感じ。

 

というわけで、僕らのモバイルライフを強力にサポートしてくれる、HyperJuice MBP-100。買って良かったと心から思えるすごいヤツだ。

なお、MacBookに給電しかできない問題は近日中に解決できるようだ。

 

こちらについてはまた動きがあったら報告しようと思う。乞うご期待!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします