東京時層地図 — 大東京をタイムトラベルできる凄い古地図・写真トレースアプリ!iPhone版とiPad版で見られる画像の数が違うぞ!! [iPhone & iPad]

広告


「東京時層地図」というiPhoneとiPadのアプリを購入したのでご紹介しよう。

ちなみにiPhone版アプリとiPad版アプリは別々のアプリで、それぞれ購入する必要がある。

iPhone版が1,900円、iPad版が2,400円と、iOSアプリとしては高額なものだが、東京の街散歩と街の歴史は僕の大好物。

こんな素敵な素敵なアプリの存在を知ってしまったら我慢できない。

さっそく紹介しよう。

東京時層地図 — 大東京をタイムトラベルできる凄い古地図・写真トレースアプリ!iPhone版とiPad版で見られる画像の数が違うぞ!! [iPhone & iPad]

東京時層地図 for iPad

160104-02 - 1

▲ まずはiPad版の東京時層地図から紹介しよう。

こちら起動画面。すごくそそられる。カッコいい。

 

160104-02 - 2

▲ 東京時層地図 for iPadの最大の特徴は、この二画面の分割画面だろう。

左と右で、同じ場所の違う地図や写真を表示できる。

GPSで現在位置付近を表示させることもできるので、散歩しながら昔の古地図を見る、ということできる。

上の写真は左が現在の航空写真、そして右が現在の地図ということになる。

六本木ヒルズがクッキリと写っている。

 

160104-02 - 3

▲ iPad版は、古地図が6種類、それに現在の地図、航空写真、写真+地図、さらに地形図の、合計10種類が表示できる。

上の画像は六本木交差点付近。

左が現代のiOSの地図、そして右は文明開化期、明治9〜19年ごろの地図である。

芋洗坂や饂飩坂などは今と同じ場所にあるが、首都高速が通る六本木通りがまだないことが分かる。

 

160104-02 - 4

▲ 東京ミッドタウン付近の現代と、高度経済成長前夜(昭和23〜35年)の比較。

いまのミッドタウンの場所は、直前は防衛庁があったわけだが、上の右側の画像だと、「ハーディバラックス」となっている。

ハーディバラックスとは、当時のアメリカ占領軍の兵舎。

つまりこの敷地はアメリカ軍に接収されていたことが分かる。

 

160104-02 - 5

▲ おなじみ六本木ヒルズの周辺も見てみる。

この一帯は小さな住宅が密集するエリアで、毛利池があったりアルゼンチン大使館があったり。

実際ヒルズが出来る前までは、右側の地図に近い形がそのまま残っていた。

 

東京時層地図 for iPhone

160104-02 - 6

▲ こちらはiPhone版の東京時層地図。

 

160104-02 - 7

▲ 見られる古地図の数は6種類と、iPad版と同じだが、「地理院地図」はiPad版では見ることができない。

このiPhone版のみに入っている画像になる。

 

160104-02 - 8

▲ さらに、iPad版にはない、「地理院地図(空中写真)」が7種類も閲覧可能だ!

値段が安いiPhone版の方が断然画像が充実しているのはなぜなんだろう?

 

160104-02 - 9

▲ こちら、現代の六本木ヒルズ周辺の写真 + 地図画面。

 

160104-02 - 10

▲ 地理院地図の空中写真、平成19年以降はこんな感じ。

 

160104-02 - 11

▲ そして昭和63〜平成2年に切り替えると、六本木ヒルズはまだ影も形もない。

細かい住宅がびっしり並ぶ、住宅街が写っている。

この空中写真をiPad版の分割画面で並べてみたいのだが、できないのが残念!!

 

東京時層地図 iPhone版とiPad版の違い

ざっと確認したところ、iPhone版とiPad版の違いは以下のとおり。

  • 価格:iPhone版1,900円、iPad版2,400円
  • 地理院地図:iPhone版あり、iPad版なし
  • 地理院空中写真:iPhone版7種類、iPad版なし
  • 分割しての2画面表示:iPhone版なし、iPad版あり

2つの画面に異なる地図や写真を表示させてトレースさせるのはすごく楽しい。

でも、空中写真同士でそれをやりたくても、iPad版には空中写真が現代のものしかないのが残念。

iPhone版に空中写真が加わったのが、最新バージョンからのようなので、iPad版も次回アップデートで空中写真に対応してくれるのではないかと期待している。

両方買う物好きはいいが、どちらかを選ぶなら、分割画面のiPad版を選ぶか、過去の空中写真もあるiPhone版を選ぶか、悩ましいところだ。

 

まとめ

iPhone版とiPad版の機能の違いにはちょっと戸惑うが、とにかく楽しいアプリだ。

自宅の周辺、むかし住んでいた場所、観光地や再開発された場所の今と昔を見比べるだけでも飽きない。

GPSで現在地の地図や写真を表示させることもできるのも良い。

欲を言うと、もうちょっと前、江戸時代の古地図も入ったら、さらに楽しいだろうなぁ。

iOSアプリとしては高額なものだけど、すごい充実したアプリで大満足。

iPad版も過去の空中写真に対応してくれる日を夢見て待とう。

東京時層地図、オススメです!!

 

東京時層地図のダウンロードはこちらから!

東京時層地図 for iPad

東京時層地図 for iPhone

東京の歴史をもっと知りたい人が読む本

iPhoneアプリに関する情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

日々の気づき、星の動きや暦などを軽いテイストでお届けする「次はどこへ行こう」

週に1本尖った長い記事が届く「風の時代に海の街より 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!