カフェ ラ・ボエム 麻布十番 訪問レポート 〜 グローバルダイニングの老舗ダイナー!バブル期の薫りがする内装が素敵で料理も美味しい!!

広告


カフェ ラ・ボエム 麻布十番 2回目の訪問レポート 2014年7月

先日麻布十番の「モンスーンカフェ」を紹介したが、たまたまモンスーンカフェに行った翌日に、同じグローバルダイニングが経営する「カフェ・ラ・ボエム 麻布十番」に行く機会があった。

【関連情報】【閉店】麻布十番 モンスーン カフェ — 知ってると便利な老舗エスニックレストラン テラス席もあるよ

カフェ・ラ・ボエムはパティオ十番の脇にあり、まさに麻布十番のヘソ的な存在。

バブル期から生き残る老舗だが、グローバルダイニング系のお店の中では今でもとても元気な存在。

カジュアルにふらりと立ち寄れ、そして何を食べてもそこそこ美味しくて外れがない。

では、カフェ・ラ・ボエム 麻布十番、早速紹介しよう。

麻布十番 カフェ・ラ・ボエム — パティオ十番を彩る老舗ダイナーは健在♪

140712-02-01

やってきました、カフェ・ラ・ボエム 麻布十番。

昼から明け方まで営業している、まさに麻布十番のヘソ。

 

140712-02-02

僕はこの麻布十番店の入口が結構好きだ。古き良きバブルの匂いがする。

 

140712-02-03

店内。これは1階で、2階はオープンキッチンがあってまったく雰囲気が違う。

巡り合わせか、僕は2階に通されたことは1度しかない。

春や秋の季節の良いときには、窓が開け放たれ、道路からテラス風に直接入店することもできる。

 

140712-02-04

レジ脇もちょっと古い時代を感じさせる装飾が好きだなあ。

 

140712-02-05

この日は総勢3名。グラスのスパークリングワインで乾杯。

奥さんと2人で来るとあまり種類を頼めないので、人数が多いのは嬉しい。

 

140712-02-06

まずはほうれん草とベーコンのサラダが登場。

モンスーンカフェが「アジアのごちゃまぜ料理」だとすると、ラ・ボエムは「欧米のごちゃまぜ料理」ということになる。

このごちゃまぜ感が、ラ・ボエムの真骨頂。

 

140712-02-07

続いてはバーニャカウダが登場。

野菜に勢いがあって美味しい。

 

140712-02-08

スペインの赤ワインを注文。しっかりした風味があって美味しい。テンプラニーリョ。

 

140712-02-10

こちらはエビとマッシュルームのアヒージョ。

悪くないのだが、もうちょっとエビをみっしり詰め込んで欲しい(笑)。

 

140712-02-11

チョリソー。これは2人前。

細いソーセージが何本も出てくるかと思ったら、ぶっといのがどーんと登場。

あまり辛くないのだが、脂が結構強かった。

 

140712-02-09

ラザニア。ラザニアの上に半熟卵がどーんと乗っている。

ラザニアに半熟卵っていうのは初めての組み合わせだな。

 

140712-02-13

僕ら夫婦だけだと行かないパスタ・ピザ系もチャレンジ。

こちらはアスパラガスとホタテのジェノベーゼ。

ジェノベーゼソースのバジルの風味がとても良かった。爽やか。

 

140712-02-12

こちらはクラシックなミックスピザ。

なんか懐かしい感じがするピザだよねえ。しみじみと美味しい。

 

140712-02-14

そしてこちらがラ・ボエム名物の、若鶏のガーリックロースト。

注文してから30分ほど掛かるのだが、ふわふわでしっとりした仕上がりで供される。

これはいつ食べても本当に美味しい。

ラ・ボエムに行ったら是非このガーリックローストを試してみて欲しい。

 

140712-02-15

そして、なんと珍しいことにデザートまで行ってしまった。

ホッとアップルパイ。上にバニラアイスクリームが乗って、これもクラシカルな感じで正統派に美味しかった。

たまにはパスタやピザ、それにデザートをたっぷり楽しむのもいいね〜♪

まとめ

家から近いこともあって、「ちょっと洋食系で」というときに、良い。

今回メニューから、僕が大好きな「田舎風パテ」がなくなってしまっていたのがとても悲しい。

早く復活してくれるといいな。

何を食べても無難に美味しくて、オシャレで、お値段もそこそこリーズナブル。

麻布十番でカジュアルに食事を、というときに覚えておくとすごく便利。

1度お試しください。

お店情報

関連ランキング:イタリアン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

カフェ ラ・ボエム 麻布十番 1回目の訪問レポート 2013年5月

麻布十番の入門店ともいうべき存在が、「カフェ ラ・ボエム 麻布十番」。

麻布十番の「へそ」とも言うべきパティオの目の前にドーンとある。

引っ越し準備を新居でして、帰りにふらりと立ち寄った。

4連休初日ということもあってか、お店は大入り満員。賑やかである。

 

130504-03-1

以前から思っていたんだけど、このお店には看板らしい看板がない。

でもひっそりしているわけではなく、思いっ切り目立っている。

看板なんかいらないよ、という心意気だろうか?

 

130504-03-2

坂の途中にあるお店のため、半地下から1階という感じのフロアーと、中2階から2階、という感じのフロアーになる。

土地の傾斜をうまく利用してある。

 

130504-03-3

僕は白ワインを、奥さんはキールを注文し、料理を幾つか頼んだ。

最初に出てきたのはパテ・ド・カンパーニュ。いわゆる「田舎風パテ」。

かなりお肉の食感が残る、ワイルドなパテだ。美味しかった。

パテ・ド・カンパーニュ好きとしては、メニューにこの品があると凄く嬉しいし、必ず頼んでしまう。

 

130504-03-4

続いてはシーザーサラダのSサイズ。

レギュラーとスモールがあり、小さい方を選んだ。

トッピングでテーブルでチーズを削ってくれるのは、昔からのサービス。

 

130504-03-5

フライドポテト。細切りのオーソドックスなもの。揚げたて。これぐらい細いと、ホクホクというよりもパキパキという食感になるね。

 

130504-03-6

フライドチキン。1ピースからバラで頼める。重めの衣でカリッとしている。

 

130504-03-7

ピザはラ・ボエム風というミックス。大きすぎず、ちょっと懐かしい感じのスタンダードなピザ。

生地はどちらかというとふわっとした感じ。

 

130504-03-8

窓の外はすぐパティオ。5月5日にイベントがあるそうで、その準備のための工事中だった。

まとめ

ラ・ボエムはZestやモンスーン・カフェ、それに権八などを展開するグローバル・ダイニングのお店。

僕はバブル期に六本木に当時あったZestの隣のお店でアルバイトをしていて、しょっちゅう六本木や西麻布のZestや、西麻布のラ・ボエムに通った世代。

安心して立ち寄れる雰囲気とリーズナブルな価格が素敵。この日も僕はデカンタのワインをお代わりしていて、それで二人で6,000円ちょっとは嬉しい。

あと、ランチからティータイム、そしてディナーから真夜中、そして朝の5時までの通し営業も凄い。仕事で遅くなった日なんかには重宝するだろう。

きっとちょくちょく寄ることになりそう。これからもよろしくお願いします(^-^)。

お店情報

関連ランキング:イタリアン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅


あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガが新しくなりました!
2つあったメルマガを1つに統一してタイトルも新たに「風の時代に海の街より」にしました。
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
毎日すごいノウハウが届くタイプのメルマガではありません。
僕や僕の活動に興味があったり、刺激を受けたい方は読んでみて損はないかも?
購読はもちろん無料。
一期一会を大切にしているのでバックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。
あなたとメルマガでお会いできるのを楽しみにしてます!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!