鮨 仙八 — 熊本市 最高の江戸前寿司を堪能!!魚はすべて地物!仕事は東京 西麻布仕込み!! [2016年2月 熊本旅行記 その6]

広告

熊本市の中心部にある、「鮨 仙八」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。

2016年2月熊本への旅、初日の夜。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年2月 熊本旅行記 目次はこちら

夕方までホテルで仕事をして、独りでの夕食へと出掛けた。

最近は旅先で一人食事をするのがとても楽しい。

もちろんたくさんの人と一緒にワイワイするのも楽しいのだが、一人の夕食もまた格別だ。

熊本での一人夕食は初めてだったので、まずはお寿司屋さんを予約した。

ネットで評価が高かった、「鮨 仙八」へと向かった。

さっそく紹介しよう。

鮨 仙八 — 熊本市 最高の江戸前寿司を堪能!!魚はすべて地物!仕事は東京 西麻布仕込み!! [2016年2月 熊本旅行記 その6]

160303-02 - 1

▲ やってきました、熊本市の「銀杏中通り」。

古くからの繁華街という感じ。

 

160303-02 - 2

▲ 鮨 仙八は、雑居ビルの地下1階にある。

ちょっと古いビルなのと、お店のドアに窓がなく、中が見えないので軽く緊張した。

 

160303-02 - 3

▲ 18時の開店と同時に入店。

僕が一番乗り。

30代後半くらいの若くて声のいい大将に出迎えられる。

カウンター8席、テーブル4席のお店だ。

最初に吸い物が登場してビックリ。

ごはんを丸めて軽く炙ったものが入っている。

お箸でごはんを崩しながら飲む。

 

160303-02 - 4

▲ 鮨 仙八はお任せコースのみの営業。

こちらは菜の花、空豆、ヒラメにとろろが掛かっている前菜。

熊本の鮨ネタもすっかり早春の装いだ。

 

160303-02 - 5

▲ コノワタとウニ、大根おろし。

寿司屋さんの前菜らしくない、オシャレで和洋折衷な器も素敵。

 

160303-02 - 6

▲ 酒粕にホタテとアーモンド、それにレーズンやイチジクを入れて和えたもの。

上にはピンクペッパーが掛かっている。

臭みを消して爽やかにするために、ノンアルコールの甘酒を入れるなどの工夫をされているとのこと。

たしかに非常に爽快で食べやすい。

 

160303-02 - 7

▲ これまた素晴らしい彩り。

煮だこ、白魚、カキ、マテ貝、カラスミなど。

大将は東京は西麻布の鮨 真で修業して、熊本に戻って鮨 仙八を開業して4年とのこと。

魚は地物、仕事は江戸前だ。

 

160303-02 - 8

▲ ここから握りに移行。

お寿司はすべて煮切りを塗って供される。

お魚は基本的にすべて地元熊本産となる。

こちら天草の真鯛。

ふわりとほぐれる握り具合と、さっぱりした煮切りが非常に良いマッチング。

 

160303-02 - 9

▲ お酒の写真を撮り忘れたが、最初はビールを小瓶でいただき、そのあとは熊本の地酒「産山村(うぶやまむら)」をいただく。

上の握りはアオリイカなのだが、一週間熟成させているそうで、ふわっふわの食感。

ええー!?イカがこんなにフワフワになるの?とビックリする食感だった。

これは美味いなぁ。

 

160303-02 - 10

▲ こちらも地物の鯵。

素晴らしく脂が乗っている。

 

160303-02 - 11

▲ カマスの炙り。

カマスを握りで食べたのは初めてだが、あの干物で出てくるカマスと同じ味がした!(笑)

風味が良くフワッと柔らかい。

 

160303-02 - 12

▲ こちらはレンコダイ。

東京だと「かすご鯛」と呼ばれるもの。

このお魚も春のものだね。

 

160303-02 - 13

▲ そして天草のコハダ。

熊本はコハダの漁獲量が日本一なのだそう。

ところが、一番良い大きさのコハダはほとんどが東京圏や福岡に行ってしまうそうで、なかなか地元ではベストのコハダが手に入りにくいそう。

これは最高のコハダとのこと。

しっとりとした〆が抜群。

 

160303-02 - 14

▲ こちらも地物、羽カツオ。

羽カツオというのは初めて聞いた名前だが、九州では良く使われるとのこと。

普通のカツオよりもさっぱりした風味。

 

160303-02 - 15

▲ そしてこちらがマグロの頭頂肉のスモーク!

スモークされた香ばしい風味が口の中いっぱいに広がる!

そしてこのマグロ肉がアオリイカと同じくふわっふわなのだ!!

どうやってこんな食感を出すんだろう?

めちゃくちゃ美味い!!

 

160303-02 - 16

▲ 感動していると、さらに畳みかけるようにお料理登場。

蒸しアワビと、アワビの肝のリゾット。

これまた深みのある仕事で素晴らしい。

 

160303-02 - 17

▲ 美しすぎる、天草の車海老!

ここ数年で一番美味しい車海老だった!

美味い!!

 

160303-02 - 18

▲ これまた地元のムラサキウニ。

甘味が強くてこれも美味い。

 

160303-02 - 19

▲ ふわふわの穴子。これも江戸前。

 

160303-02 - 20

▲ トロタクの細巻き。

僕はいつも鉄火巻きを追加でお願いするのだが、先回りしてもらった感じ(笑)。

 

160303-02 - 21

▲ 卵焼きで一通り。

いやあ、お魚も仕事も素晴らしかった。

まとめ

熊本でお寿司を食べるのは初めてだったが、この「鮨 仙八」は最高のお店だった。

若い大将の腕も素晴らしいし、お魚も最高だった。

熊本といえば、天草の魚は東京でも真鯛などが有名なので、実は期待していたのだが、期待以上の素晴らしいお店だった。

次回熊本に来るときには、ぜひまた訪れたい良店。

熊本、鮨 仙八、オススメです!!

 

旅の続きの記事はこちら

2016年2月 熊本旅行記 目次はこちら

天外天 本店 お店情報

関連ランキング:ラーメン | 水道町駅通町筋駅熊本城・市役所前駅

熊本をもっと知りたい人が読む本

熊本情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします