Word Up! by Cameo (1986) 〜 80年代の危ないヤツら!! [musique nonstop]

広告


ミュージックレビュー、今回は1986年発売のCameoのWord Up!を紹介しよう。

 

Word Up!

Word Up!

posted with amazlet at 10.04.26
Cameo
Mercury (1990-10-25)
売り上げランキング: 89264
おすすめ度の平均: 4.5

5 再ブレークの予感
4 リストラファンクの傑作
5 アーバンファンクの傑作なのです

Amazon.co.jp で詳細を見る

 

本作”Word Up!”はCameoにとって実に12枚目のアルバムであり、彼らにとって念願のナショナルチャートでの大ヒットとなった出世作である。

Kool & The Gangと並んでニューヨーク・プラックの両雄と評されたCameoだが、その評価に反して大ヒットには恵まれず、知る人ぞ知る通好みのバンドだった。

当初12人(説によると13人)いたメンバーはアルバム発表のたびに減っていき、最後はとうとう3人に。

そんな彼らが1986年に発表した渾身の一撃、それがこのWord Up!だった。

僕自身、このアルバムまではCameoというバンドの存在を知らなかったのだが、タイトル・クレジットのWord Up!を最初に聴いた瞬間にこの曲の虜になり、そしてMTVでこの曲のプロモーション・ビデオを見た瞬間に完膚無きまでにやっつけられた。あまりにもヤバく、そしてカッコいいのだ。

この時期のCameoの音楽性は、リーダーのラリー・ブラックモンが語っている通り、ファンクというよりは「ブラック・ロック」というアプローチをしており、そこにZappのロジャー・トラッドマンばりのヴォーカル・エフェクトと、かなりひねくれたリズムが加わり、駄目押しで、ジャンポール・ゴルチェがデザインした衣装に身を纏ったラリーは股間に深紅のファウルカップを取り付け、NYの超あぷないヤツらが完成した。

Word Up!のHD画像がYouTubeにあった。リンクしておこう。今見ても本当にカッコいい。

 

 

このアルバムを「出世作」と評したが、コマーシャル的には本作が彼ら最大のヒットとなった。だが、その後も活動は継続しているようで、現在もアメリカで活動を継続しているようだ。

NYからやってきたあまりに危ないヤツら、夜道で会ったら逃げ出しそうだ(^_^;)。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします