本を出版したい人が準備するべき 9つの大切なこと

広告


9. 企画書を常に持ち歩く

僕はノマドブロガーなので、いつもリュックにブログ7つ道具を背負って外出します。

そしてその際には、まだ出版が決まっていない企画書を常に持ち歩いていました(今は個別の出版社さんと話し合いの段階に入ったので持って歩いていませんが)。

実際ある企画に関しては、出版社の社長さんとお会いする機会があり、その企画の話になった時にその場で企画書をお渡しすることができました(残念ながらその後営業会議でボツになりましたが)。

企画書はA4数枚ですので、クリアフォルダに入れていつも持ち歩いていて、その話になった時には友だちにもどんどん見せていました。

直接企画と関係ない友だちでも、話が盛り上がって良いアイデアが出れば嬉しいからです。

これはすぐにでも真似できることですから、実行していただくと良いと思います。

iPhoneやiPadに入れて持ち歩くという方法もありますが、個人的には「紙」はその場で相手に渡せるのでベストです。

その場では読む時間がない場合も、その後の移動中などで読んでもらえるからです。

紙をその場で渡して、追い掛けでデータをメールで送る形が良いと思います。

a0002_004890

まとめ

まだデビュー作も出版していない段階でこんな記事を書くのは大変厚かましく恐縮です。

ただ、逆にこのタイミングだからこそ、「まだ出版できない」「いつになったら企画が通るのか」という焦燥感をリアルに憶えていて、今後出版を目標にしたい方にとってリアルで有効なヒントがちりばめられるのではないかと思い、書いてみました。

ベストセラー作家で友人でもある小山龍介氏が、ご自身の出版セミナーで言っていた言葉を常に噛みしめるようにしています。

「自分が書きたいことを書いてはダメだ。読者の皆さんのいる場に入っていって、読者の皆さんに自分が何を与えられるかを考え、それを本にするべきだ」

出版は利他の究極の形だと思っています。

もちろん自分の経験や知識を形にするのが出版ですが、読者の方に役に立たないなら、それは本の形をしたゴミです。

いかに多くの方の役に立つことができるか。

これから本が完成するまで、ずっと考えたいと思っています。

今後も出版までの作業の進展などは、このブログで随時紹介していきます。

どうぞよろしくお願いします。

企画書の書き方など僕が参考にした本はこちら!

セミナー・出版・学びに関する情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします