ニュースとの距離 [日刊たち No.8]

広告


ニュースとの距離感について最近考えることが多い。

今朝の空。ほんわかしていた。

 

 

 

僕はテレビを観ないので、ニュース番組も当然観ない。

新聞は日経を取っているのだが、最近これもあまり読まなくなった。

すると、当然ニュースはネットから摂取するのみということになる。

それで困っているかというと全然困っていない。

というか、むしろその方が情報の重要性と情報量のバランスが正しくなるような気がしている。

 

 

「重要性と情報量のバランス」とはどういうことか。

たとえば、先日京都で歩行者の方々が巻き込まれた自動車暴走事件があった。

僕はTwitterのリストの一つに新聞やNHKなどニュース配信速報アカウントばかりを入れているので、事件が起きた直後から事件のことは知っていた。

そしてその後のネットでの情報の拡散具合を見ていて、テレビではかなり大々的に報道されているのだろうと想像した。多分そうだろう。

確かに多数の方が巻き込まれた痛々しい事件だし、死亡した容疑者がどういう状況だったのかなど不明点も多いことは確かだ。

 

 

だが、これは事件または事故であり、その報道を延々と見続けることに意味はないと僕は思っている。再現性や汎用性がないのだから、そこから僕らは何も学ぶことができない。

いつ、何が起きたのか。原因はなんだったのか。その事件によって今後自分たちの社会にどんな影響が出るのか。それだけ知ることができればいいわけだ。

亡くなった方々の生い立ちや生き様などを情感たっぷりに伝えて涙を誘う番組は、言葉は悪いがもはや報道ではなく娯楽だ。

センセーショナルな事件がイコール重要なニュースというわけではない。

北朝鮮のミサイルにしてもそうだ。日本の領空に飛んでくる可能性があるのかは発射されなければ分からないし、テレビにかじりついようがいまいが、僕らにできることには本質的には何も変わりがない。

 

 

今の情報収集スタイルが最上なのかどうかは分からない。ただ僕にはどうも合っているようだ。

ネットを介してニュースは即時に飛び込んでくる。だがヘッドラインだけ見て、興味がある内容のものだけを拾い、それ以外はスルーする。

それでも十分すぎるくらい情報は洪水のように流れ込んでくる。

だからこそ、必要な情報の摂取に十分な時間をかけ、マスメディアが作ろうとする「国民全体の関心事」的な報道は、蓋をするぐらいのスタンスが丁度良いように感じている。

 

 

新聞も、そろそろいらないかなあ。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします