これから、どう生きるのか — 人生に大切な9つのこと

広告


3. 仕事に逃げるな。仕事から逃げるな

三つ目の項目は「仕事」である。

仕事も僕たち多くの人の人生から切っても切れない関係にあるだろう。

仕事に熱中して「ワーカホリック」状態になってしまう人もいる。

お酒やギャンブルにはまると社会から後ろ指をさされるのに、仕事だと本人に「悪いことをしている」という自覚がないことがほとんどだ。

さらにいうと、長時間働きづめの人は、実は自律的には仕事ができておらず、仕事に振り回されてしまっているケースも多い。

そしてそんな人は、家庭やプライベートに問題を抱えていることも多いのだ。

それらの問題から目を反らしたいために、仕事に没頭する方向に自分で自分をコントロールしてしまっているのだ。

家族との会話の時間、友達と過ごす時間、趣味の時間。

そういった時間をしっかり確保できているかどうかを見つめ直して欲しい。

4. 両親や家族とどう和解するか

「両親や家族全員と仲良くやれている」という人はどちらかというと少数派なのではないだろうか。

僕自身も両親が離婚している関係で親子関係は複雑だったし、いまも父とはほとんど連絡を取っていない状態だ。

しかし、両親や家族に対してわだかまりがある状態というのは、心に大きな負担となっていく。

両親に対するネガティブな想いは、たとえ年齢が上がって両親が亡くなったとしてもずっと続くものだ。

だからこそ、和解することが大切なのだ。

和解は両親が亡くなっていてもできる、と本田さんは強調している。

両親が自分くらいの年齢だった頃のことを思い出し、その頃両親はどんな経済状態だったのか、日本はどんな環境だったのかなどを想像してみるのだ。

多くの場合、子供は親に完璧を望み、望みが叶えられなかったことを恨む傾向がある。

しかし両親は神様ではないことは、自分自身が大人になっても神様になれていないことを考えれば明らかなのだ。

親と和解するには莫大なエネルギーが必要だ。

しかし、それでもやる価値は十分ある。

本書では本田さん自身の和解のストーリーが赤裸々に書かれている。

両親との和解に興味がある方は、是非本書を手に取っていただきたい。

5. リスクを取ったカップルほど幸せになれる

5つ目はパートナーシップ。夫婦や恋人などとの関係だ。

パートナーシップにおいては、リスクをどれだけ取るかで深さが違ってくる。

ここでいう「リスク」とは、どれだけ自分の弱いところ、かっこ悪いところを相手と分かち合えるか、ということを指す。

「こんなことを言ったら相手にバカにされるのでは」

「こんな姿を晒したらみっともない」

そんな風に恐れて本当の自分の弱さやカッコ悪さを隠したまま暮らしている夫婦も多い。

だが、弱い部分を隠したままでは、本当の意味での支え合う生活はできない。

お互いの良い面も悪い面も理解し受容したうえで支え合って生きて行く。

だからこそパートナーがかけがえのない存在になっていくのである。

【次のページ】自分の運命はどうやって変えていくのか??


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします