マイナス思考からすぐに抜け出す 9つの習慣 by 古川武士

広告

6. 制約条件を受け入れる

人は誰しも万全の状態で生きているわけではない。

楽しみにしていたスキー旅行だったのに天候が悪くほとんどゲレンデに出ることができなかったという経験をした方もいるだろう。

企画がなかなか通らないというストレスを抱えている人もいるだろう。

しかし、それらの制約条件を取り外すことはできないのだ。

その制約があることを恨み続けても事態は好転しない。

であれば、ホテルの中で温泉に浸かって楽しむことや、企画が通るようにさらに自分を高める勉強をする、などのことを考えよう。

企画が通らないというのは、自分をさらに成長させてくれるチャンスと捉えよう。

7. 「白か黒」ではなくグレーを認めよう

僕たちはとかく、完璧かゼロか、でものごとを考えてしまう。

「早起きしよう」と決めたのに、一週間のうち3日しかできないと、「全然ダメだった」と決めつけてしまう。

でも実際には3日もできているのだから、ゼロではなく3/7で出来ているわけだ。

100%ならOK、そうでなければ0%、という考え方をしていると、何もかもがダメということになってしまう。

僕たちはそう簡単に100点など取れないのだ。

そうではなく、グレーの存在を認めてあげよう。

7日のうち3日早起きできたなら、翌週は5/7を目指せば確実にステップアップしているのだ。

「できたかできなかったか」ではなく、「どれぐらいできたか?」で考えると、僕たちはぐっと楽になる。

8.  失敗は貴重な体験である

僕たちはは何かをうまくできないとき、「失敗だった」と捉えがちだ。

しかし、実は「失敗」というのは本人が「これは失敗だ」と決めたときにだけ訪れるものだ。

たとえば大事なプレゼンを上手くできなかったという経験をした人がいる。

しかし、「上手くできなかった」といっても、プレゼンを行ったことに間違いはなく、0点というのはあり得ない。

そしてプレゼンが今回で終わりでないなら、次回に向けての改善ポイントを与えてくれた、良い機会だったと捉えることができる。

今回のプレゼンが仮に100点満点で20点だとしたら、残りの80点は、何をすることで得られるのか。

そう考えれば、今回のプレゼンは「失敗」ではなく「体験」に変わる。

成功するまで続ければ、すべての失敗は成功にたどり着くまでのステップに過ぎなくなるのだ。

 

【次のページ】マルチタスクって本当に良いことなのかな?結構無理があるんじゃない??

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら