麻布 秀(しゅう) — 麻布十番の裏道に潜む 凛とした関西おでん中心の和食店!気に入った!!

広告


麻布界隈にはとにかくたくさんの飲食店がある。

以前は木造住宅だった建物が軒並みビルになり、そのビルの各フロアーに飲食店が入っている。

その数は膨大で、とても全部の店を制覇しようとという気にはなれない。

そしてお店の入れ替わりのサイクルも短めで、「新しくできたな」と思っていると、あっという間に潰れて、他のお店になっていたりする。

なので、だんだんお店に対するアンテナが麻痺してきて、近所にあっても全然知らない、という事態が起こることになる。

今回紹介するお店、「麻布 秀」もそんなお店の一つ。

奥さんから「あそこにあるおでん屋さんに行ってみたい」と言われ、「え?そんなところにおでん屋さんなんかあったっけ?」とビックリ。

全然気づいていなかったのだ。

ではということで奥さんと二人でちょっと行ってみた。

さっそく紹介しよう。

 

 

 

麻布 秀(しゅう) — 麻布十番の裏道に潜む 凛とした関西おでん中心の和食店!気に入った!!

140227-01-01

やってきました、「麻布 秀」。「しゅう」と読む。入口は細い外廊下の奥なので、この看板がなければほとんどお店があることすら分からない。

 

 

140227-01-02

こちらは外壁に埋め込まれている看板。こちらはほとんど何も説明していない看板だから、立て看板がなかったら怯んだかもしれない。

 

 

140227-01-03

外廊下の奥にドアがあり、そして微かに店内が見える。

事前にWebなどで価格帯などを調べてこなかったので、ちょっと緊張する。

 

 

140227-01-04

店内。僕らはカウンターの一番奥に座らせてもらった。

L字型のカウンターが10席程度と、広めのこあがりが一つ。

こあがりとカウンターの間はふすまで仕切ることができる。

 

 

140227-01-05

メニューを見ると、おでんが中心なんだけど、「トリュフコース」なんてものがあったり、カレーがあったりと不思議な構成。

 

 

140227-01-06

こちらはお邪魔した日のおすすめメニュー。やはりおでんが中心だが、肴というか、つまみ類にも力を入れているようだ。

 

 

140227-01-07

お通し2種類。うどのきんぴらと溶き卵のスープ。

うどは久し振りに食べた。懐かしい味がした。上品に仕上げてある。

 

 

140227-01-08

まずは焼き空豆。家でグリルでやると火加減が難しいのだが、さすがプロが焼くと違う。

 

 

140227-01-09

サヤを開くとホックリ焼けた空豆が登場。薄皮のまま食べられて美味しい。

季節をいただく感じで嬉しいね。

 

 

140227-01-10

続いてはこちらも季節をいただく、ふきのとうの天ぷら!これも随分久しく食べていなかった。

 

 

140227-01-11

ほのかな苦味がお酒に合う。上品に仕上がっていて美味しい。

 

 

140227-01-12

そして単品でおでんを注文。まずは大根とたまご。

 

 

140227-01-13

関西風の薄い色のおだしに、軽く色づいた白身の煮玉子が良く合う。青ネギも関西風。

 

 

140227-01-14

はんぺんにも青ネギ。でも僕は関西でおでんを食べたことがないから、これが正式な関西風なのかはちょっと分からない。

母が子どもの頃に家で作ってくれたおでんは、ここまで薄い色の出汁ではなかったが、東京風というほど真っ黒でもなかった。

これぐらいの淡い出汁のほうが、おでんは美味しいような気がするなあ。

 

 

140227-01-15

お酒は「獺祭」の純米大吟醸を。スッキリ爽やかでいいね。

 

 

140227-01-16

そして牛すじ大根が登場。東京のおでんには「牛すじ」は入らないので、この組み合わせのおでんは初体験。

違和感なく美味しい。青ネギが良く合うね。

 

 

140227-01-18

大根はしっかり中まで出汁が染み込んでキレイに仕上がっている。

 

 

140227-01-17

おなかにたまるものが欲しくなり、ソーセージを注文。

皮に弾力があってプリッとした食感がいい感じ。

 

 

140227-01-19

出汁の色。辛くないし甘くない。僕はこういう出汁の方がおでんには合うと思う。

 

 

140227-01-20

獺祭をお代わりで。今度は奥さんも飲むとのことで、徳利でいただいた。

器が全般的に上品でシック。

 

 

140227-01-21

もうちょっと食べたいということで、厚揚げとがんもどき。

厚揚げは絹ごしで思った以上に柔らかかった。

 

 

140227-01-22

お漬物の盛り合わせ。白菜に柚子をまぶして和えてある。これは美味しかった。

 

 

140227-01-23

店員さんがサービスで出してくれた。蟹肉とほうれん草の和え物。

ちょっとしたほうれん草の苦味がいいアクセントになっている。

 

 

 

まとめ

寡黙だけれどしっかりサービスしてくれる2人の店員さんの立ち居振る舞いが清々しい。

お客さんも上品な年配の方が多めで、「夫婦で大人のデート」的な雰囲気を醸し出していた。

お店の雰囲気的に「かなり高いか」と身構えたが、お会計は二人で10,500円。ちょっとホッとした。

お造りや炊込みご飯など、値が張るメニューとおでんなどリーズナブルなメニューが混在している印象だ。

お味はとても良くて雰囲気もサービスも良い。

また近いうちに来ることになるだろう。

気に入りました!!

 

 

 

お店情報

関連ランキング:懐石・会席料理 | 麻布十番駅赤羽橋駅

 

 

コンビニおでんのつゆレシピ ~おうちに帰ってもう1品! ~ (TOKYO NEWS MOOK 399号)
大森麻里 東京ニュース通信社 2013-12-12
売り上げランキング : 199604

by ヨメレバ

 

おでん大全―●名店のおでんだし●創作おでんの技術●定番おでんの作り方 (旭屋出版MOOK)
旭屋出版 2004-10
売り上げランキング : 390414

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします