石垣港の夕暮れ 〜 石垣島でふと思う 思えば遠くへ来たものだ [2016年7月 沖縄旅行記 その30]

広告

石垣島の港、石垣港の夕暮れ時。港を散策してきた。

2016年7月沖縄旅行記、石垣島編。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年7月沖縄旅行記 目次

前日に足を怪我してしまったため、長い距離が歩けない。

普段なら「ひとし本店」からホテルまではちょうど良い散歩コースなのだが、この日はタクシーでホテルに戻る。

ただ、ちょうど夕暮れ時で海がキレイだったので、足を引き摺り港を散策した。

石垣港の夕暮れ 〜 石垣島でふと思う 思えば遠くへ来たものだ  [2016年7月 沖縄旅行記 その30]

▲ やってきました、石垣港。

港は島の最南端にある。

僕がいる場所はターミナルからは離れているが、それでも離島行きのフェリーなどの船着き場になっている。

 

▲ 雲が多めだが夕焼けがキレイだ。

 

▲ 海を挟んで反対側ではお祭りをやっているようで、お囃子が聞こえる。

東京などのお囃子とは違う、沖縄風のメロディとリズムだ。

 

▲ 痛む足を引き摺って桟橋の方へと向かう。

 

▲ 与那国島行きのフェリーのようだ。

 

▲ 今回は石垣島止まりだが、次回は波照間島や与那国島、竹富島、西表島などにも行ってみたい。

 

▲ 港とはいえここは石垣島。水は恐ろしく澄んでいる。

 

▲ こちらは波照間島行きのフェリーのようだ。

 

▲ のんびりしていたら、むくむくと真っ黒な雲がやってきた。

iPhoneに豪雨警報が鳴ったので、痛い足で急いでホテルに戻った。

ホテルに着いて数分後に、バケツをひっくり返したような土砂降りがやってきた。

間に合って良かった。

まとめ

沖縄の離島、石垣島の夕暮れ。

雲が多かったし、足も痛かったが、見に行って良かった。

来てみて分かったが、石垣島は八重山諸島の中では大都会だった。

さらなる奥地に次回は行こうと思う。

旅の次の記事はこちら

2016年7月沖縄旅行記 目次

石垣島をもっと知りたい人が読む本

沖縄情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします